shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
日本で初めて笑いをビジネスにしたといわれる女性を描く『わろてんか』。朝ドラ初出演となる葵わかながヒロイン・藤岡てんを演じる。オーディションを受けたときは手ごたえを1ミリも感じず、合格発表後もなかなか実感がわかなかったという葵だが、今はてんと一心同体のように感じているそう。タイトルのように笑顔になれる“朝ドラ”のスタートです!

辛いときでも笑顔でいられるてんの強さを大切に演じたい

写真

――ヒロイン決定の記者会見では「夢のようでまだ実感がない」と語っていた葵。撮影がスタートして約4カ月、試行錯誤の毎日だという。

「ストーリー自体、テンポがよく4週目には生まれ育った京都から大阪へ舞台が移ります。撮影もあっという間に過ぎていき、気づいたら終わってしまうんじゃないかと思うくらい(笑)。今はまだ少し余裕があって、チャンスがあればもう1回ヒロインを演じたいなと思えるほど楽しんで撮影をしています。もちろん楽しいだけではなく、撮影をするたびに次への課題が見えてきて、日々、試行錯誤。“笑顔”ひとつとっても、表情の違いを出せたらと考えています。子ども時代は顔全体を使って笑いたいなって思ったし、次は体も使って表現したい、さらに年を重ねたときの笑い方は……とバリエーションをちゃんと作りたいんです。課題に向き合い、挑戦していくことができるのは長丁場の“朝ドラ”ならではなのかな。普通のドラマだったら撮影が終わるころですが、てんが自分のなかにすっと入ってきた今が、本当のはじまりのように感じています」

――撮影当初はてんと自分自身を切り離して考えていたが、最近はブレンドされてきたと話す葵。てんという女の子についてどう捉えているのだろうか。

「台本を読んだときは明るくて、笑い上戸で、表情がコロコロ変わる女の子という印象でした。私は熟考して行動するタイプだし、どちらかというとネガティブ(笑)。楽天的なてんは自分とかけ離れた女の子だなと感じていました。でも、てんはただ明るいだけでなく、辛いことがあっても気持ちをポジティブに変換できる人なんですよね。藤吉(松坂桃李)の母・啄子(鈴木京香)に厳しく当たられるのですが、逃げるのではなくしっかりと受け止める強さとおおらかさがある。相手の悪いところに目を向けるのではなく、良いところを見つけて好きになり、笑わせてあげたいと思えるのってすごいことですよね。また、落ち込むことがあっても前向きに笑っていられるところが魅力的だなと感じます」

写真

――ひとりの女性の人生を描く“朝ドラ”では、実年齢を超えて演じなくてはいけない。19歳の葵にとっては初めて経験することだらけだ。

「結婚して子どもができるあたりから、てんと自分が一緒になってきていると感じたんです。てんが母になるとき、私も役ではありますが初めてお母さんを経験するわけです。どう気持ちを作ればいいのかと悩みましたが、お互い初めてなので、そこで自分とてんがリンクしたんですよね。赤ちゃんを抱いたときに“子どもってこんなに重いんだ”と感じたことや、“なんでこんなに泣くんだろう”と戸惑ったことも初めての経験。それはてんにとっても初めてなので、気づいたら一緒になっていた感じですね。ただ、10カ月という短期間で30代、40代、50代と経験していくのは大変なことだと思っています。普通の女の子が、さまざまな人と出会ってたくさんのことを吸収して、寄席の経営者になっていく。その過程を私も一緒に歩んでいくことで役とともに成長できたら嬉しいです」

――共演者は個性豊かな役者が揃う。アドリブが飛び交い、つい笑ってしまうんだとか。

「幼なじみの風太を演じている濱田岳さんは毎回アドリブを入れてくるんですよ。リハーサルと本番でいつも違うことをするので、驚かされてばかり。京都編では藤吉さんからの手紙を渡してくれたあとの細かい芝居に注目して見てもらえたら楽しめると思います。NGにはならなかったけど、肩が震えるほど笑ってしまったこともありました。大阪編で登場する芸人役の藤井隆さんのリアクションも面白いです。一日一笑いはしてます。夫となる藤吉さん役の松坂さんも芝居中に色々と仕掛けてこられるので、笑わないように耐えています(笑)。松坂さんは撮影の合間もスタッフさんの動きにカッコいいナレーションをつけて“情熱大陸”風に語られたりお茶目なところがあるんです。私、笑いに関してはシビアなほうだと思っていたのですが、『わろてんか』の現場ではついつい笑っている自分がいます。毎日、大笑いしています!」

写真

――ドラマのテーマでもある「笑いは生きる力」。撮影現場でも“笑い”が出演者、スタッフの活力になっていることは間違いないようだ。

「朝ドラが初めてということもあり、撮影現場の雰囲気だったり、どう撮影していくのかわからないことだらけで最初は不安でした。ヒロインに決まったときはプレッシャーを感じていなかったのですが、撮影が進むにつれて少しずつ感じるようになってきたんです。全て背負っていたら押しつぶされてしまいそうで、受け止めることよりもどう避けるかばかり考えていました。てんが成長していくなかで、自分がその年齢に追いついていけるのか悩んでいたころ、松坂さんが『(わろてんかは)てんと藤吉の話でもあるからなんでも相談してね。僕も相談するから』と声をかけてくださったのがとても嬉しかったですね。そこから、監督や共演者の皆さんに自分が考えていることを話せるようになったんです。皆さんの思いを知ることで、助けてくださる方が周りにたくさんいることがわかって、一人で頑張らなくていいんだって気持ちがラクになりました。サポートしてくださる方達に私がお返しできることといったら明るく、笑顔でいることだって気づいたんですよね。それはてんと通じるところ。『辛いときは無理して笑わなくていいよ』と言ってくださいますが、現場で笑いが起きると心がほっこりするので、私が笑顔でいることで誰かを和ませることができたらいいなと思うんです。そういうことを考えられるようになったのも、成長の証なのかなと思います」

――てんにとって笑いは生きる希望。葵にとってのパワーの源とは?

「宝塚やマンガ、猫など好きなもの! 家族の存在も大きいですね。仕事は趣味に負けないくらい好きなことなので、辛いことがあっても頑張れるし、終わって振り返れば楽しい思い出ばかり。今は、大阪での暮らしを楽しんでいますよ。おいしい焼肉屋さんやお寿司屋さんを見つけたので、ときどきパワーを注入して。おいしいものを食べると幸せな気持ちになれますからね!」

写真

――藤吉をはじめ、たくさんの人との出会いがてんを成長させていく。葵自身はどんな女性を目指しているのだろうか。

「作品のなかでは母のしずさん(鈴木保奈美)が素敵だなって。可愛らしくてやさしくて、朗らかな藤岡家はしずさんの存在が大きいと思います。ただやさしいだけじゃなくて、悪いことをしたときはきちんと怒ってくれる。しずさんのような母親になれたらいいなと思います。私が大切にしたいのは、気配り。気をつかうのではなく、気を配れる人。自分がしてもらって嬉しいことを自然としてあげられる人でありたいですね。当たり前のことがちゃんとできる大人の女性になりたいです」

――はじまりがあれば、終わりがある。物語はスタートしたばかりだが、半年後に訪れるゴールの風景をどう思い描いているのだろう。見どころとともに聞いてみた。

「先日、『ひよっこ』のヒロインを演じた有村架純さんとバトンタッチセレモニーをしましたが、まだ先のことは想像がつきません。ゴールを考えると、その前に50代をどう演じたらいいのかと不安になりますし……。今は撮影がとても楽しいので、この気持ちをキープしたままクランクアップできたらと思っています。スタッフの方を含め、共演者の皆さんは家族のような存在。10カ月限定ではありますが、皆さんと悔いが残らないよう完走したいです。撮影が終わったらきっと淋しいんだろうな……。ドラマはまだ始まったばかりなので、てんの成長を楽しみにしていてください。新井美羽ちゃんが演じる幼少期のてんは笑顔がとってもチャーミングなんですよ。最初の1カ月でストーリーが目まぐるしく展開していきます。京都から大阪へ舞台が移ると衣装もガラリと変わりますし、全体のトーンが変わるのでその変化も楽しんでもらえたら嬉しいです。笑いの力がどう広がっていくのかも見て欲しいですね。あわただしい朝の時間ですが、皆さんの一日のはじまりにクスッと笑えて元気が出るドラマになるよう頑張ります」


Writing:岩淵美樹

インフォメーション

写真
(C)NHK

TV

連続テレビ小説『わろてんか』

10月2日(月)スタート!


NHK総合 月~土曜8:00~8:15
NHK BSプレミアム 月~土曜7:30~7:45
【再放送】
NHK総合 月~土曜12:45~13:00
NHK BSプレミアム 月~土曜23:30~23:45

明治後期から昭和初期の活気あふれる大阪を舞台に、日本中に笑いを広めることを夢見るてん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が懸命に生きる姿を描く。

▼公式サイト
http://www.nhk.or.jp/warotenka/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/10/16(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top