shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
脚本家・北川悦吏子が初の“朝ドラ”を描くことで話題の2018年度前期・連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロイン・楡野鈴愛(すずめ)を務めるのは、連続テレビ小説初出演の永野芽郁。“朝ドラ”ヒロインという大役に日々奮闘中の永野が、4月2日からいよいよ放送が始まるドラマの見どころやヒロイン・鈴愛の魅力など、余すところなく語った。

演じていくうちに鈴愛に対して愛が出てきて、今は親友になりたいぐらい好きです!

写真

―― 平成30年度(前期)今回で98作品目となるNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」。2017年10月下旬岐阜県東部でクランクインした本作。現在、高校生編を撮り終え、東京編の撮影に入っている。

「岐阜での高校生編の最後のほうは高校生編と大人になってからを混ぜながら撮っていたので、今、高校生編が終わったことに気づきました(笑)。高校生編から進んでいたからこそ、高校生から大人になるのを実感することができました。割と明るく元気な鈴愛を演じることができたのではないかと思っています」

―― 昭和の高度経済成長期に生まれ、バブル期、低成長期を七転び八起きで駆け抜けたヒロインが、一大発明を成し遂げるまでの半生を描く物語。永野が演じるヒロイン・鈴愛は、1971年岐阜県に生まれ、幼い頃、病気にかかり左耳が聞こえなくなってしまう。何かに挑戦して失敗しても、「やってまった」という口癖とともに、持ち前の元気な性格と『ポジティブさ』を発揮していく。永野自身から見て、鈴愛はどんな女の子なのだろうか。

「誰に対しても壁を作らない女の子。相手に対して不快な思いをさせないのは、鈴愛の性格や勢い、喋り方など、いろいろなことがあると思うんですけど、生きていく中で誰にでも、って難しいじゃないですか。でも、鈴愛はそれが自然に出来てしまうから、幼なじみの律のように鈴愛の側にいたいなって自然に思うのかなって。私は最初、鈴愛とは友だちになれないなって思っていたんです、勢いが凄すぎて(笑)。圧倒されて終わってしまうだろうなって思っていたんですけど、演じていく中で鈴愛というキャラクターに対して愛が出てきて、良いところしか見えてこなくなってきました。こんな子がいたら毎日楽しいだろうなって。嫌なことを忘れそうだし、前向きさに引っ張られて、自分自身すごくポジティブになれるだろうなって思います。今は鈴愛に会いたいし、親友になれちゃうんじゃないかなって思います」

―― 鈴愛は小学生のとき、突然の病により、左耳を失聴してしまう。その役作りについても聞いた。

「実際に失聴されている方の気持ちは100%理解することは難しく、自分が少しでも理解して寄り添えたらと思いながらも、私にできることは耳栓をして聴こえにくい状況を体験すること。クランクイン前に、子鈴愛(幼い頃の鈴愛を演じる矢崎由紗さん)と一緒に授業みたいなものを受けさせていただきました。自分の中の何か一つでも欠けてしまったとき、すごく傷つくだろうし、自分自身で背負ってしまう気がします。鈴愛はそれを周りにも感じさせず、明るくいるんですよね。でも、本当はやっぱり苦しいし、就職するときなど壁はありますが、観ている人が前向きになるように表現できたらいいなと思っています」

写真

―― 鈴愛と、永野芽郁自身との違いは?

「系統は一緒だと思うんですけど(笑)、やっぱり自分とは違いました。ざっくり言うと明るいとか、元気とか、できるだけ周りの人を楽しませたいとか、そういうところは一緒なんですけど、演じるってなると、自分自身の体力やテンションが落ちているとき、鈴愛の勢いを出すのはしんどいなって思うときがあります(笑)。でも、鈴愛を演じる上で気持ちを理解しながら演じることができています。この前、鈴愛が走るシーンだったんですけど、『それすごく面白いね』って言われて、この走り方を面白いと思ってもらえるんだなって。自分でも不思議な走り方だったんですけど、鈴愛だったらこう走るかなって思いながらやったので、なりきれているのかなって思いました。現場でも、みなさんが芽郁ちゃんは鈴愛のまんまだねってよく言ってくださいます」

―― 脚本は、『あすなろ白書』『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』など、名ドラマを手がけてきた北川悦吏子さん。北川さんの脚本についての印象は?

「セリフが心にグサグサ刺さってきます。難しいわけではないですけど、実生活ではなかなか出てこないような、切なかったり、儚げだったり、いろんな種類のセリフが、すべておしゃれに綺麗に聞こえるのが本当にすごいなと思って。独特な世界観だと思うんですけど、その言葉を私が話すことによって壊さないようにト書きと、セリフとセリフの間(ま)は気をつけています。普通はそう動かないとか、その間はとらないなっていうのを朝ドラではやっているんですけど、北川さんはこういうところで「半分、青い。」の世界観を出そうとしているんだなってト書きを見て感じるので、律役の(佐藤)健さんともト書きで「今隣に座った」って書いてるから、隣に座ったほうがいいねって話し合って。隣に座る前までの過程をしっかり作ろうって、ト書きを忠実にやっている気がします」

―― これまで等身大の役が多かった永野。この朝ドラでは、40代ぐらいまでを演じることになるが、大人の鈴愛を演じる上で意識するところは?

「鈴愛は、大人になっても話し口調が全然変わらないんです。そこがすごく難しいなと思っていて。鈴愛が大人になると、衣装も大人っぽくなって、外見は大人っぽく作っていただけるんですけど、喋り口調が変わらないとなると、本当に鈴愛は成長しているのかなって。喋るトーンや表情を変えるとしても、口調を変えないと勢いが残っているので難しいところで、どういうふうに寄せていこうかなって考えています。北川さんには何も変えなくていいよって言われていて、鈴愛だから変えずにやってねっていうのもわかるんですけど、そうなると成長しないので、いろいろと考えているところです」

写真

―― 律を演じる佐藤健さんと鈴愛の関係性についても聞きたいところ。生まれたときからずっと一緒にいる二人は、とても不思議な関係性を築いている。

「律と鈴愛の関係は、男女の友情ではない気がしていて、じゃあ、恋愛相手かと言われてもそうじゃないような気がしますし、すごく不思議な関係性です。私が体験したことのない関係性だったので、それをうまく表現するのが難しいなと思いました。鈴愛という女の子だからこその、律との関係だと思っていて、そこはあまり深く考えすぎず、対話できたらいいなと思ってやりました。健さんとは岐阜ロケで一緒にいることが長かったので、仲良くなって、お話をしなくても健さんはこうするだろうなって掴めたし、リズムがわかってきて、目を見れば律と鈴愛になれるという、不思議な関係になってきました。生まれたときから一緒にいたかなって錯覚できるぐらいの距離感になれたと思います」

―― 鈴愛の母親、晴を演じるのは松雪泰子。永野は松雪を本当の母親のように慕っていて、いい関係性を築いている。

「お母ちゃんを演じている松雪さんは、本当にお母ちゃんのように寄り添ってくださるので、何があってもお母ちゃんがいれば大丈夫という気持ちがあります。いろんなことを相談できて、連絡先も交換してくださって、街中で私のポスターを見たよーって連絡を頂いたり(笑)。私が体調が悪かった時は、これいいよって差し入れを持ってきてくださったり。本当の母と会うより、一緒にいる時間が多くて、お母ちゃんだなって頼らせていただいています。今現場が東京編になってしまって、お母ちゃんと会えなくてすごく寂しんですけど、会えなくても本当の家族になっている感覚を感じています」

―― 高校生編では松雪泰子のほか、父、宇太郎役の滝藤賢一さん、祖父、仙吉役の中村雅俊さん、祖母、廉子役で語りの風吹ジュンさん、そして東京編では漫画家・秋風羽織役の豊川悦司さん、秋風のマネージャー・菱本若菜役の井川遥さんら豪華キャストが集結。先輩方との撮影の日々は、「毎日楽しいです」という。

「大人のキャストの方々は、みなさん柔らかく現場にいてくださるんです。会話をする中で、面白いことを言って笑わせてくださって、現場がピリピリすることは一切ないです。撮影が長くなればなるほど、疲れも出ると思うんですけど、その中でもみなさんが居心地のよい現場を作ってくださる。私自身が気負うことなくやれていて、現場に行けば誰かしらが支えてくれるというすごくありがたい現場です」

写真

―― 朝ドラの撮影は長期に及び、週5日ほど朝から晩まで現場に入ることになるが、ハードな日々を乗り切るために心がけていることは?

「家に帰ってから、湯船につかるようになりました。東京編になってから、スタジオ撮影が多いのでずっと冷えているわけではないですけど、湯船に浸かって、一日頑張ったなって思いながら、お気に入りの入浴剤を入れてセリフ練習をしたりしています。体が温まっていると良い眠りにつけるので、ちょっとの睡眠時間も倍に感じるようになりました(笑)。撮影日の休憩時間には、ぼーっとしています(笑)。あと、寝たり、ネットショッピングをしたり。1時間もあるんですですけど、あっという間です」

―― 朝ドラマの撮影は、全部で10ヶ月で、あと半年ほど。乗り切ったら、何をしたい?

「習い事をいっぱいしたいです。小学生の頃書道とお琴、高校1年生のときに三味線をやっていたので、また書道をやりたいし、生花もしたいし、お琴も三味線もやりたいです。また本格的に始めたいです。日本の楽器いいですよね。そうそう、あと和太鼓もやっていたんですよ」

―― 最後に、女優、永野芽郁のキャリアにとって、本作はどんな位置付けになるのだろうか。

「朝ドラのヒロインはなかなか経験できないものです。私自身、自分はものすごく運が良かったなって思うんですけど、朝ドラのヒロインじゃなかったらご一緒できなかった先輩もたくさんいて、本当にありがたいことだなと。今回このタイミングで、こんなにたくさんの先輩方とご一緒できて人としても、俳優としても素敵な先輩方のようになりたいっていう思いが強くなっています」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真
(C)NHK

TV

連続テレビ小説『半分、青い。』

4月2日(月)O.Aスタート!


大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟町の小さな食堂に、鈴愛という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみ律だった…。脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていく。

2018年4月2日(月)~9月29日(土) 全156回(予定)
NHK総合 月~土曜8:00~8:15
NHK BSプレミアム 月~土曜7:30~7:45
【再放送】
NHK総合 月~土曜12:45~13:00
NHK BSプレミアム 月~土曜23:30~23:45

▼公式サイト
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で4名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2018/4/16(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top