shadow

写真

2013年5月10日更新

  • はてなブックマーク

人気女性ファッション誌『Ray』の創刊25周年号。このメモリアルな号で、初単独表紙の座を手にしたRayモデル5年目の泉里香。女のコの憧れポイントをたくさん持っているように見える彼女も、ここにたどり着くまでには様々な苦悩があったとか。モデルという職業や単独カバーガールへの熱い想い、語ってもらいました。

「寄りたくなる」モデルになりたいです

写真

── まずは単独カバーガールおめでとうございます! 初めて聞いたときはどんな心境でしたか?

「他の用件でマネージャーと電話をしていたときに、最後にさらっと『あ、今度Rayの表紙あるから、単独で。』みたいな感じで言われたので(笑)。え? あれ? って呆然としました(笑)」

── では、実感がわいたのは?

「表紙撮影の当日にカメラマンさんがパソコンの画面に『Ray』っていうロゴを出してたんです。撮った写真にロゴがのったときのバランスをチェックできるように。それを見たらいきなり実感がわいて、ちょっと構えちゃいました。あとは撮影前にスタッフ全員で洋服のコーディネートを話し合ったときですね。自分の意見を言ったりして、こう、“みんなでページを作ってる感”を感じられて楽しかった!」

写真

── 撮影中はどんなことを考えてました?

「これは自然光で撮ったんですけど、その日、太陽が出たり入ったりで。雲待ちしている間にインタビューして、太陽が出た途端、『はい、撮るよ!』『りか飛んで!』『寝転がって!』っていうすごく慌ただしい中で連写で撮影して、それが面白くなっちゃってこんな自然な笑顔になりました(笑)。ほんと2、3分の間に撮った写真。だから何も考えてないというか、すごく集中していましたね。私、カメラに寄られれば寄られるほど集中力が増すんです。そういうときって周りは何にも見えてない」

── いわゆる顔のアップ=ヨリ。カメラマンが自然と「寄りたくなる」モデルになりたいのだとか。

「実は、モデルを始めてから落ち込みっぱなし。他のモデルに比べると背も低いしスタイルだっていいわけじゃない。他にもいろいろコンプレックスはあって。人ってどうしても周りと比べて劣っているところに目がいっちゃうんですよね。でも、悩んだところでどうしようもない。だから自分の強みをもっと伸ばそうって、やっと最近思えるようになりました。その強みっていうのが“顔面”(笑)。毎号のようにビューティページの撮影をさせてもらったことで表情の勉強もできたし、ほめて頂くことも多い。努力を積み重ねてカメラマンも読者も“引き寄せる”力のあるモデルになりたいです」

── 単独カバーガールはずっと目標でした?

「はい。Rayに出させて頂いた最初のころは、まだテスト期間みたいな感じでスタジオ撮影だけだったので『ロケに出たい』っていう目標があって、その次は『企画のタイトルページに出たい』っていう目標があって...。常にそういう身近な目標をたててがんばってきた感じです」

写真

── 「泉里香の~」と名前のついた着回し企画も毎号好評ですね。

「もう2、3年やらせて頂いてます。最初はいつまで続くのかなとドキドキしてました(笑)。この企画はほぼ毎号同じカメラマンさんなんですけど、その方との出会いも大きな出来事。最初すごく恐かったんですよ。撮影中にふつうに『下手』『ダサイ』とか言うから(笑)。頭が真っ白…。ヘアメイクさんとかに『あれがあの人の愛情だから』って聞いて、あ、それなら素直に受けようって。それからは、毎回どうすればその人の求めている写真にうまく収まることができるか考えてました。『これ何でダサイんですか?』とかしつこく聞いたりして(笑)。『モデルポーズやめて』って言われたのも初めてで、見た目だけじゃなくて“中から表現する”ってことを教えてもらいましたね。あ、こんな大笑いしててもOKなんだとか、ポーズをつけずに洋服とか体のラインをきれいに見せるにはどうしたらいいだろうとか、とにかくたくさん発見があったし、鍛えられました」

── 家で自主練もしましたか?

「しましたね。あと『海外の写真集見れば』って言われて見たり…。でもそのときは『これって外国人だからサマになるんじゃん』とか、ひねくれてたかも(笑)。いま見たほうが唇の動きとか目の角度とか、気づけることが多いような気がします」

── さて、大きな目標が実現したいま、次なる目標を挙げるなら?

「2回目の単独カバーガール! 今回で成果がなければ次はないかもしれないので、もし2回目のチャンスがきたら、さらに意味あるものになるんじゃないかなと思います」

写真

── 今後どういうモデルを目指していきたい?

「梨花さんのようなブランド力のあるモデルですね。いろんな雑誌の表紙ができて、梨花さんが表紙だと売れる、っていうぐらい影響力があるから。そのためにはやっぱり内側からにじみ出てくるものが大切なのかなって思います。今はまだ単独カバーをやったからといって自信があるわけじゃ全然なくて、実は『モデル楽しい』って思えるようになったのもつい最近。自分を受け入れられるようになったのかな。せっかくそう思えるようになったので、常に笑顔でいられるような環境を自分で作っていきたいですね。友達とのショッピングも家族との会話もささいなことも楽しんで…。しあわせはリンクするって信じてるので!」

── もうすぐ発売日。書店に並ぶのが楽しみですね。

「他の雑誌と並んでいるのを見たら表紙の重みを感じそうです。そう思うと緊張します! この表紙がいつもRayを手に取らない人が手に取ってくれるきっかけになったらうれしいです。私も購入したいと思っているので(笑)、どうぞみなさまよろしくお願いします!」

Writing:今村紗代子


「スターダストWEB」ではコメント動画を配信中!
詳しくはフューチャーフォンorスマートフォンからアクセス!!
http://stardust-web.mobi/

写真

INFORMATION

MAGAZINE

『Ray』7月号
2013年5月23日 全国書店にて発売

主婦の友社

amazon.co.jpへ


「可愛い」が大好きな10代後半~20代半ばの女のコのためのファッション誌。この7月号で創刊25周年。眺めているだけでドキドキ、わくわくする情報がいっぱいです

写真

EVENT

Ray 25周年記念特大号『泉里香 初表紙記念握手会』開催決定!

日時:5月23日(木)午後7時~
会場:パルコブックセンター渋谷店特設会場

【参加方法】
5月8日(水)より、パルコブックセンター渋谷店にて『Ray 7月号』(5/23・主婦の友社刊、税込750円)を代金前払いにてご予約のお客様に握手会ご参加整理券を配布いたします。お電話でのご予約も承ります。
【参加特典】
(1)1冊ご購入(1冊券でご参加)→『Ray7月号』1冊 手渡し+握手
(2)2冊ご購入(2冊券ご参加)→『Ray7月号』2冊 手渡し+握手+お客様
ご自身のデジカメ又は携帯でのツーショット撮影1回

★詳細はこちら→http://www.libro.jp/news/archive/003354.php

関連キーワード:

関連インタビュー

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧