shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
人気マンガ・ノベルアプリ「comico」で連載され、頭に紙袋を被っているクラス委員長に恋をするというユニークな設定で話題の『こえ恋』が実写ドラマ化。7月8日から放映がスタートした本作で、連続ドラマ初主演を務める永野芽郁。ピュアで可愛い青春ラブストーリーにどう挑んでいるのか。

相手の表情が見えない分、体や指先で表現する繊細な芝居を心がけました

写真

―― 永野にとっては連続ドラマ初主演となる。決まったときから撮影中の現在に至るまでには心境の変化があった。

「最初は単純にすごく嬉しかったです。自分の置かれた立場に対して実感がなくドラマに出れる上に“主演”という事だけに喜んでいました。でも、撮影が近づくにつれて、どんどん実感が湧いてきて不安に思うことの方が多くなってしまって。一時はどうなることかと思いました(笑)。ただ撮影が始まるとそんなことを考えている余裕もなくなって毎日ずっと全力疾走しているような感覚でした」

写真

―― 主人公・吉岡ゆいこを演じる上で心がけたのは、深く考えすぎないこと。

「ゆいこはピュアで優しくて人のことをすごく気にかけるけど、同時に人の目もすごく気にしていると感じました。“気にしい”な性格だけど、その中にはゆいこなりに考えていることがたくさんあって。深く考えて演じてしまうと逆にあざとくなってしまいそうなので、相手の言葉をしっかり受け止めて、自分が感じたことを素直に表現できるコでいようと心がけています。一つ一つ新鮮にお芝居ができたらいいですね!」

―― 『こえ恋』はピュアな登場人物たちが織り成す青春ラブストーリー。いわゆる学園ドラマは永野自身もこれまでずっとテレビで観てきた。

「学校でも前の日に観たドラマの話で盛り上がったりするんです。私もたくさんのドラマを観ていたので、自分が学園ドラマに出れることは嬉しかったですし、他の作品と比べると内容のイメージはしやすかったです。学校の友達からも連絡がきて、放送をすごく楽しみにしてくれています。現場では私が一番年下ですが、同世代の方も多いので、毎日本当に学校に通っているような感覚です(笑)。いい意味で素の自分でいられる感じがします!」

写真

―― 撮影が進む中で気づかされた『こえ恋』の魅力とは?

「まずは松原くんの存在。今までにないじゃないですか、紙袋をかぶった男子高校生の設定なんて。表情も見えないし、息遣いもわからない、そんなあえりえない設定なのにキュンキュンする部分があったりして。恋をしているときのときめきを共感してもらえると思います。恋を恋だと気づかないもどかしさも、『わかる~!』ってなるはず(笑)アゴクイもなければ壁ドンもないけど、今までのラブストーリーとは違う面白さがあると思います」

―― 実際に永野自身が恋に落ちるとどうなる?という質問には、「ゆいこと同じで自意識過剰かも」と笑う。

「恋をすると冷めたようなリアクションをしがちです。その人のことがすごい好きなんだけど、相手に気持ちがバレちゃうんじゃないかと思ってそっけなくなっちゃうんです。例えば目が合ったときに「何?」とか可愛げないことを言っちゃったり。男子みたいですよね(笑)。好きオーラが出ちゃっているかもと自意識過剰になっちゃって、ムダに無表情を装ったりしたことも(笑)。ゆいこも自意識過剰なところがあって、頭の中で勝手に物事をすすめて一人で泣いちゃうとかそういう部分は似ているなって思います。共感する部分が多いからこそ、自分の感覚を信じて迷うことも少なく安心して演じられています」

写真

―― 現在、マルチな活躍を見せる永野。モデルと女優の仕事のやりがいについて聞いてみた。

「女優もモデルもどちらの仕事も大好きです。モデルは表情とポーズを作って、お洋服のポイントをキレイに見せられるように自分自身もキレイでいなきゃいけないなっと。女優は自分の顔がぶさいくだろうが、その役に合っていれさえすればそれでいいって思います。自分の見せ方が違うのが大きな差なのかなと感じています。ずっとお芝居のお仕事が続いていて忙しいときも雑誌の撮影が入ったりすると、雰囲気がガラッと変わるので逆に元気になれたりすることもあって。2つのことをやれるのが気分転換や楽しみになっているかもしれません」

写真

―― 『こえ恋』のオープニングテーマである、さくらしめじが歌う「ひだりむね」。ゆいことしてPVに出演する際にサプライズがあったようで。

「最初はさくらしめじのPV撮影としか聞いていなくて。それが『こえ恋』のオープニングテーマにも決まっていたんです。このPVはドラマのスタッフさんが撮影をしていて、ロケ地の学校も、衣装も「こえ恋」と一緒。撮影はドラマのクランクイン前だったんですが、スタッフさんにも会っていたし、衣装合わせも済んでいて、ロケ地の学校も知っていたはずなんですが、移動の車の中で寝ていたせいか学校がロケ地だと気付かず、スタンバイ中に会うスタッフさんにもなぜか気付けず(笑)。衣装もゆいこのものだと気付かないままで、なんか似てるな~みたいな(笑)。体育館でたくさんのスタッフさんが出てきて初めて、ドッキリを仕掛けられたことに気づいたんです。もう大人は信じないって心に誓いました(笑)!」

―― インタビュー中、くるくると表情を変えて話す永野の姿はゆいこのようにピュアでキュート。最後にドラマのみどころを聞いてみた。

「表情が見えない中でのちょっとした感情の変化を、回を追うごとにお互いに見せられるようになってきます。そういう小さな変化に注目してもらいながら、ゆいこと松原くんの行く末を見守ってもらいたいです。同世代の人はもちろん、たくさんの方が好きな人や昔の淡い恋を思い出しながら観てもらえたら嬉しいです」


Writing:長嶺葉月

インフォメーション

写真
(C)テレビ東京

TV

『こえ恋』

テレビ東京ほかにて 毎週金曜深夜0:52~放送中!


高校入学早々に風邪で寝込んだ吉岡ゆいこ。そんな中、クラス委員長の<松原くん>からの電話を受ける。電話越しに聞くやさしい彼の声にドキドキするゆいこだったが、翌日いざ登校して<松原くん>に会ってみると…そこにいたのは、なぜか紙袋をかぶった謎の男の子だった!吉岡ゆいこの、ちょっと変わった胸キュン高校生活が始まる―。

▼公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/koekoi/

「スターダストWEB」にてプレゼント&動画配信中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
さらに、ここでしか見れないコメント動画も配信中!
詳しくは、下記へアクセス!!
※チェキプレゼントの受付は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
http://fc.stardust.co.jp/pc/
写真

pagetop

page top