shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
主演作『ひるなかの流星』や、『帝一の國』、『ピーチガール』など、話題作にひっぱりだこの若手女優・永野芽郁。注目の新作は、卓球をテーマに描くロマンチックコメディー『ミックス。』。ヒロインの恋敵となる、キュートな卓球選手を演じる永野が、役作りや撮影中のエピソードを語る。

映画を観る人がイラッとするようなキャラクターでいたいと思いながら演じました。

写真

――かつて天才卓球少女と呼ばれたアラサー女性、富田多満子が、亡き母ののこした卓球クラブの再建と、失恋相手とその恋人のペアの打倒を目標に、男女の混合ダブルスで試合に挑む! テレビドラマ「リーガルハイ」の脚本家・古沢良太と石川淳一監督が再びタッグを組む『ミックス。』は、卓球をテーマにしたロマンチックコメディー。最初に台本を読んだときの印象は?

「卓球をテーマとした映画だと聞いていて、どこに卓球が出てくるんだろうって思って読んでいたら至るところ卓球だらけでなんだか新鮮でした。卓球を通して、卓球に関わる人たちの想いが描かれていて、すごく新しいなって。卓球の映画をあまり観たことがなかったので、どういう映画になるんだろうって思いました」

――もともと卓球に持っていたイメージを尋ねると、「温泉でやる楽しい遊び」と即答した永野。しかし、そうではないことを作品を通して知ることになった。

「学校の修学旅行で卓球をやったこともあったので、温泉で楽しくやるものというイメージが強かったです。楽しい競技なんだろうなって思っていたんですけど、台本を読むと楽しいだけじゃなく、いろんな感情が散りばめられていて、深い競技だなって思いました」

写真

――永野が演じる小笠原愛莉は、卓球界の若きアイドル選手。ヒロイン、多満子から卓球界のヒーロー、江島晃彦を略奪する小悪魔女子だ。

「自分だったら、絶対に友達にはならないタイプの女の子(笑)。でも、新垣結衣さん演じる元天才卓球少女の多満子を本気にさせるきっかけを作る上で十分インパクトのある女の子だと思いました。愛莉の存在があって、多満子が卓球をまたやり始めて、全日本選手権に出るわけですから。私が多満子の立場だとしても、愛莉のちょっとイラッとするような声とか先輩にベタベタしたりするのを見ていると燃えるよなって思うので、映画を観てくれる人がイラッとするようなキャラクターでいたいと思ったんですよね。ライバル関係でもあるので、きちんとライバルになれるように演じたいと思いました」

――そういう役を演じるのは、女優としてどのような感覚なのだろうか。

「自分でも少し嫌な感じはします(笑)。「せんぱーい!」って甘ったるい声を出して、そんなに好きでもないのにわざと先輩をとろうとするのを演じるのは、うっ!ってきますね。自分でもモヤモヤしますが、自分が嫌だなって思うってことは、映画を観ている人も嫌だなって思ってくれるのかなって。イラッとさせるのも愛莉の特徴だから、自分もイラッとするところまで振り切ってやれたらいいなって思っていました」

写真

――卓球の選手役ということで、卓球の練習は必須。クランクイン前から練習を始めたという。

「撮影前から撮影中にかけて、ずっと練習したので上達はしました! でも、楽しいって思うまでは時間がかかりましたね。ラケットの握り方、動かし方など、一つ一つ違って覚えるのが大変でしたし、全身筋肉痛になりました。練習し始めて最初の頃は卓球って難しいって気持ちが強かったです。自分で動けるようになったり、スマッシュが決まったときはすごく楽しくて、そのあたりからより練習したいって思うようになりました。卓球の練習は、『帝一の國』で回し蹴りの練習をしていた時期だったんですけど、回し蹴りと卓球の練習が重なっていたので、私は何をやっている人だっけ?ってマネージャーさんとよく話していましたが(笑)、部活動をやっているみたいで楽しかったです。運動神経ですか? 運動するのが大好きですし、悪くはないと思うんですけど、江島先輩を演じた瀬戸(康史)さんがすごくお上手で、最初はラリーがなかなか続かなかったです。ミックスって二人ペアで戦う競技なのに、空き時間になると瀬戸さん対私になってよく戦っていました(笑)。瀬戸さん以外の方やスタッフさんとも合間に卓球ができて、お話ができたのが楽しかったです」

写真

――クライマックスの全日本選手権の試合シーンは、手に汗握る展開で見応え大。

「このシーンは、撮影に3日かかってハードでした。瀬戸さんはもちろん、新垣さんや瑛太さん、広末涼子さんたち共演者のみなさんと同じ楽屋でずっとご一緒できたので、楽しかったんですけど、体力的には辛かったです。みんなどんどん疲れてきたので、合間にマッサージの方がマッサージをしてくださったり、体のケアはしっかりしました。また、このシーンでは、ペア2組、4人の戦いだったので、そこで自分がミスをすると、みんなやり直さないといけないという緊張感もあって。でも、いざ撮影が始まってしまうと、絶対に負けない!って気持ちのほうが強くて、役と球を追うことに没頭していました。それだけに最後の達成感がすごく大きくて、当分ラケットは握らないだろうなって思いました(笑)。実際、撮影が終わってからは卓球から離れてしまったので、下手になってしまった思います(笑)」

――完成作を観て「みんなが卓球している姿に感動しました」と作品への愛情たっぷりに語ってくれた。

「完成作を観ていて、卓球がココまで人を動かすんだなって、一番感じました。笑えるシーンも多かったんですけど、登場人物たちの卓球に対する思いがどんどん強くなる姿がすごく印象的に描かれていて、とても素敵な作品になったと思うので、たくさんの方に観ていただきたいです」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真
(C)2017「ミックス。」製作委員会

MOVIE

『ミックス。』

10月21日(土)公開!


幼いころには天才卓球少女として名をはせ、今は平凡なOLの富田多満子(新垣結衣)は、恋愛と仕事に挫折して帰郷する。亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、活気もなく部員もさえない面々ばかり。しかし多満子は、クラブを再建し自分を捨てた元恋人ペアを倒すため、元プロボクサーの萩原久(瑛太)とペアを組み、全日本卓球選手権の混合ダブルス部門に出場することを目指す。

▼公式サイト
http://mix-movie.jp


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で4名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/10/30(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top