shadow

写真

2014年2月7日更新

  • はてなブックマーク

戦国時代の武将に仕える女忍者・サナ(小野ゆり子)が現代日本にタイムスリップし、社会にはびこる闇を裁く勧善懲悪の物語「天誅~闇の仕置人」。葵が演じるのはサナの理解者であり、サナと一緒に警察の介入が難しい現代の闇と戦う村田正子(泉ピン子)の孫・村田加奈子だ。役作りにまつわるエピソードや自身の家族のことなど、等身大のトークを繰り広げてくれた。

新しい台本を読んでいくたびに役が肉付けされていくのを感じます。

写真

── 現代劇でありながら時代劇のテイストをふんだんに含む本作。タイトルである「天誅」の単語には一瞬悩まされたようだ。

「まずタイトルがなんて読むのか分からなくて(笑)。ちゃんと自分で意味を調べて、カッコいいタイトルだなーと思っていたら、お話もカッコいい内容でした。私が演じる加奈子は主人公のサナと仲良くなっていく役。台本を読んだときは暗い子なのかなと思っていたんですけど、監督からは、いろんなものを抱えてるけど明るい性格で頑張ってる女の子っていうことを聞いて。でも考えてみると、明るくふるまっているからこそ時々加奈子の辛そうな表情が見えたら、ドラマを観ている方はそれを感じてくださるのかなと思いました」

── 収録はまだ序盤だが、ここまで収録してみての感想はどんなものなのだろう。

「一話一話加奈子の性格がどんどん出てきて。台本を読んで『あ、こっちね』って思ったりするのも役が肉付けされていく感じですごい面白いです。今まで映画とかいろいろ経験させていただいたんですけど、今回の現場はすごくスピーディーなんですよ。ポンポンポンポン進むので、自分もそれに取り残されないように神経を集中させてついていきたいなと思ってます」

写真

── 加奈子を演じるにあたって、過去に読んだとある小説が役立ったそう。

「小学3年生の時にお父さんにすすめられて読んだ、重松清さんの『きみの友だち』っていう作品があるんです。主人公が事故で足を使えなくなっちゃった女の子なんです。加奈子も右足が使えないので歩き方を考えたりはしましたが、そのお話の中に主人公がどういうことに苦労してるかとか、事故に遭ったことでどういう性格に変わってしまったとかが書かれていて。私がやる役とはまたちょっと違うとは思うんですけど、加奈子が不便なことや考えてることが本を読んでいたおかげで少し分かりました」

── 共演者に泉ピン子、京本政樹といった錚々たるメンバーが名を連ねる本作。そんな現場を葵はどのように体感しているのだろうか。

「共演者の皆さんとはまだあまり話せていないんですけど、同じシーンを何回か撮影してもお芝居をするたびに内容が違っているのがすごく楽しくて。次はこういう感じなんだなって思いながら、一人で楽しんでます。あとは監督に『アドリブで来たら、アドリブで返して』みたいなことを言われたりとか。今、「乙女新党」としてアイドル活動もやらせてもらっているんですが、MCをアドリブでしゃべるのとは違って、その役らしさを失ってはいけないのが難しいところです。まだ中学生ですけど、素晴らしい俳優さんたちと同じ場所に立ててるんだなっていうのはすごく嬉しいことですね」

写真

── 緊張感を持ちながらもマイペース。質問へ答える内容や答え方からも、無理をしない彼女らしさが感じられる。そんな葵を支えていているのは家族だという。

「姉と妹が一人ずついるんですが、反抗期というかお父さんとしゃべらなくなるっていうことが一切なくて。ずーっとしゃべってますし、このお仕事をしていると友達と話している時間がないこともあるので、相談事は全部家族にします。いつも家族全員でご飯を食べるので一日一回はみんなでしゃべる時間があるし。ご飯を食べ終わったら、今日あったことを話したり、自分がどうしたらいいか分からないことを親に意見を聞いて参考にします。『私はこう思う』って言ったときに『そうじゃないでしょ』って言われるとムカッとすることもありますね(笑)。でも言われたことが正しいから、後々はちゃんと聞き入れるんですけど…、言われたときは『だってさー』とか言って言い訳しかしません(笑)」

── インタビュー冒頭では「天誅」の意味を調べたことを明かしてくれた。今、天誅したいのはどんなこと?

「天誅したいわけではないんですが(笑)、ちょっと怒っていることがあって、家で猫を飼ってるんですけど、炊飯器の上に座るのが好きなんですよ。ある時、帰ったら炊飯器の蓋が開いてて。しかもしゃもじについてたご飯を全部食べてたんですよ! キャットフードの臭いがするし、もうあれは絶対に嫌ですね(笑)。今一歳ちょっとなんですけど、最近太ってきてもう6キロ近くあるんです。私が布団で寝てるときに足の上に乗ってくるんですが、金縛りにあったのかと思って、びっくりしました(笑)。蹴ったりすると、途端に噛みついてきて寝れないので部屋の外にポイってやります(笑)。また戻ってきますけどね…(笑)」

写真

── 葵演じる加奈子がフィーチャーされる第4話。見どころは?

「お話が進むたびに加奈子が抱えてるものが見えてくるんですけど、そういうところでいろんなものを抱えた複雑な子なんだなっていうのが4話で一気に分かります。特に家族の大切さとか、友達の大切さっていうのが描かれているお話です。加奈子もいろいろ抱えてたんだよっていうところを見てもらえたらと思います」

── デビューのきっかけは原宿でのスカウト。「最初は何が何だか分からなかった」と当時を振り返るが、一つの仕事が自身に心境の変化を与えてくれた。

「中学二年生の夏に一ヶ月くらい一人で泊まって仕事をすることがあったんですが、毎日お芝居をしていて、これが仕事なんだなと実感しました。大人の人は学校じゃなくて職場に仕事をしに行くじゃないですか。大人の人はこういう生活を送ってるんだなって。私もこういう風な仕事をして生きていくんだなと思って。あ、一生もんじゃん、頑張ろうって思いました。同世代の誰かの演技をみて、あの子ステキだなと思ったら、私も負けないぐらいステキになろうって変換をするようにしています。アニメが大好きで声優さんもすごく好きなんですけど、それは憧れてるものっていう感じ。昨年、アニメ『GJ部』に声優出演させていただいてから、またやってみたいっていう気持ちはもちろんあるんですがやらせてもらえるんだったら一から勉強して、一人前になってから挑戦できたら、と思いますね」

写真

── デビューから5年。女優、アイドルとして活動する彼女が、現在考えている今後の目標とは。

「お芝居も歌も好きなのでどっちもやっていきたいなと思ってるんですけど、お芝居で考えるとしたら、役を通していろんなことが伝えられるようになりたい。本とかドラマの中でもそれぞれのキャラクターにいろんな生き方があるように、そのキャラから何か伝えられたらなと思っています。私にとって本は生き方を教えてくれる先生みたいな存在なので、私のお芝居で皆さんの考え方のヒントになるようなキャラを演じられたらなと思います」

Writing:林田真季

「スターダストWEB」にてプレゼント&動画配信中!
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
さらに、ここでしか見れないコメント動画も配信中!
詳しくは、フューチャーフォンorスマートフォンからアクセス!!
※チェキプレゼントの受付は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
http://stardust-web.mobi/

写真

写真

INFORMATION

TV

『天誅~闇の仕置人~』

毎週金曜19:57~フジテレビにて放送中!

現代日本に突如現れ、闇で悪を裁く謎の女・サナ。正体不明のサナと街で偶然出会ったお節介おばあさんの村田正子は、彼女を助け、自分のところに住まわせることに。サナの特殊な能力を知った正子は、警察には解決できないような事件を彼女の力を使い解決しようとする。正子の命令で仲間とともに社会にはびこる問題を解決するうちに、絶望し閉ざされていたサナの心が再び生きる力を取り戻していく。


▼公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/tenchu/index.html

関連キーワード:

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧