shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
人気オリジナル漫画・小説配信サイト「comico(コミコ)」の実写映画化企画の第1弾として制作された「傷だらけの悪魔」。いじめをテーマにした学園物語の主人公・舞のクラスメイトの栄千翔子役として出演する仲谷香春に作品の思いを聞いた。

同世代の方だけではなく、いろんな世代の方に観ていただける作品だと思います

写真

――いじめをテーマにしたこの作品。台本を読んだ感想を仲谷はこう語った。

「最初はかなり激しい内容だなと思いました。台本を読むと嫌な気持ちになるから、できだけ台本を開きたくないなと思ってしまうくらいでした。私の演じる千翔子はいじめたり、いじめられたりする役ではなかったのですが、ストーリーを読む上で嫌な気持ちになって、やっぱり現場で撮影していてもいじめのシーンは心をえぐられるような気持ちになりました」

――演じた千翔子は、実際の仲谷とは違うタイプだったそうで…。

「千翔子は平和主義だけど、詩乃に対しては好きになりすぎて依存していて、思いが強いと感じたので、詩乃役の江野沢愛美さんとはより仲良くなろうと思いました。私自身、普段はドライとかサバサバしているとか言われることが多いので、その部分は違うかなと思っているんですけど、人見知りなので、いろんな人と話をして克服したいと思って自分から挨拶をしたり、コミュニケーションを取ろうとする部分では千翔子に近いのかなと思いました。実はいつも一緒にいる千翔子のような友達がいて、台本を読んだ時に「あっ」って思って、イメージはその友達を参考にしました。撮影まで友達をずっと観察していました。少しは生かすことができたかなと思います」

写真

――作品の内容とは違い、現場はとても良く楽しい雰囲気だったそう。

「「いじめの話を撮影しているの?」って感じてしまうくらいの現場で、本当の高校みたいにみんな仲良くて、撮影が終わって今でも遊ぶくらいです。撮影で「よーい、スタート」を言われた後と、控え室の私達が違いすぎて、作品を観た人に「実は裏はこんなに仲良かったんだよ」って言いたいくらい楽しかったです。カメラ好きな人が多くて、一眼レフや使い捨てカメラを持って来ている人がいたので、みんなで撮影していました。現役の高校生が少なかったので、制服姿をわちゃわちゃしながら撮ったり、学校内を探検しながら動画を撮ったりしたことが、思い出に残っています」

――逆に撮影中、難しかったこととは・・・。

「千翔子は平和主義なので、ぶりっ子でキャラが濃いわけでもなく、ものすごくドライでもないし、行きすぎてない風にするにはどこでバランスをとればいいのかが難しかったですし、すごく悩みました。不安だったので、監督に「大丈夫ですか?」と確認しながら演じていましたね。監督から「そのままでいいんだけど、もっと詩乃を保護者的な感じで愛していいよ」と言われたので、自分の想像より近づいていいんだなと思って演じてみました。あと、今回はリハーサルがしっかりあったので、台本を覚えるというより、流れでストーリーを入れていく感じで、いつもよりすんなり覚えることができました。感情についてもわかりやすかったです」

写真

――普段はモデルとしても活動している仲谷。演じることにも興味があるそう。

「緊張せずにできるようになりましたし、楽しいのはモデルのお仕事なんですけど、今、興味がわいてきているのは演技のお仕事です。好きな女優さんは満島ひかりさんです。でも、素敵な女優さんが多いので、いろんな方をたくさん見て、勉強していきたいなと思っています。今後は、自分と真逆のぶりっ子とかキャピキャピした役をやってみたいです。これからはモデルやお芝居以外にもいろんなジャンルのことに挑戦して、新しい自分を見つけていきたいです」

写真

――仲谷にとって「傷だらけの悪魔」はどんな作品になったのだろうか。

「今まで出演させて頂いた映画の中でも出演シーンが多かったので、すごく印象に残ったし、思い出にも残りました。台本を読んで追い詰められたけど、最後のシーンは心の底から思って演じることができたので、少しですが成長できたかなと思いますし、お芝居により興味を持つことができました。原作の千翔子はショートでスポーツ万能だったので、原作を読んでいる方が映画の千翔子を観たときにどう感じるのか、という思いはありますが、そういった部分も含めて、公開していろんな方の感想を聞いてみたいです」

――最後に映画を観てくれる方にメッセージを。

「完成した作品はクラスメイト役の人たちと一緒に見ました。すごく重いテーマの作品ではあるんですけど、同世代の方だけではなく、いろんな世代の方に観ていただける作品だと思います。いろんな人に観てもらっていじめはダメだって感じてほしいです。そして、行動にうつす勇気のきっかけになってほしいです」


インフォメーション

写真
(C)2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ

MOVIE

『傷だらけの悪魔』

絶賛公開中!


人気オリジナル漫画・小説配信サイト「comico(コミコ)」の実写映画化企画の第1弾。主人公・葛西舞が、親の都合で引っ越した転校先には中学時代に舞がいじめていた同級生の詩乃がいたが、舞は全く気がつかず。反対に、いじめられていた詩乃の方は舞のことを忘れておらず、当時の恨みがつのった詩乃は仕返しすることを心に決める。様々な策略を企てクラスメイトも巻き込んだ、詩乃の舞への壮絶な復讐劇が始まる。

▼公式サイト
http://kizuaku.jp/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/2/20(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top