shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
バレエダンサーのヒロインがコンテンポラリーダンスと元ドラマーの青年と出会い、一緒に夢に向き合うことで成長していく姿を、恋愛模様も交えながら描く青春映画『ANIMAを撃て!』。ヒロインの果穂を演じた、これが演技初挑戦となる服部彩加と、役者としても役柄としても彼女をサポートした小柳友に、この意欲作について話を聞いた。

この作品で、夢との向き合い方を学びました

写真

―― 『ANIMAを撃て!』のヒロイン・呉田果穂を演じたのは、競技ダンスの選手としても活動中の服部彩加。果穂役には女優ではなく本物のダンサーをキャスティングしたいという監督の意向のもと、演技未経験ながら抜擢された。

服部彩加「最初は、『私でいいのかな』という不安でいっぱいでした。でも、脚本を読ませていただくと、『監督はどうして私のことを知っているんだろう?』と思うくらい、果穂と私に共通点がたくさんあったんです。クラシックバレエから他のダンスに転向するところなどは自分の境遇にそっくりで、「この役をやりたい、いや、やらなくては」という気持ちになりました」

―― 果穂は、クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されているが、バレエを踊る自分に違和感を感じている。服部も中学生になった頃、バレエに情熱を持てなくなってしまったという。

服部「『タッチ』の朝倉南ちゃんに憧れていたので、やりたかったのは新体操だったのに、なぜかクラシックバレエを習い始めてしまって(笑)。中学生の頃に『やっぱり違う…』と新体操に切り替えましたが、始めるタイミングとしては身体的な面でちょっと遅かった。私はアクロバティックで、パッションに溢れた、激しいダンスが好きなので、大学で競技ダンスに切り替えました。バレエのように静かで優雅なダンスよりも、観る人が単純に『凄い!』と思えるダンスをやりたかったんです」

写真

―― 一方の小柳は、10代の頃にドラマーとしてバンド活動をしていたが、やめてから基本的にドラムに触れることはなかったという。彼が演じる伊藤瑛もまた、元ドラマーだ。

小柳友「企画書を読んだときは、コンテンポラリーダンスとドラムをかけ合わせたパフォーマンスがどうなるのか、想像できませんでした。実際にそれをやられているダンサーの北川結さんとドラマーの守道健太郎さんのパフォーマンスを映像で拝見して、『これはかっこいい!』と。脚本を読んでみると、『これは面白くなるな』と思いましたが、『面白くするためには相当頑張らないといけないな』と(苦笑)。非常に大きなプレッシャーのもと、10年ぶりに本格的にドラムを叩きました」

―― 果穂は留学支援の選考試験に挑んでいた。会場となるホールで働く伊藤は、倉庫でトウシューズを脱いで自由に踊る果穂のダンスを偶然見かけて触発され、数年ぶりにドラムを叩く。その音に導かれた果穂は伊藤と出会い、2人はセッションをスタート。そして果穂はクラシックバレエを辞めて、伊藤のドラムを伴奏に、コンテンポラリーダンスで最終選考に挑む決意をする。

小柳「2人のパフォーマンスに関しては、北川さんと守道さんがつくったものを、僕らが練習して、踏襲していきました」

服部「コンテンポラリーダンスを踊るのは初めてでした。今まで経験してきたどんなダンスも“型”があったのに、北川さんからは『型を作るな』と言われて、戸惑ってしまったことも。最終的にたどり着いたのは『なんでもいい』という境地。自分の出せる力すべてを使って思い切り踊ろうという気持ちに切り替えてからは、のびのび踊ることができました」

小柳「僕はまったく踊れないので、本当に尊敬します。今まさに取り組んでいる舞台の稽古で、10秒くらいのダンスを覚えるのに四苦八苦しているくらい踊れないので(苦笑)。服部さんは、北川さんがお手本を見せると、パッとできちゃうんです。感動します」

服部「私、小柳さんがいないときにドラムを勝手に叩かせてもらったんです。ダンスも手足をバラバラに動かすからできるかなと思ったんですけど、まったくできませんでした(笑)」

小柳「叩いてたんだ! 全然知らなかった(笑)」

写真

―― 服部と小柳もやはり、ダンスとドラムのリハーサルを通して打ち解けていったという。

小柳「服部さんの第一印象は無口でシャイな方。ドラムとダンスのリハーサルが最初からすごく楽しくて、『これだ!』という手応えがありました。彼女の透明感や純粋無垢な一面を映画のなかに出すために、自分も努力しなければと思わせてくれました」

服部「小柳さんは人見知りをする私に対して、明るく接してくださり、演技初心者の私にプチ演技講座もしてくださる優しい先輩でした。初めてなのにお芝居で感情を表現できたのは、小柳さんがうまく引き出してくださったから。尊敬しています」

―― 果穂が伊藤に出会う“ガール・ミーツ・ボーイ”でもある本作。2人は果たして一目惚れだったのだろうか?

小柳「どうなんだろう…。どう思います?」

服部「いきなりラブではなかったと思います。でも、伊藤さんが叩くドラムの音を聴いた瞬間に、自覚していたかは別として、気持ちを持っていかれていたとは思います。その後、どこで好きになったかと言われると、明確なタイミングはわかりません。ドラムとダンスを通じて一緒に時間を過ごすうちに、音とダンスが共鳴するように、好きになっていたんだと思います」

小柳「伊藤は絶対に、彼女の才能には一目惚れをしていると思います。セッションをして、彼女の悩みや本心を知っていくにつれて、自分も心を開き、恋愛感情へと変わっていった。そういう意味では、一目惚れだったのかもしれないですね」

写真

―― 最終選考を目指して果穂が集中すればするほどに、「伊藤ではなく伊藤のドラムの音があればいい」という態度になってしまい、伊藤との関係がぎくしゃくしてしまう。決定打は、伊藤のスティックが折れたとき、スマートフォンに録画した伊藤のドラム音を再生して、黙々と練習を続けたときだった。

小柳「この仕事をしていて、『本当に自分が必要とされているのかな』と思うことはあるので、伊藤の気持ちはすんなり理解できました。ドラムはリズム隊なので、その場にいなくても、リズムマシーンや録音があれば、果穂ちゃんは練習ができる。自分が果穂ちゃんに必要とされていないと不安になってしまったんですよね」

服部「果穂のなかでは、録音だろうが生音だろうが、伊藤さんの音に変わりはなかったのですが、自分のやりたい踊りに没頭しすぎてしまって、細かいことに気遣いができていなかったとは思います」

小柳「自分のドラムを必要とされたい伊藤と、まっすぐに突き進んでいる果穂ちゃん。表現者として、どちらの気持ちもわかります」

―― 紆余曲折を経て、2人が一緒にステージに立つ最終選考のシーンが、もっとも印象深い撮影だったと服部は振り返る。

服部「2ヵ月前からずっと練習をしてきたので、最後は踊りたくて仕方がなかった。最終日だったので『倒れてもいい』くらいの気持ちでやりました。残念だったのは、本番ではカットを割ったので、通しで踊れなかったこと。できることなら、最初から最後まで一気に踊りたかったです(笑)」

小柳「僕は公園のシーンが印象に残っています。2人の距離感が近づいているのが伝わってくるし、人前で初めてパフォーマンスをやろうとしたけれど、うまくできないところがなんだか好きです」

写真

―― 作品タイトルの“ANIMA”とはラテン語で“魂”を意味する言葉。服部と小柳が魂を燃やしているものはなんだろう?

服部「この作品を撮り終えたときに、今までにはない“全力を出し切った達成感”があったんです。これからも、ダンスやお芝居など、チャンスをいただけたらいろいろなことに挑戦していきたいので、そのときどきで、魂を燃やしていきたいです」

小柳「僕はやはり、目の前の作品です。芝居をしているときが一番楽しいですし、毎回、すべての役に魂を注ぎながら打ち込んでいます。この作品にぶつかって学んだのは、夢との向き合い方。僕が演じた伊藤は一度夢をあきらめましたが、果穂ちゃんと出会ったことで、かつて自分が思い描いていたものとは違う形で、また夢を見ることができました。この映画は、夢を追いかけている人はもちろん、夢をなくしてしまった人、夢の見方がわからない人など、いろいろな人に見てもらえたらなと思います」


Writing:須永貴子

インフォメーション

写真
(C)2017埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

MOVIE

『ANIMAを撃て!』

3月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


埼玉県で2004年から続いている、デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」の2017年のオープニング作品。 ダンサーとしての夢に迷うヒロイン・果穂(服部彩加)が、ドラムの夢を諦めた青年・伊藤(小柳友)と出会い、成長していく青春ラブストーリー。監督は、『いたくても いたくても』が2016年の同映画祭にノミネートされた、堀江貴大。本作で商業映画監督デビューを果たす。

▼公式サイト
http://anima-movie.com/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真 写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で各2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2018/4/9(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top