shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
2016年はドラマ『舞え!KAGURA姫』、映画『ホラーの天使』など主演作が続き、飛躍の年になった葵わかな。最新作『サバイバルファミリー』は、『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などで映画ファンの多い気鋭、矢口史靖監督との初タッグを果たした。主人公“鈴木一家”の末娘を、過酷な状況の中、体当たりで演じた葵に作品への思いを聞いた。

とてもスペシャルな時間で、自分の中ですごい意味のある作品となりました

写真

――オーディションにより本作への出演の切符を手に入れた葵。出演が決まったときは、ワクワク感とプレッシャーが入り混じった心境だったという。

「嬉しかったのはもちろんあるんですけど、いままでにない役柄をいただいたので、自分がどんな感じになるのかなっていうワクワク感と、うまくできるのかなっていう不安感の半々でした」

――葵が「いままでにない役柄」と語る結衣は、いわゆるギャル。

「そうなんです、つけまつげ命、携帯命のギャルです(笑)。今までは受け身の役が多かったのですが、今回は何かと攻めていく、アクションを起こす役でした。私は父親に対して結衣ほどひどくないですが(笑)、同じ高校生だったら「お父さんのこういうところがうざい」、「お母さんのこういうところがちょっとね」っていうのがわかってくれるんじゃないかなって思います。学校のシーンも少しありましたが、ほとんどのシーンが家族の中での結衣ちゃん。家族に対して素が出るので、取り繕わずに好き放題に言うんですよね。結衣ちゃんがどういう子なのか、悪い部分もいい部分も見える話になっていると思います」

――サバイバル生活を通してどんどん汚れていく様も体当たりで演じている葵。家族4人全力で豚を追いかけたり、川に入ったり、普段の作品では経験できないシーンに挑んだ。

「今振り返ると、当時は大変だったと思います。でも、やるしかないという状況で、鈴木家4人もスタッフさんもサバイバルだったから、大変だって愚痴をこぼしたり、辛くて帰りたいっていうのはなかったです。みんなで頑張ろうという気持ちが大きい現場でした。お芝居をしているだけでは味わえない、身体的疲労感を心地よいと思う自分がいました(笑)。何もない風景の中走ったり、豚を追いかけたり、自然が好きなので開放感を味わったり…終わったときは、ものすごい達成感でした。2ヶ月半という長い期間の現場はなかなかない上に、身体能力も試されたので、お疲れ様!!って感じでしたね」

写真

――ベテラン俳優の小日向文世さんが亭主関白な父親役で主演を務め、のんびりしていて優しい母親役を深津絵里さん、無口な大学生の兄役を泉澤祐希さんが演じている。2ヶ月半の長期ロケの中、4人は「鈴木家」としてずっと行動をともにしていたという。

「3人とも本当に家族のよう。移動の車も鈴木家用のものがあって。行き帰りも、待っているときもごはんも一緒で家族みたいに和気藹々と過ごしました。3人とも本当によくしてくださって、勉強の話や将来の目標も聞いてくださって楽しく過ごしました」

――特にベテランの小日向さん、深津さんから受けた影響について尋ねると、2ヶ月半ともに過ごした重みを感じさせる言葉を懸命に絞り出してくれた。

「私からは恐れ多すぎてどう言葉にしたらいいのかわからないんですけど…お二人のことをすごく尊敬しています。素敵なというと陳腐な言葉になってしまいますが…。お父さんとお母さんとして、泉澤さんや私を愛してくださって。女優さん、俳優さんの先輩としても、役や作品に対する向き合い方、現場での振る舞いなど、素晴らしくてすごく尊敬しています。毎日一緒に過ごす中、素敵なことがたくさんありすぎて、言葉にするのが本当に難しいんです。今まで考えたこともないことを考えるきっかけになったり、本当にたくさんのことを勉強させてもらいました。ご一緒させていただけて、本当に幸せだったなと思います。小日向さん、深津さんに泉澤さん、そして監督やスタッフさんとご一緒できたことは、とてもスペシャルな時間で、自分の中ですごい意味のある作品となりました」

写真

――矢口監督の印象については、「監督はとても優しい方でしたが、作品を作る上ではドSでしたね(笑)」とユーモアを交えての返答を。

「飄々とした方で、「その崖を下ってみましょうか」ってさらっとおっしゃるんです。けっこうな高さの崖だったんですよ(笑)。このとき素足だったので、ここを下るのか?ってドキドキしました。あと、「結衣ちゃん、この唐辛子食べてみましょうか」っておっしゃるので、「辛いですよね?」って聞いたら「甘いですよ」って(笑)。監督は飄々とした中に、矢口監督ワールドを突き詰めるシビアさ、厳しさを感じました。それはプロとして当然のことですけどね。最初は、監督の中の結衣ちゃん、鈴木家のイメージにハマるのが大変だったんです。私自身、コメディタッチのものをちゃんとやるのも初めて、役柄も初めてのもので馴染むまで時間がかかってしまって。でも、後半段々結衣ちゃんのテンション感が自分の中でピタッとはまるときが出てきて、そこからは楽しい!楽しい!の連続でした」

――本作はコメディタッチながら、考えさせられるところも多い作品になっている。

「鈴木家は同じ家に住んでいるのにお互い無関心。でも、鈴木家だけでなく、現代はそういう家庭が多いと思います。一緒に外食に行っても、注文してくるまでの時間、それぞれの携帯をいじっていて、それは今の当たり前になっている。そういうどこにでもいる家族が、ある日突然電気がなくなってしまうという状況に陥ったとき、どうなっていくのか。電気がなくなるという、ありえそうで考えたことがなかったことが、本当にリアルに迫ってきます。130年前には電気がなかったのに、電気が発明されてからはそれが当たり前の世界になってしまった。その当たり前になっていることは、もしかしたら危険なことなんじゃないかなって。情報社会にもいいところはあって、ネットがあるから多くの人と繋がれて、新しい形の絆が生まれたりしていますよね。その一方で、もしかしたら人間本来の生き方や生活が大事なのかもしれないという面も描いています。私自身は自然や動物が好きなので、この映画のメッセージは胸に響きました。すべてを取っ払って、完全自給自足にするわけでなくても、今の時代であっても、毎日の生活の中でちょっとだけでも自然を感じるとか、家族に感謝したり、当たり前じゃないって感じることができたら、豊かになると思います」

写真

――結衣の見どころは?

「結衣の見どころは、サバイバルの中でどう成長していくかだと思います。この作品で髪の毛を染めたんですけど、サバイバルが進むにつれてプリンになっていったり、ネイルがはがれていったり、時間を感じるような工夫もされていて、リアル感が伝わってくると思います。コメディタッチの作品なので、鈴木家と同じような気持ちを楽しみながら味わって、ドキドキしてほしいです」

――2017年は高校を卒業し、10代最後の年を迎える。

「10歳からこの仕事を初めて、今年10代最後なんですよね。毎年いろんなことに挑戦させてもらっていますが、2016年はドラマのレギュラーや主人公の役をいただけたり、違ったことが経験できた年でした。その中で共演させていただいた周りの方から受ける影響が大きかったように感じます。休憩の空き時間、ほんの5分ぐらいでも、誰かが話している話を聞いているだけで発見があって。いい意味で他人の言葉に敏感になって、誰かと関わる、自分以外の周りの人がいることを認識することが大事だと思うようになりました。そして、進路のことや、自分について考えることも多く、いろんなものを感じてみようという革命が起きた1年ですね。今年はその考えたことを放出する年にしたいです。放出して、誰かに伝えたいです。10代ラストスパートとなる今年。20歳過ぎたときに10代有意義だったと思えるように、一歩一歩踏みしめていきたいです。早く20歳になって大人になりたいです!」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真
(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

MOVIE

『サバイバルファミリー』

2017年2月11日(土)公開


矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって都市機能がマヒした東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。

▼公式サイト
http://www.survivalfamily.jp/




「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で5名様に、直筆サイン入りプレスシートをプレゼント!
【応募締め切り】2017/2/20(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top