shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
今年、連続テレビ小説「まれ」で広く注目を集めた中村ゆりかが、NHKの新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」に出演する。「すいか」や「Q10」などの木皿泉が脚本を手がけ、薬師丸ひろ子、小泉今日子、ミムラ、吉岡秀隆、片桐はいりという豪華キャストが出演。彼女が演じるのは、富士山が見えるコンビニ「富士ファミリー」で、住み込みで働きはじめる23歳のカスミ役。撮影を振り返る彼女の言葉からは、共演者や監督、そして作品そのものから多くのものを得たことが伝わってきた。

この作品には大事な言葉が詰まっている

写真

―― 「富士ファミリー」への出演が決まったときの心境を、「メンバーがすごくて、ちゃんとついていけるのかが心配でした」と振り返る。

「撮影は最後まで緊張の日々でした。お芝居で気をつけなければいけないことが常にあったので、自分にちゃんとできるかどうか不安で、リラックスするのは難しかったです。でも、みなさんがずっと気にかけてくださって、『カスミちゃん』と役名で声をかけてくださったことが嬉しかったです。自分の居場所がありました」

―― 〈居場所〉はこの作品のテーマの一つ。両親が早くに亡くなったため、自分が大黒柱にならなければという責任感を優先して生きてきた長女の鷹子。東京は自分の居場所ではないと感じ、あるきっかけを機に戻ってきた次女のナスミ。そして要領よくとっとと嫁いだものの、夫からの愛情を感じられずモヤモヤしている三女の月美。三姉妹の叔母である笑子は自分が疎ましがられているのではないかと訝り、ナスミの夫は妻の死後も店を手伝うために家族と同居しているが、ある秘密を抱えている。

「みんな普通に日常を生きているけれど、やっぱり、それぞれに抱えているものがあるんだなって。自分の迷いや悩みが、誰かの一言があったおかげで整えられて、その言葉が自分にとって大きなものになる。そういうことが描かれていると思いました。例えば、笑子さんがマツコロイドに出会ってやりとりするシーンでの言葉。その言葉はとても胸に刺さりました。作品全体のなかで一番印象に残ったシーンです。誰でも自分の居場所について不安になることってあるし、そこで誰かが『ここにいていいんだよ』と言ってくれることが支えになるし、救われる。本当に、この作品には大事な言葉が詰まっているなと思います」

写真

―― カスミにとっては、薬師丸ひろ子が演じる長女の鷹子から言われた「大丈夫じゃない時は、大丈夫じゃないって言う。」という言葉がターニングポイントになった。

「カスミはそれまで、家族から求められることに応えようとして自分を犠牲にしていたと思うんです。人に迷惑をかけないように、あまり感情を表に出さないように生きていた。あの言葉を言われて、自分が流されていることに初めて気づいて、それまでの生き方から解放されて、救われた。あの言葉は自分にとってとても大切な言葉になりましたし、このドラマを観ている人にとってもそうなると思います」

未来に進む道について

―― 「富士ファミリー」の現場は彼女にとって「勉強の場所」だったと振り返り、大きな刺激を受けたようだ。

「みなさんのお芝居を間近で見られる貴重な機会なので、自分が出ていないシーンでは、ずっとモニターを見ていました。特に凄い! と思ったのは、台所で笑子さんが口から牛乳をこぼしたときに、鷹子さんが『なんで?』という表情をしてから、少し怒りみたいな感情が見える表情に変化するところです」

写真

―― ストーリーを大きく動かすというよりは、鷹子が日々、少しずつ重ねているストレスをどれだけ我慢しているのか、そして笑子が自身の老いを後ろめたく感じてしまう出来事として差し込まれているささやかなシーンである。そこに反応するあたり、彼女の本気度が伝わってくる。

「監督から、違うところは『違う』と、すごく丁寧に、慎重に、指導してもらいました。本当にお世話になりました。この作品を経験して思うのは、セリフをただ言うのではなくて、そのときの感情を、作ろうとしなくても自然に出したい。相手のセリフをちゃんと聞いて、そのときに感じたことをセリフにのせる。心の中に思っていることはいろいろあって、それを表面に出さないけれど、観ている人に『この子、何か感じるものがあるんじゃないか』と思ってもらいたい。そんなことを意識するようになりました」

―― カスミは23歳だが、中村自身はまだ18歳。5歳年上の人物を演じることに関しては、「監督から役の年齢に無理に近づけなくても大丈夫」と言われたため、意識しなかったという。

「まだ18歳の私が経験していないことがたくさん描かれていたとは思います。でも、自分がその立場になったらどうするだろう? と考えさせてくれる脚本でしたし、自分もこの作品のなかの人たちのように感じてみたいと思わされました。例えば、私は結婚してないですし、子どももいないけれど、ミムラさんが(演じる三女の月美が)言う、『あたしは限られた時間のなかで家族と生きていく』というセリフにもジーンと来ました」

写真

―― 本作のマスコミ向け取材会で、笑子を演じた片桐はいりは「この作品に出て、年をとることが怖くなくなった」と発言した。中村も、プラスの影響を受けた様子。

「私も心が軽くなりましたし、大丈夫じゃない時に、『大丈夫じゃない』って言えるようになりたい(笑)。あまり考え過ぎないようにはしているんですけど、たまに気を張っている自分に気づくときもあるので、うまく息抜きをできるようになりたい。私にも、『そんなに頑張らなくてもいいんだよ』と言ってくれる人がいるので、そういう言葉を大切にして、頑張るときは頑張って、頑張らないときは頑張らない。そのバランスをうまく取れるようになりたいです」

―― 映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』の頃、「未来はまったくわかりません」とちょっとだけ困ったような顔で言っていたが、今はどんな未来が見えるのだろうか?

「『富士ファミリー』でカスミ役ができて本当に良かったと思っています。今後については『なるようになれ』という感じです(笑)。お仕事をいただけるのは本当にありがたいことですし、いただけるのであれば、お仕事に専念したいと思っています。その覚悟はできているので、未来に進んでいく道は、少しずつ定まってきているのかなと思います」


Writing:須永貴子

インフォメーション

写真
(C)NHK

TV

新春スペシャルドラマ『富士ファミリー』

2016年1月2日(土)21:00~NHK総合にて放送


富士山が見える場所にあるコンビニエンスストア「富士ファミリー」を舞台に、バラバラな性格の三姉妹と、彼女たちを取り巻く人々が織りなすホームドラマ。家具店で働く長女・鷹子(薬師丸ひろ子)は、店番をする叔母・笑子(片桐はいり)のおかしな言動が気になり、笑子の面倒を見てもらうことを念頭に、23歳のカスミ(中村ゆりか)を住み込みで採用する。実は笑子にだけ、亡くなった次女・ナスミ(小泉今日子)の姿が見えていた。

▼公式サイト
http://www.nhk.or.jp/dsp/fujifamily/

「スターダストWEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
詳しくは、下記へアクセス!!
※チェキプレゼントの受付は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
http://fc.stardust.co.jp/pc/
写真

pagetop

page top