shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
時代劇とSFをミックスし新たなジャンルを確立した『銀魂』。江戸の町をエイリアンが闊歩し、宇宙船が飛び交う。型破りのパロディとギャグで笑わせたかと思うと、迫力あるアクションで魅了する。映像化は難しいのでは?と思われていた作品だけに、昨年、実写化が発表されると話題となった。13年にもおよぶ連載の中から、名刀・紅桜が登場するエピソードが盛り込まれ、物語のカギとなる村田鉄子を演じた早見あかりに撮影エピソードを聞いた。

高揚感にあふれた楽しい撮影現場でした

写真

――江戸で謎の辻斬りが横行し、銀時の旧友・桂小太郎もその凶刀に倒れ行方不明に。同じ頃、銀時が営む万事屋に仕事の依頼が舞い込む。その依頼主となるのが、村田鉄矢と早見あかりが演じる鉄子。出演が決まったときの心境は?

「出演のお話をいただいたのが、『銀魂』が映画化されると発表された後だったと思います。原作は読んだことがなかったのですが、人気の作品だということは知っていたので『今、話題になっているあの作品に出られるんだ』と驚きました。熱狂的なファンが多い作品なので、映像化にあたって賛否両論あるのは当然なことだと思うんです。その声を気にしすぎるのはよくないし、役者としては元となるキャラクターがいるのであれば、それにいかに近づけていけるかを一生懸命考えて演じるだけ。原作があっても、演じることはいつもと変わらないんです」

写真

――江戸随一の刀匠だった父の跡を継いだ村田鉄矢(安田顕)とともに鍛冶屋を営み、刀匠として働く鉄子。鉄矢とのやりとりは思わずクスッと笑ってしまう。

「鉄子は内気でとにかく声が小さいんです。人を護る刀を作りたいという信念を持っているけれど、どこか弱気。普段の私は、ハキハキと大きな声なので、下を向いてぼそぼそと小さな声で話すように心がけていました。でも、ヤスケンさん(安田顕)が尋常じゃない声の大きさで演じられていたので、あえて声を小さくしなくても口を動かさずぼそぼそとしゃべるだけで自然と差が出ましたね。また、声の大きさだけでなく、刀に対する思いの対比を大切にして演じました。ただ、マジメなシーンでもヤスケンさんが面白いことをするので、笑わないようにするのが辛かった(笑)。本番はなんとか我慢できるのですが、リハーサルのときはゲラゲラ笑ってしまいました。私はマジメなシーンが多かったので、コミカルな芝居をされているみなさんがうらやましかったんです。本当に楽しそうに演じられていて、ああ私もやりたい!って思っていました。福田(雄一)監督にも私にもやらせてくださいってお願いしちゃいました。映画の撮影後、すぐにドラマ『サラリーマン左江内氏』が決まって、ご一緒できたのが嬉しかったです。思いっきりコメディを楽しみました」

写真

――話し方や目線などの細かいディテールのほかに、実際に鍛冶屋へ出向き刀鍛冶の体験もしたそう。

「職人さんの動きを見ているとできそうな気がするのですが、実際に鎚を持ってみるとかなり重量があり、思うように動かすことができませんでした。気づけば太ももに大きなあざができていたほど! 工房内は常に火が焚かれているのでとても暑くて、汗だくになりながら練習をしました。真剣も見せていただき、その迫力に圧倒されました。撮影では刀を打つ鎚は軽いものにしてもらいましたが、現場に行き職人さんに教わったことでリアリティが出せたと思います。私は刀鍛冶の練習だけでしたが、小栗(旬)さんをはじめ他のキャストはアクションがあるので、現場でも撮影後に練習をしたり、動きを細かくチェックしたりしていたのが印象的でした。殺陣やアクションのシーンはただカッコいいだけでなく動きがとってもキレイなんですよ。(橋本)環奈ちゃんもあんなに小柄で可愛いのに、ワイヤーアクションをカッコよくこなしていて、すごいなって思いました」

写真

――初めての福田組は“ワクワク感があふれていた”と語る早見。

「福田監督はキャストとの距離が近いので、とても演じやすかったし、もがき苦しんで芝居をするというより、心の底から楽しんで演じることができました。アクションシーンがある人達は大変だったとは思うのですが、現場は面白いものをみんなで作ろうという気持ちであふれていて、ワクワクとした高揚感がありましたね。きっとスクリーンを通じて、その楽しさが伝わるのではないでしょうか」

――最後に作品の魅力について聞いた。

「最初から最後までその瞬間を楽しめる映画だと思います。私も内容を知っているのに、ハラハラドキドキしたし、笑わせてくるポイントも知っているのに思わず笑ってしまい素直に楽しめました。もちろん、迫力があってカッコいいアクションシーンも見逃せません!人を護る刀をつくりたい鉄子と、強い刀をつくりたくて悪の道へと進もうとする兄とのすれ違いも見どころのひとつ。お互い、途中で進む道が分かれてしまったけれど、行きつく先は人を護る刀だったというところが切なく、印象に残るシーンとなりました。出演が決まってから原作を読んだので、『銀魂』の魅力について私が語るのもおそれ多いですが、いい意味で普通じゃない感じがいいなって思いました。あのギリギリを攻めているパロディは映画でも楽しめます。怒られないかしら!?と思うようなところもありますが、そのさじ加減が福田監督のすごいところ。難しく考えず、わき出た感情を純粋に楽しみながら観てほしいです」


Writing:岩淵美樹

インフォメーション

写真
(C)空知 英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

MOVIE

『銀魂』

大ヒット公開中!


江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人が侵攻し、鎖国を解放。天人が台頭し、廃刀令により侍は衰退の一途をたどる。かつて白夜叉と恐れられた攘夷志士の坂田銀時(小栗旬)も刀を木刀に持ち替え、万事屋(よろずや)を営み、のんきに暮らしていた。そんな中、辻斬りが横行し、銀時の旧友・桂小太郎(岡田将生)が凶刀に倒れたという知らせが入る。万事屋の仲間、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)とともに調査に乗り出すが……。

▼公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/7/31(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top