shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
「人生、やり直してみませんか」。無職の27歳が中身はそのままに10歳若返り、もう一度高校三年生をやり直す……。スマホ向けマンガ・ノベルサービス「comico」で大人気の『ReLIFE』がついに映画化。主人公の海崎新太を演じる中川大志はどのように「27歳」と「17歳」の世界を演じ分けたのだろうか。

人間が元々持っているものは17歳でも27歳でも変わらない

写真

――とある事件から退社を余儀なくされ、その後仕事が見つからないまま無為の日々を過ごす海崎。映画ではしっかり“人生に疲れた27歳”を演じている中川だが、撮影時の実際の年齢は17歳。

「今まで学生役をやらせていただくことが多かったので、今回まさか27歳の役……という感じでした。しかも27歳が17歳の姿になって1年間高校生をやるという。でも「これはもしかして自分にしかできないかもしれない」と思ったんです。僕、割と上の年齢に見られることが多かったので(笑)。
難しかったのは自分の中にある現役高校生の感覚ですよね。なので一回その感覚を一切排除するところから始まりました。身の回りのそのくらいの世代の方とお話をしたり、観察したりしながら作っていって…。特に夜明了役の千葉雄大さんにはいろいろお世話になりました。ただ千葉さんは見た目が若いのでその辺はあまり参考にはならなかったけど(笑)、やっぱり気持ちの部分では勉強させていただきました。「10年前の高校生活というものを27歳はどれくらい覚えているのか」とか「どういう文化で育ってきたのか」とか。漫画とか音楽とか、実際画面では伝わらなくても、知っておくだけで違うと思ったので。そうやって27歳の感覚を自分の中に少しずつ入れていった感じです。
27歳も17歳も、中身は変わらないと思うんですよ。もちろん成長はありますが、軸になる部分は変わらないと思う。だからどちらかというとこだわったのは映像的な変化。メイクさんと試行錯誤しながら作っていきました。」

写真

――話し方、受け答え……確かに10代にはない落ち着きがある。中川自身も「しっかりしてる」とよく言われるようだが……。

「それは“しっかりしてる風を出してる”っていうだけです(笑)。本当に、風(ふう)です。結構人の世話を焼きたがるタイプじゃないですか、海崎は。僕も、人に何かをやってもらうのも嬉しいですけど、どちらかというと何かをやってあげたい気持ちのほうが強くて。相談をするより聞いてあげたい。そういうところは海崎と似てるなって思います。」

――本作のテーマは「青春」。今現在青春の日々を送っているだろう中川にとって、「青春」とはどんなイメージなのだろうか。

「青春=ダッシュ!! 今回の映画でもダッシュのシーン、めちゃめちゃ多かったんです。なんか、走るって青春ですよね(笑)。疾走感というか勢いというか。雨の中走るシーンがあるんですけど、そのシーンはすごく青春を感じ取れるんじゃないかなと思います。実は撮ったのは11月の仙台だったので、寒くてブルブル震えてましたけど(笑)。しかも夏のシーンだから薄着で、水もキンキンに冷えていて、芯から冷えました。撮影期間約1か月で四季を表現するのは大変だなぁと思いました(笑)。」

写真

――10年後には27歳になる中川。そこで物語とは逆パターン「もし今の状態のまま見た目だけ27歳になるとしたら何をしたいですか?」と質問すると、しばらく考えた後「いや、やっぱり一年一年、年を重ねて27歳になりたい」とストレートな返答が。

「本当はあまり自分でも自信がないんです。10年後、27歳の僕は何をやっているのか。役者をやってるかな、やっていればいいですけど、もしかしたらどっかで辞めようと思っているかもしれないし。ただ僕は今、この仕事がすごく楽しいので、将来この仕事を続けていけたらいいなとは思います。自分にこの仕事以外に何かあるか……と言われたら何もないですし(笑)。ずっとこれだけをやってきたから。漠然とですけど、思うのは「誰かに憧れられる存在」になれたらな……と。少し下の世代の人たちに「あの人かっこいいな」とか「あの人みたいになりたいな」って思われるのって、すごく大変なことだと思うので。」

写真

――青春のキラキラや揺らぎ、不安と希望。それらがまるで宝物のように散りばめられた本作。中川は「現役高校生だけでなく、あらゆる年代や立場の人に観て欲しい」と話す。

「この映画は特定の世代に向けたメッセージというより、色々な人に共感してもらえるんじゃないかなと思っていて。もちろん今まさに高校生をやっている人にもそうだし、20代、30代、40代っていう大人の人が観ても、懐かしい気持ちになれるというか。もしくは海崎と同じ世代の、社会人になったけど、なかなかうまくいかなくて自信を無くしかけている人たちとか。
今現在つまづいている27歳の海崎が10歳若返り、これから社会に出ようとする高校三年生をもう一度やらせる意味で、一体何をつかんだのか。さっきもお話しましたが、海崎が元から持っているものは17歳でも27歳でも変わらないと思う。ただ自分が正しいと思ったことを発信したら社会にはねられてしまった。自分の中にあるものに自信を失いかけていた海崎がもう一度自信を取り戻す、怖いもの知らずだったあの頃の自分を思い出しながら……。本当に色々な観方ができると思います。『リライフ』という実験の意図をそれぞれの方に感じてもらえたら嬉しいです。」


Writing:西澤千央

インフォメーション

写真
(C)2017「ReLIFE」製作委員会 (C)夜宵草/comico

MOVIE

『ReLIFE リライフ』

2017年4月15日(土)公開


人生をやり直すため、1年限定で10歳若返り、2度目の高校生に―
想定外の友情と恋が迎える、驚きの結末とは…?
世界累計2400万ダウンロードのスマホ向けマンガ・ノベルサービス「comico」が生んだ共感度NO.1原作!

▼公式サイト
http://relife-movie.jp/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
詳しくは、下記へアクセス!!
※チェキプレゼントの受付は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
https://fc.stardust.co.jp/pc/

pagetop

page top