shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
イヤミスの女王・湊かなえの原作を、『夜行観覧車』『Nのために』のチームがドラマ化した『リバース』が大好評オンエア中だ。10年前に起きた事件についてある秘密を共有する男たちの友情や葛藤、贖罪に向き合う姿を描くヒューマンサスペンス。本作で男たちの一人を演じて新境地を開きつつある市原隼人が、役柄へのスタンスや共演者への想いを語る。

自分の10年間の変化を谷原康生の10年に重ねて演じています

写真

――『リバース』で市原が演じているのは、主人公・深瀬和久の元ゼミ仲間で、現在は大手商社に勤務している谷原康生。妻子と幸せな家庭を築き順風満帆に見えるが、会社で閑職に追いやられていることを妻に切り出せない。

「谷原はどこにでもいるような男だと思います。仲間の輪に入ったときは明るくバカで、率先して言葉を発して指揮を執るけれど、実はすごく情けない。職場と家庭で違う顔を持っていて、その二面性をうまく交わらせることができず、常に悶々としています。周りに流されてなんとなく就職して、なんとなく家庭をもって、なんとなく今に至る。これといった強い信念もなければ、アイデンティティも持っていない男です」

――これまで確固たる自我と強烈なエネルギーを持ち、何かに向かって脇目も振らずに突き進むキャラクターを多く演じてきた市原にとって、谷原の〈普通さ〉は新鮮だ。もちろん視聴者にとっても。

「普通の人間を演じることは難しいですね。普通に見えてもみんな個性があるけれど、その個性を際立たせるとこのドラマでは浮いてしまう。今回は、話し方も難しいんです。台本を読むと、谷原のセリフは語尾に「そうかなー」「◯◯でさー」「◯◯だよねー」のような音引きがつくことが多くて、語尾を言い切らずに濁す喋り方は、谷原がなんとなーく生きている人間だということを象徴しているのかなと解釈しました。監督からも「もう少し柔らかく」と演出を受けることがたまにあります。活字ではすんなり読むことができても、自分の声で表現するのがすごく難しい。セリフの言い方について、勉強する毎日です」

写真

――そしてもうひとつ、「サスペンスドラマ」における撮影方法についても、日々学んでいるという。

「サスペンスドラマは、監督が視聴者を誘導するためにアングルやカメラワークを細かく考えて、「事実」と「フェイク」をきちんと構築しながら作っていきます。だから自分も、監督の言うことをしっかりと受け止めて、どうやったらついていけるのかをいつも考えています」

――能動的で本能的でエネルギッシュな芝居が魅力の市原は、どんな意識で監督の緻密な演出に対応しているのだろうか?

「最近はずっと、作品も役者も技術者もすべて監督のものという概念をもって現場に立っています。20代半ばくらいまで『自分はこう』としか考えていなくて、自分がやりたい仕事しかやってこなかったんです。いろいろ勉強しなきゃいけなかった時期に、主演以外の役を経験してこなかった。だから今は、20代で経験すべきだったことを取り戻すために必死です。30代前半くらいまでにいろいろな立ち位置で作品に携わって、たくさんのことを身に着けたいと思っています」

写真

――「主演しかやってこなかった」市原に、藤原竜也を中心に、玉森裕太、小池徹平、三浦貴大という主演級の俳優が元ゼミ仲間を演じる豪華キャストがずらりと並ぶ現場について質問すると、楽しくてたまらないという笑顔を見せる。

「いいことかどうかはわからないんですけど、すっごい力を抜いてやらせてもらっていて(笑)。アドリブで何を投げても返してくれるのでたくさん遊べますし、今までの作品とはまた違う角度から現場を楽しめています。あと、とにかく仲がいいんですよ。一緒にいて沈黙も気にならないですし、他の人には言えないようなことをサラッと言えたり。個別にはご飯に行ってますけど、スケジュール的に5人だけでご飯に行ったことがないので、必ず実現したいです」

――急速に仲良くなった理由について、「クランクインの雪山が良かったんだと思います」と市原は振り返る。

「初日は長野の雪山で、徹ちゃん以外の4人が一緒に入りました。マイナス21度の極寒のなか、スキー場で使用する大きい扇風機で吹雪を作りました。よくあそこまでやったなと思える過酷な現場(笑)。徹ちゃんも合流して約10日間の長野ロケを乗り越えたとき、戦友のような連帯感ができていました。あと、地方ロケの開放感も大きかったと思います」

写真

――2話で谷原が会社でパワハラを受けていることが描かれ、3話では「谷原がつきおとされた!」というセリフが流れる。今後の谷原はどうなるのか? そしてストーリーはどのようにエンディングに向かっていくのか?

「谷原は駅のホームで何者かに突き落とされてしまいます。谷原が証言しようとしたことを阻止するためなのか、それともまた別の問題なのかが、どんどん明らかになって、核心に迫っていきます。谷原は、犯人に心当たりがあるけれど、自分の弱みにつながる部分を見せたくないから、隠し続けて自分の首を苦しめる方向に進んでいってしまう。世の中を勝ち組と負け組というわかりやすい価値観で捉えて、なんとなくその場をしのいできたから、ツケが回ってきてしまう。それも含め、ある瞬間、4人の関係性も一気に変わります。それぞれの立場も、自分以外の人を見る目も。なにはともあれ、読者に媚びを売らない湊かなえさんですから、最後の最後までどうなるかわからない。ひとつ言えるのは、どうってことないように見えるシーンがものすごく重要な意味をもってくるので、録画は消さずに見返すと、また違った見え方になってくると思います」

――22歳と32歳の谷原を演じた市原は現在30歳。二十歳の頃の自分と現在で、変わったことと変わらないことを聞いた。

「物事に対して常にクエスチョンを持つこと、誰かの情報だけではなくて自分の経験を大切にすることは変わらないですね。ただ、昔は主観だけで物事を見ていたけれど、30歳になってからは、また一歩、俯瞰でものを見るようになったところはあります。昔は社会から外れた場所が心地良かったけれど、今はもっと社会に溶け込んでいかなきゃいけないと思う自分がいます。それがいいことなのか悪いことなのかはわからないけれど、このままでいいのか、昔のほうが良かったのか。自分の10年間の変化を谷原の10年に重ねて演じています」


Writing:須永貴子/Photo:小林修士(kind inc.)

<衣裳協力>
・roar (TEL03-3461-6969)
・EDWIN E STANDARD/EDWIN TOKYO HARAJUKU (TEL03-6447-0330)
・WOLVERINE/丸紅フットウェア (TEL03-3665-0085)

インフォメーション

写真
(C)TBS

TV

金曜ドラマ『リバース』

毎週金曜22:00~TBSにて放送中!


『夜行観覧車』と『Nのために』のチームが三度集結し、湊かなえの原作をドラマ化したヒューマンサスペンス。32歳のサラリーマン、深瀬和久(藤原竜也)は恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたことをきっかけに、封印していた過去と向き合い始める。それは10年前、ゼミ仲間の谷原(市原隼人)、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)、そして親友の広沢(小池徹平)と行ったスノボ旅行中に、広沢が遂げた不審な事故死だった。告発文は谷原や浅見、村井の職場にも届き、彼らの周りで次々と事件が起こり始める。

★ドラマ「リバース」公式サイトにて『市原隼人の撮影現場写真日記』公開中!
http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/diary/

▼公式サイト
http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
詳しくは、下記へアクセス!!
※チェキプレゼントの受付は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
https://fc.stardust.co.jp/

pagetop

page top