shadow

写真

2012年6月30日更新

  • はてなブックマーク
  • シェア

大河ドラマをはじめ、話題の作品に出演し演技の幅を広げている中川大志。
この夏、熱いドラマになること間違いなしの『GTO』に出演。
本人も「新たな挑戦でワクワクしてるし、楽しみ」というように、さらに飛躍の場となりそう。撮影現場で作品への思いを聞いた。

役とともに、このドラマを通して僕も成長していきたい

写真

── あれから14年。大人気ドラマ「GTO」が帰ってきた!
今回、生徒役で出演している役者のなかには放送時生まれたばかりという子たちも少なくない。吉川昇を演じる中川大志もその一人。まさに、放送がはじまったときにこの世に生をうけた。しかし「大好きな作品なんですよ」と嬉しそうな中川。

「再放送だったり、DVDで何度もみていました。だから、出演が決まった時に、鬼塚先生がいる世界に僕も入れるんだって嬉しかったです! でも、ちょっと不思議な気分でもあります。鬼塚先生のキャラクターが大好きだから、同じ世界観にいられるなんて、どうしよう! 前作とはもちろん登場人物も、ストーリーも違うし、2012年という今、鬼塚先生がどう生徒とむきあうのか、僕自身も楽しみにしています」

── 第一話から鬼塚先生の熱気がビシバシ伝わってくるストーリー展開。そのキーパーソンとなるのが、中川演じる吉川昇。

「幼なじみの杏子を中心とした女子3人組にいじめられている役です。いじめられるにはわけがあって………。自分を出せずにうじうじしていて、目の前にある問題から逃げてばかり。鬼塚先生と出会って、その問題をどう解決していくのか、そしてどう成長していくのかを、細かい心理描写で見せられたらいいなぁ」

写真

── 撮影風景をちらりとのぞかせてもらったが、迫真の演技。目からあふれる涙は本物。

「本番にはいると感情がたかまって、自然と出てきました。演技はまだまだ勉強中なので、これからも色々な役に挑戦して、幅を広げていきたいと思っています」

── 現在、中学生の中川。鬼塚先生のような教師と出会ったことはあるのだろうか。

「あんなに熱い先生はいないけれど、小学生から仕事をしているので、どの担任の先生もよく電話をくれて課題や授業に必要なものを教えてくれます。この間は、郊外学習に行けなかったのでお土産を買ってきてくれました。いつも僕のことを応援してくれているので、励みになります」

── 中学と高校という違いはあっても、学生という立場は同じ。もし、吉川のようにクラス内でいじめがあったとしたら中川はどうするのか気になった。

「難しい問題ですよね。知らん顔はしたくないし、でも、どちらか片方についても問題は解決しないだろうし。いじめている側、いじめられている側の間で調整役になれたらいいとは思います」

写真

── 「撮影でもう一つの学校に通っているみたいですよ」というように、共演者とはすでに仲良くなっているもよう。

「役としては、仲間はずれな感じですが、ポスター撮りからクラスメイトとは仲良くなりました。みんなで一緒にお昼を食べたり、休憩時間におしゃべりしたり。本当の学校みたい! 実際の学校と違うのは、2年4組は問題児が多いことかな。次々と事件が起きるので……。普段から、中学校生活を充実させて、ドラマにもつなげていけたらとは思ってます」

── 話題のドラマへの出演がつづき、忙しい日々。勉強と仕事の両立は?

「正直、勉強は苦手(笑)。大人になったときに、恥ずかしくない程度には頑張りたいと思っているのですが……。頑張ります!!」

── 休みの日は家でのんびり過ごすこともあれば、友達と遊びに行くこともありその時の気分次第だとか。意外!?な特技について聞いてみると……。

「りんごの皮むきですか? 父も料理が好きで、手伝いをしているうちに、僕も料理が好きになりました。小学生のころからやっていて、家族の夕食を作ることもあるんですよ。だから、小学校での調理実習では大活躍! 得意料理はパスタとオムライス。もっとレパートリーを増やしたいんです」

写真

── 仕事に真剣に取り組む大人の顔と、はにかんだ笑顔が可愛い14才の素顔がくるくると入れ替わり、もっともっと探ってみたくなる。今後の活躍も楽しみだ。

「今はまだ、勉強のとき。今回は初めていじめられる役をやるので、また新たな挑戦です。悩みながらも果敢にチャレンジして、なんでもこなせる俳優を目指したいと思っています。『GTO』は前作の印象が強く残っている人もいるだろうし、もちろん初めて見る人も大勢いると思うので、誰が見ても楽しめる作品になればいいなと思います。問題児だらけのクラスに鬼塚先生がくることで、どうみんなが変わっていくか、僕も楽しみです」

Writing:岩淵美樹

INFORMATION

TV

フジテレビ系ドラマ『GTO』

2012年7月3日(火)22時スタート

元・伝説の暴走族ヘッドの教師、鬼塚英吉の活躍を描いた、藤沢とおるの人気コミック「GTO」。2009年、少年マガジンにて新シリーズ「GTOーSHONAN 14DAYSー」の新連載がスタートし、GTOが復活。
日本一破天荒で、熱い男が子供達のために激走!


▼公式サイト
http://www.ktv.jp/gto/index.html

写真

(C)関西テレビ

関連キーワード:

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧