shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
人気オリジナル漫画・小説配信サイト「comico(コミコ)」の実写映画化企画の第1弾として制作された「傷だらけの悪魔」。いじめをテーマにした学園物語の主人公・舞のクラスメイト役として出演する山下永玖、草川直弥、安藤稜浩が作品への思いを語った。

イジメの本当の重さを知って欲しい

写真

――作品はいじめをテーマにしたかなり過激な内容だが、台本を読んだ時にどう感じたのだろうか。

安藤稜浩(以下、安藤)「すごく重い作品で、読んだ後に少しテンションの下がる内容でした。怖いと感じた反面、どんな感じで撮影をしていくのかが楽しみになりました」

山下永玖(以下、山下)「深い話というか、いじめについて観ている方にどれだけ伝えられるのかなと思いました。読んでいて嫌な気分にもなりましたし、最後がすごい終わり方だったので、どういう風に演じていいかも不安で…。とにかく内容が深いという印象しか残っていなかったです」

草川直弥(以下、草川)「個人的に小説とか読んでいても、あまりすっきりしない終わり方のほうが好きで、台本を読んだ時はすごく独特だなと思いました。けっこうな内容のいじめだったので、どういう風に撮影するのか楽しみではありました。撮影は思っている以上にハードでした」

写真

――今回の作品では、演じる上で難しかった部分も多かったそう。

山下「いじめられる人に対してどういう表情をするべきなのかという部分は、すごく難しかったです。実際に目の前でいじめられているのを見て怖かったし、それがリアルに出ていると思います」

草川「最初は普通のクラスで、賑やかで楽しい感じだったのですが、舞が転校して来ていじめられることで、一気にクラスが重い雰囲気になる。そこの切り替えが難しかったです。みんなで作るってこういうことなんだなと実感する現場でした」

安藤「傍観者という立場でクラス内で起きているいじめを見てみぬふりをするシーンがあって、顔でお芝居をする演技がかなり難しかったです」

写真

――作品内容とは違い、撮影以外の時間は同世代のメンバーも多く、楽しい時間を過ごしたようで…。

安藤「学校で夜遅くまで撮影していて、3人で肝試しをしたんですよ。直弥が言い出して」

草川「撮っている建物の隣にもう1つ建物があって、そこが真っ暗で行ってみようと話になって行ったんですけど、実際に行ったら、すごく怖かったです」

安藤「特に音楽室が怖くて」

スタッフ「5分で帰って来たよね」

安藤「いやいや(笑)。3人の中では、永玖が一番怖がっていました、多分。音楽室でピアノを勝手に鳴らしてたら、“ワーッ”て」

草川「永玖を先頭にして入って、そっと逃げたんですよ」

山下「気がついたら一人でした(笑)。怖かったけど、すごく楽しかったです」

草川「他にも出演者みんな仲良くなって、人狼ゲームを一緒にやったりしてすごく楽しかったです。撮影中は重かったけど、オフは本当に楽しかったです」

山下「あと、監督からクランクアップをした時に、1人1人に賞状をいただいたんです。それが本当に嬉しかったです」

写真

――学園物語ということで、3人の学生時代の思い出を聞いてみた。

草川「高校2年生の時に修学旅行で沖縄に行きまして、クラスに仲の良い16人くらいのグループがいるんですけど、一緒に泊まるのが初めてだったので、すごく楽しくて、ずーっと泊まっていたいなって思いました。修学旅行に行ってから、さらに仲良くなれたので、いい思い出です」

山下「僕は人見知りで人の前に立つことがあまり得意ではないので、ずっと同級生のみんなとも敬語だったんですけど、高校1年の時の学園祭の準備で協力して準備するうちに仲良くなって、距離を縮めることができました。今もですが、知っている人の前では緊張しちゃうんですけど、不思議と知らない人の前だど緊張せずにできるタイプなんです」

安藤「僕は小学3年生から高校3年生までずっと野球をやっていたので、部活での思い出がすぐに浮かびます。朝早くから夜遅くまでの練習は大変で、やめたいなと思ったこともありましたが、仲間が支えてくれて頑張れたと思います」

写真

――音楽活動を通じて親交のあった草川と山下。人見知りの3人も、ふとしたきっかけで仲良くなったそう。お互いの印象は?

安藤「永玖は可愛い弟って感じで最初から見ていたんで、話しやすかったですけど、直弥はなかなか中に入れてくれなくて、話しかけられなかったです。実際話したらそんなことは全然なかったんですけどね。最初のきっかけが難しかったです。直弥は年下なんですけど、年下感がなくて、むしろ年上に見えます」

山下「直弥くんとは撮影前からもともと仲が良くて、いつも気にかけてくれて、お兄ちゃんみたいな存在。安藤くんは、最初は暗いイメージだったんですけど(笑)、話すとすごく明るかったです」

安藤「僕人見知りなんですよ、すごい」

山下「最初、直弥くんとずっと一緒にいたんですけど、直弥くんが撮影お休みの時に、安藤くんが長い待ち時間に話しかけてくれて、仲良くなれました。いろいろ話をしてくれて優しかったです」

草川「安藤くんは、おとなしい子だなって思ってて、正直あまり仲良くなくていいかなと思ったんですよ、最初は(笑)。永玖がいるし、なんとか乗り越えられるかなと。僕が撮影を休んで、次に来たときに安藤くんと永玖が急に仲良くなってて、何があったんだろう、ってびっくりしたんですけど、それをきっかけに僕も仲良くなりました。実際に話してみると面白くて、すぐにLINEの交換しましたね。永玖は本当に弟みたいな感じです。でもすごくしっかりしています」

写真

――芝居はまだ始めたばかりだが、その中で感じるお芝居の楽しさ、難しさは?

安藤「いつもと違う自分になれるというか、撮影期間は自分じゃなくていられる、そんなことできる仕事は役者しかないので楽しいです。その逆でどう自分でなく見せられるように演じられるかが難しい。今後は、凶悪犯などの役を演じてみたいです」

山下「楽しい部分は安藤くんが言ってくれたのと同じなんですけど、役に入り込めるところといつもと違った表情で役を演じられるところ。難しい部分は表情でどれだけ見せられるか。今回も傍観者ということで、普段とは違う部分を演じるのが難しかったです。たまにテレビで胸キュンやっていますが、一度やってみたいですね(笑)。少女漫画のキャラクターを演じてみたいです」

草川「自分と違うキャラクター作りは楽しいし、今回セリフはありませんでしたが、セリフをいただいたときはそのセリフをどうやって言おうか考えるのが楽しいです。いかに自分を出さないか、癖や歩き方を出さないようにするかが難しいです。今までいじめる役しかやったことがないので、明るい役をやってみたいです。普通の学園ドラマに出てみたいです」

写真

――イジメをテーマにした本作。この作品を見て感じてほしいところは?

安藤「いじめはよくないし、いい部分は全くないと思います。それは傍観者も同じこと。難しいけど、誰かが助けないといけないと思います。そもそもいじめてはだめなんだということを感じてほしいです」

山下「いじめって多いじゃないですか。ニュースを見ると心が痛むんです。イジメの本当の重さを知って欲しいです」

草川「いじめる人も悪いけど、見ている人も悪いと思うので、傍観者がどれだけ悪いものかを知って欲しいです。一人じゃ無理だと思うけど、力を合わせれば解決できる可能性があるので、行動を起こしてほしい。僕も一人では無理かもしれないけど、クラスメイトと力を合わせれば、きっと行動を起こせると思います」

写真

――最後にインタビューを読んでいただいている方へメッセージを。

草川「僕は『EBiSSH』というグループに所属しています。演技もすごく好きなので、今後も頑張っていきたいです。役者をするということは個人で活動することなので、僕を入り口に『EBiSSH』を知ってもらい、『EBiSSH』を好きになってほしいです」

山下「さとり少年団として、普段はストリートライブなどをして活動しています。これからもドラマや映画に出演していきたいと思っているので、その時は観てもらえると嬉しいです。目標は山田孝之さん。どんな役でも演じられる山田さんのような役者さんになれるように頑張りたいです」

安藤「『劇☆団』というお芝居のユニットで活動しています。お芝居を極めるようとみんな頑張っていて、年に数回、舞台もやっているのでぜひ観に来てほしいです。個人的にはいろいろな役を演じられるように、映画、ドラマ、舞台に出れるように頑張っていきたいです。僕が憧れているのは窪田正孝さん。いろんな色に染まれるところを尊敬しています。この役者さんとこの役者さんって同じ役者さんなんだ、って思ってもらえる役者さんになりたいです」

インフォメーション

MOVIE

『傷だらけの悪魔』

2017年2月4日(土)公開


人気オリジナル漫画・小説配信サイト「comico(コミコ)」の実写映画化企画の第1弾。主人公・葛西舞が、親の都合で引っ越した転校先には中学時代に舞がいじめていた同級生の詩乃がいたが、舞は全く気がつかず。反対に、いじめられていた詩乃の方は舞のことを忘れておらず、当時の恨みがつのった詩乃は仕返しすることを心に決める。様々な策略を企てクラスメイトも巻き込んだ、詩乃の舞への壮絶な復讐劇が始まる。

▼公式サイト
http://kizuaku.jp/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/2/13(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top