shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
釣りの楽しさ、基本的なことをナビゲートするフィッシングナビゲーターとして活動中の永浜いりあ。釣りとの出会いや魅力、そしてうなぎへの愛について語ってくれた。

釣りの魅力は『釣れるか釣れないかわからないこと』

写真

――そもそも永浜と釣りの出会いは何だったのだろう。

「始めたのは2004年くらいですかね。その当時にいた事務所に釣りが好きな方がいらっしゃって、一緒にやってみようと誘われたのがきっかけです。最初は『水辺でなんかやっていますね』程度の印象だったんです。でも元々好奇心旺盛な性格で誘っていただいたので、ではやってみます!という感じで始めました」

――デビューとなる釣り番組は、その後の人生を変えることになる運命の出会いだった。

「デビューはカナダでトラウト釣りという釣り番組でした。本当にど素人でキャスティングというルアーを投げる行為も全然できなかったんですけど、カナダに行けてラッキーという気持ちで行きました。一緒に出演した釣りの名人さんは私が素人なので、すごく冷たい感じ。ロケは1週間くらいで、釣らない日々がずっと続いて、最終日に名人が目標の大きな鮭を釣って、私が何かしらかけたら収録終わりだよ、みたいな空気になって…。1週間の中で空いている時間にはじっこでキャスティングの練習をしてはいたんですけど、なんでちゃんと練習してこなかったんだろうという反省の日々で、日も落ちかけて時間もない中、ガイドさんがついてくれて、離れて違う場所に行かせてもらったらやっと15センチのニジマスがかかりました。その時は嬉しさというよりホッとした気持ちの方が大きくて、涙が出たんです。その帰りに釣りってこういうことなんだっていうのがわかりました。今までは、ただ釣りたいからルアーを投げて、寒くても雨が降っても何でやっているんだろうと思ってたんですけど、1匹にたどり着くまでに準備があって、課程があって、やっと1匹にたどり着くんだということを身をもって体験して、またやりたい!って思うようになりました。それからプライベートでも行くようになったり、その時ご一緒した名人が師匠になって教えてくださるっておっしゃっていただいたので、ぜひ教えてください、とお願いして釣りに連れて行っていただいているうちに、12年が経ちました」

写真

――彼女を引きつける釣りの魅力とは。

「一言でいうと『釣れるか釣れないかわからないこと』です。究極はそこだと思います。釣れるとわかっていたらここまでハマらなかったと思うし、行かないと思う。自然相手で生き物なので、どんな名人さんでも100%釣れるかわからなくて、私もたくさん釣りに行く中で気がつきました。釣れた時のひきとか、食べたら美味しいとか、四季があるので旬の魚が釣れるとか、自然が綺麗だったり、荒れていたり、魅力はたくさんあるんですけど、他にはないかなと思っていて。すごくハマッていた時は、仕事でやりながらも休みの日に1日でも空いていたら新幹線に乗って釣りに行く。なんでこんなに疲れてるし、行っちゃうんだろうと考えた時に、釣れるか釣れないかわからないからだなと思って、私の中の一番の魅力だと気がつきました」

――時には釣れないこと…。そんな時も永浜はポジティブに受け取る。

「1匹釣れたら満足って思えます。0と1の差にかけていて、1まで持っていければ2にも3にも持っていけるし、たくさん釣れる魚釣りはすぐ満足になってしまうので、自分的には1匹にかけるほうが好きです。仕事は本気になってしまいますが、プライベートはその釣りをする空間にいるだけでも満足なので、気負わずにやっていたりします。魚釣りをやっていると風が強いからとか海が荒れているからとか、釣り竿を出すことができない環境もあるんです。そんな何もできない状況が一番辛くて。もちろん釣れたら最高ですけど、釣りに出れるだけでも幸せって思えます。何をやっても答えがその日に出ないことってあると思うんですけど、それと同じように魚釣りも思っていて、その日答えが出なくてもただその日に出なかっただけで、1年後でもいいと思ってますし、自分の中では回数とか時間より、ずっと続けていけたらいいなという思いでいます」

――デビュー番組以外に、印象に残ったことは?

「たくさんありますが、これは海に落ちるかもと思ったのが、ジャイアントトレバリー(GT)という魚です。その前にもう少し小さいサイズの魚はパラオや種子島で挑戦して、なんとか釣りあげたんですけど、30キロくらいのGTをかけた時に向こうの力が強くて、自分の力だけではどうにもならなかった。今となっては落ちない方法もわかるんですけど、最初にそれがかかったとき、名人の方とかにライフジャケットをつかんでいただきながら十何分かけて釣りあげました。大きな魚をあげるのが初めてだったので、がむしゃらに釣って、力を入れすぎちゃって、腕も腰も足も、全身痛くて、釣りをやっていて初めて途中でやめたいと思いました。でも、今乗り越えなくても、いつか乗り越えないといけないと思い、みなさんの応援もあって、なんとか釣りあげることができました。そのあと何回か番組で挑戦する機会もあって、『死ぬ覚悟』というと大げさですけど、そのいう気持ちで釣らないと女性が大きな魚をつりあげるのは無理だな、って思いました。そう思わせてくれた魚がジャイアントトレバリーですね」

写真

――最近、アウトドアに興味を持つ女性が増えているが、女性でも楽しめる釣りとは。

「自然の川だったり、海だったり、湖に『管理釣り場』という場所がありまして、魚をたくさん放流しているし、お手洗いも完備されていて、ゲストハウスの中で美味しい食事も食べれて、私服でも大丈夫なので、オススメです。沖釣りになると長靴も必要だし、船酔いもするし、楽しいけど大変な部分も多くて。『管理釣り場』だと絶対に魚がいるので、釣ることに専念できます。魚釣りって、たくさん釣らないと覚えられないんです。私も最初は師匠にたくさん『管理釣り場』に連れて行ってもらいました。その時に師匠がおっしゃていたのは『釣りは誰かが教えてくれるのでなく、魚が教えてくれる』。魚をたくさんかければかけるほど、当たりだったり、ひきだったりを覚えられので、最初は絶対に釣れる場所で経験するのがオススメです」

――釣りのファッションも変えていきたいと思っているそうで…。

「最近は女性らしいものを着てやりたいなと思って、カラフルなカラーだったり、女性らしい形だったり、そういうものが増えるように、楽しんでいけたらと思っています。この間、仕事の友達と10年ぶりくらいに原宿に行ってかわいい長靴を買って、釣りで履いたりしています。釣り道具じゃなくても応用できるものを使って、ファッションもおしゃれだなって思ってもらえるように自分でも発信していきたいなって。ちょっとでもみんながやっていないことで役立つことをやっていきたいです」

――現在、O.A中のソニーモバイル「Xperia XZ『防水篇』」のCMに出演中の永浜。反響も大きかったよう。

「しばらく会えていなかった方から連絡が来たり、お世話になっている釣り関係の方からもかっこいいねって言われたり。今まで笑顔で楽しい部分を見せることが多かったんですけど、クールビューティーな新たな一面をお見せできているかなと思います。私が10年前くらいに真剣に魚釣りをお仕事にするって決めた時からの目標が釣りをみんなが見る場所で今まで見たことがない人に知ってもらうことだったので、今回CMに出演することで、その夢が叶いました。今まで使っていたメーカーさんだけでなく、他のメーカーさんやアウトドアブランドだったり、釣りにも身近な携帯だったり、叶えたかったことが全て詰まっていて、すごく嬉しかったです。やっとこの日が来た!!釣りを取り上げてくださって、本当に感謝しています」

写真

――現在、取り組んでいるのがクラウドファンディング「フィッシングナビゲーター永浜いりあ 鰻の歌を作りたい!」。うなぎへの熱い思いを語ってくれた。

「うなぎが好きで、うなぎの歌を歌いたいと思ったのがきっかけ。なんで歌いたいと思ったかというと歌になると普通に伝えるより、伝わりやすいと思ったからです。自分も朝CMで聞くと1日中口ずさんでいるので、うなぎへの愛やうなぎが美味しいからもっと食べらたらいいのにという思いを一番伝えられるのは、歌だと思いました。釣りを始めた頃に、うなぎを食べに行ったら美味しすぎて本当に感動して、それから釣りは体力勝負なので、毎回うな重を食べて帰るうちにうなぎを好きになりました。ハードなスケジュールを乗り越えられたのも、うな重を食べていたからだと後で気づいて、プライベートでも食べに行くようになりました。一番食べた時は年間で70回食べてましたね(笑)。お店によってタレの味も全然違うんで、飽きないんですよ。栄養豊富で美容にもいいですし、ご馳走ですが、もう少し身近なものに感じてほしい。養殖も成功して、みんなが食べやすくなっていると思うので、そういうこともうまく伝えられたらと思いますし、土用の丑の日には絶対流れる歌にしたいです。お寿司とかラーメンは流行っていて、世界中にもお店がたくさんあって、外国の方も大好きだと思うんですけど、次はうなぎ!ぜひたくさんの方にうなぎの魅力を伝えたいです。クラウドファンディングで「うなぎの歌」を真剣に頑張りますので、ぜひよろしくお願いします」


インフォメーション

CM

Sony Mobile Xperia XZ『防水』篇

▼特設サイト
http://www.sonymobile.co.jp/voices/xperiafile/115/

OTHER

クラウドファンディング『フィッシングナビゲーター永浜いりあ うなぎの歌を作りたい!』

▼詳細
https://greenfunding.jp/lab/projects/1740


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2016/12/26(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top