shadow

写真

2012年4月17日更新

  • はてなブックマーク
  • シェア

多種多様なアイドルの出現で“アイドルの戦国時代”と言われているなか、「今、会えるサブドル」として注目を集めている「私立恵比寿中学」。5月5日にメジャーデビューするという嬉しいニュースが飛び込んできた。メンバーはどんな心境なのか、デビューに対する率直な気持ちを聞きに直撃。「よろしくお願いします!」と元気な挨拶で始まったインタビュー。

歴史に残るアイドル目指して全力で頑張ります!!

写真

── 話題沸騰の「ももいろクローバーZ」の妹分として、今までにないアイドルの形を全身で表現している「私立恵比寿中学(通称:エビ中)」。メジャーデビュー曲『仮契約のシンデレラ』のジャケットもかなりインパクトがある。」

瑞季「初回生産限定ビー盤はメイクに1時間半くらいかかったんです。それぞれ顔のどこかに出席番号が入っているので、ちゃんと見ると誰だかもわかるんですよ!」

星名美怜「ビー盤は海外のアーティストみたいでカッコよくて気に入っています。エー盤は後ろを向いていて顔がわからないけど、ちゃんとわかる写真もあるのでチェックしてほしいですね」

写真

── 自称“King of 学芸会”なだけあって、いつもパワフルな彼女たち。常に一生懸命なパフォーマンスはメジャーデビューをしても変わらない。

真山りか「メジャーデビューするからには頑張らなくてはと思うけれど、意識して変えていこうとは思わないんです。でも、周りからいい意味で“変わったね”とは言われるようにしたいです!」

── 今の心境をメンバーに聞くと「まだ実感がない」「信じられない気持ちでいっぱい」という答えが返ってきた。

杏野なつ「最初は嬉しいよりも驚きのほうが大きくて。最近ようやく実感がわいてきました。“エビ中”と言ったら“私立恵比寿中学”ってすぐにわかってもらえるように9人で頑張っていきたいです」

星名美怜「エビ中はドッキリ的なことも多いから“実は嘘でした”なんて言われるかも!?と思っていたけれど、レコーディングしてジャケ写も撮影してと進むうちに実感がわいてきました。発表後のライブなどでファンの方たちからお祝いしてもらったのが嬉しかったですね。もちろん、デビューがゴールではないから、次の目標を立てて上を目指したいです」

写真

── メンバー口々に「エビ中らしくない可愛い曲」というデビュー曲。

                    

星名美怜「初めて聴いたときにこんなに可愛くていいのかな?って少し不安でした(笑)。振り付けをして踊っていくうちに、いつもの学芸会らしさが出てきたので、踊りにも注目してほしいです!」

                    

── 遊び心のあるジャケ写が3種類。それぞれ収録曲も異なっている。思い入れのある曲、おすすめ曲を教えてもらった。

                    

杏野なつ「サブカル盤に入っている『結果オーライ』はたむらぱんさんが作詞・作曲をしてくれたものです。中学生の女の子の気持ちがたくさん詰まった可愛らしい曲でとっても好きです」

                    

松野莉奈「エー盤の『揚げろ!エビフライ』が好き。これはCDで聴くのはもちろんだけど、ぜひライブで聴いてほしいです。“揚げろ”とライブで“あげてこう!”っていうふたつの意味があるんです。タオルを持ってのパフォーマンスがあるので、みなさんと一緒に楽しめたら嬉しいです」

                    

安本彩花「私は『放課後ゲタ箱ロッケンロールMX』がロックでカッコいいなと思っています。ギターの音もそうだし、私のパートも目立つところなので(笑)。聴いてほしいです」

                    

鈴木裕乃「ビー盤の『歌え!踊れ!エビ―ダダ』はちょっと大人っぽい感じもありつつ、セリフにエビ中っぽさがあらわれている曲で気に入っています」

写真

                    

── どの曲もアゲアゲでライブでのパフォーマンスが今から楽しみだ。ハラハラ、ドキドキのライブでは緊張しているのかと思いきや、意外にもリラックスしているのだとか。

                    

廣田あいか「ステージに立つと吹っ切れるみたいで、思いっきり楽しんじゃいます。お客さんの反応がすぐに返ってくるからライブはやっぱり楽しい!!」

                    

柏木ひなた「うん。全力でパフォーマンスをしていると、ファンの人たちも全力の応援で返してくれるので、嬉しくて楽しくなります」

                    

安本彩花「練習してきたことを披露する場なので、それが成功したかどうかがすぐにわかっちゃうのもライブ。成功したときは“やったー!”って思えるから、次も頑張ろうって思えます」

写真

                    

── グループ名そのままに、同年代が集まればそこは学校のような雰囲気。そして、パフォーマンス同様、個性豊かなメンバーが集まっているせいか、ユニークな特技や趣味が明らかに!

                    

廣田あいか「昔から虫が友達!と思えるほど好きなんです。クワガタやアリ、ダンゴムシなども飼ったことがあって」

                    

松野莉奈「私もダンゴムシ飼ったことあるよ!」

                    

廣田あいか「いや、私の虫を愛する気持ちは誰にも負けないから。親戚に虫博士がいて、話を聞いたり標本を見せてもらっていて、虫との関わりが深いんです」

                    

安本彩花「じゃあ、私は誰よりもトマトともやしのおいしい食べ方を知っています! もやしはしゃきしゃきした食感を楽しみたいからさっとゆでて何もつけないで食べるのがおすすめ。トマトはホール缶にスライスチーズをのせて黒こしょうをふるの。炭酸水を飲みながら食べるのがおいしい!」

                    

柏木ひなた「ホントに?」

写真

                    

安本彩花「やみつきになるから試してみて!」

                    

瑞季「私はアクロバットかな。ライブでも披露したことがあるし。バレエを習っていたので体も柔らかいです」

                    

杏野なつ「メンバーの中で一番本を読んでいるのは私だと思う。多いときで1カ月に10冊は読みますよ。恩田陸さんの『麦の海に沈む果実』はぜひメンバーにも読んでもらいたい!」

                    

松野莉奈「みんなのような特技や自慢できることってないかも。あ、身長が誰よりも高い! 167cmあって、まだ少しずつ伸びているんです」

                    

鈴木裕乃「私のほうが何もないよ。(しばらく考えて)グミを買う回数がみんなより多いくらいかな。今日も買ってからきました(笑)」

                    

写真

── 普段は周りとかわらない普通の中学生だが、“エビ中”としてスイッチが入ると、パワフルな歌と踊りで魅了。メジャーデビューという新たなスタートを迎え、それぞれ野望があるようだ。

                    

瑞季「デビュー前に赤坂BRITZでライブをすることができたので、さらに大きな会場でライブをしたい!」

                    

松野莉奈「たくさんの人にエビ中を知ってもらいたいから、ライブをたくさんやりたいね。まだ行ったことがないところが多いから、いろいろな場所でたくさんの人を笑顔にしたいです」

                    

星名美怜「私はドームツアー! 1万何千もの人たちが何回も足を運んでくれるような国民的アイドルになりたいし、いつか紅白に出られたらなとも思っています」

                    

廣田あいか「大きな会場でもしてみたいけど、私たちのコンセプトが“King of 学芸会”なので、体育館にパイプイスを並べて本当の学芸会をしてみたい」

写真

                    

真山りか「私たちはザ・アイドルではなくて、ちょっと脇道にそれている感じだけど、“サブドル”として、歴史に残る存在になりたいって最近思うようになりました。大きな夢だけど、時代をつくっていきたいなって」

                    

杏野なつ「歌だけじゃなくて、みんなで映画をつくるのもいいなって思います。それぞれ個性があるから、いろんな役ができそうでしょ」

                    

鈴木裕乃「うん、演技もやってみたいです。ゴールデンタイムのスペシャルドラマに出てみたい!」

                    

安本彩花「私が勝手に思っていることだけど、『食わず嫌い』に出られたら大物だと思っているので、出られるように頑張りたいです。嫌いなものは……もちろん内緒!」

写真

                    

柏木ひなた「みんなイヤって言うかもしれないけど、バンジージャンプ! 恐怖心に勝って飛べたら達成感を得られそうかなって(笑)」

                    

廣田あいか「やってもいいけど撮影はなしで、プライベートで行こうよ!」

                    

星名美怜「そういえば全員で遊びに行ったことないね」

                    

廣田あいか「そうだね。みんなで遊園地とか遊びに行きたい。でも、ひなたが迷子になりそう(笑)」

                    

── 「9人でご飯にいったらうるさくて他のお客さんに迷惑かけそうだね」と星名美怜。ワイワイと楽しいおしゃべりが続いたが、取材後は「ありがとうございました!」と全員でビシッと挨拶。気持ちのいい挨拶も彼女たちが周りから愛される理由のひとつだ。

Writing:岩淵美樹

INFORMATION

CD

「仮契約のシンデレラ」5月5日 on sale

サブカル盤(通常盤)、初回生産限定エー盤、初回生産限定ビー盤の3形態。カップリングは『放課後ゲタ箱ロッケンロールMX』のほか、形態によって3曲目、6曲目が異なり『揚げろ!エビフライ』『歌え!踊れ!エビ―ダダ!』『結果オーライ』を収録。初回生産限定エー・ビー盤にはトレーディングカードが1枚ランダムで入っています(9種類あり)。

amazon.co.jpへ

amazon.co.jpへ

amazon.co.jpへ

写真

デフスターレコーズより5月5日発売
初回生産限定エー盤 DFCL-1885/¥1,200(税込)
初回生産限定ビー盤 DFCL-1886/¥1,200(税込)
サブカル盤(通常盤) DFCL-1887/¥1,200(税込)
※写真はサブカル盤(通常盤)

関連キーワード:

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧