shadow

写真

2013年8月15日更新

  • はてなブックマーク

昨年、デビュー10周年を迎えたORANGE RANGE。アニバーサリーイヤーにリリースしたアルバム「NEO POP STANDARD」は全曲打ち込み主体という新たな試みが話題となった。打ち込みからバンドサウンドに変えてツアーをまわったことで見えた新たな方向性。よりシンプルに……。それを体現したのが9枚目となるアルバム「spark」。彼ららしさが存分に楽しめる弾けた曲が満載。この夏を盛り上げてくれること間違いなしだ!

一緒にいい汗かいてバカになろうぜ!!

写真

── 前作からわずか1年3カ月、9枚目となるアルバム「spark」が完成。リリース前に収録曲をライブでお披露目するという初の試みも行った。

RYO「想像以上にお客さんが盛り上がってくれて、嬉しかったですね。初めて聴く曲なのに自然と体が動いたり、声を出してくれたりと俺たちが伝えたかったことが少しでも届いたのかなって」

── 打ち込み主体のサウンドからバンドサウンドに。無駄なものをそぎ落とし、いかにシンプルでわかりやすいものを作れるかを意識して作った結果が「spark」におさめられている。

NAOTO「単純に前作とは真逆にしたいなというのはありましたね。小難しいことやごちゃごちゃと音を重ねるのではなく、誰もがわかりやすくてシンプルに。昔のORANGE RANGEらしい、飾りっ気のない元気な曲をやりたいなという思いがありました」

RYO「全員で次のアルバムはこうしようぜ!みたいな会議はしないんですけど、なんとなく俺たちもシンプルなものにっていうのは感じていて。ツアーをまわっているうちに、バンドの音の刺激を感じていたので自然な流れではありますね」

── ジャンルにとらわれない自由なスタイルの彼ららしい選択。常に新しいことに挑戦し、自分たちが作ったハードルをするりと超えていく。

HIROKI「今後、このシンプルなバンドサウンドが主流になっていくとは思わないんですよ。この『spark』は前作からの流れだったり、旬のものを取り入れていきたいという思いだったりでできたもの。曲が上がってきて、最初に感じた明るく元気なイメージに詞をつけたらこうなりました!という感じですかね。実験っていうとヘンかもしれないけど、いつも変化を求めていかないと面白くないし」

YOH「アルバムごとのコンセプトというと難しくなっちゃうけど、新しいチャレンジが続いているなかで、ORANGE RANGEという集団にどんなものを提示したら面白くなるかなと考えて僕は作っています」

── 夏を盛り上げるアッパーな曲を中心に1枚のアルバムでもさまざまなジャンルの音が楽しめる。それぞれに思い入れのある曲を聞いた。

RYO「今、フェスでもお客さんが自然にノッてくれて手ごたえを感じているのが『Special Summer Sale』。シンプルでひねりがなく、自然と体が動く曲ですね。初めて俺たちのライブを見る人でも自然と体が動くのっていいでしょ」

HIROKI「失恋ソングなんだけど、前向きな気持ちになれる『ふぁっきん?ラブソング』。ピュアな曲は世の中にたくさんあるけれど、恋愛ってそんな単純なものじゃなくてもっとドロドロしていて、失恋したときだってすぐに割り切れるものじゃない。リアルな情景が描けたらいいなと思って詞を書きました。曲も含めて、満足いく仕上がりになっていますね」

NAOTO「バカらしいことを楽しんでできた『マイペース』。歌詞と音もマッチしていて、よりバカらしくなったなと。バカらしくていい曲ですよ(笑)。狙ってバカらしいことをするのが昔から好きなんですよ。でも、これは狙ってやってなくて、素直にバカっぽくできたから好きなんです」

YOH「俺は『ソフトテニス』。ゆるゆるとソフトテニスのことを歌っているだけの曲なので、興味があったら聴いてみてください」

HIROKI「なんかめっちゃ興味出てくる! 説明しないほうがいいのか~」

RYO「やっぱりシンプルがいいってことだな」

写真

── 夏フェスへの出演が続き、いよいよ9月からはアルバムを引っさげてのツアーがスタート! オーディエンスと一体になって楽しめるライブが期待できそうだ。

HIROKI「まだツアーをどうしようかというところまでいっていないのですが、アルバムを聴いて遊びに来てくれる人たちと、僕たちが考えていることってかけ離れてはいないと思うんです。求められることを裏切っていきたいという思いもあまりなくて、わかりやすいライブができたらなと思っています」

RYO「まずは夏フェスで盛り上がって、みんなと楽しみたいですね」

── 夏フェスでは苦い思い出もあるとか……。

NAOTO「フェスのバッグステージにはケータリングで食べ物や飲み物がいっぱいあるんですけど、ま、無料なわけですよ。夏フェスといういつもとは違う場所でテンションも上がりますし、無料なんで(笑)ついついお酒が進んでしまい……。移動で車に乗った瞬間、吐き気をもよおしまして……」

RYO「様子がおかしいなと思ってたけど、車を止めてからトイレに向かうまでのダッシュがすごかったね。走る姿なんてほとんど見たことないけど、ダッシュでしたから(笑)」

HIROKI「フェスにもよりますけど、みんなで楽屋を使うことがあって。僕らよりも先輩の方たちが多いとどこにいていいかわからなくなるんですよ。人見知りっていうのもあるし。この前も、楽屋ではなく外にいい木陰を見つけてみんなで待機していたんですが、気づくとRYOがいなくて」

RYO「トイレの前にずっと座ってました(笑)」

HIROKI「いかにも“オレ、音楽聴いてるんで”って感じだったのがおかしくって」

RYO「初めてのフェスだとよけい、人見知りが発動してダメですね」

── ドライブやBBQ、海など、みんなの夏を盛り上げてくれること必至の『spark』。メンバーの夏の思い出を聞いてみると……。

HIROKI「6月にみんなで宮古島にフェスで行ったんですよ。男5人で夜のビーチに行ったというさびしい思い出ですね(笑)。マネージャーが花火を買ってきて、さらにさびしさが募りました」

YOH「僕はそのとき、昼間ですけど小学生たちとくらげを集めたっけ。なぜか好かれたんですよね、子どもたちに」

写真

── 夏フェスで手ごたえを感じ、アルバムも好調。9月からのツアーがますます楽しみだ。ツアーに向けての意気込みを最後に聞いた。

YOH「初めて行く街もあるので、楽しみですね。いいアルバムができたので、それを届けに行きます! ぜひ遊びにきてください」

HIROKI「何も考えずに楽しめるアルバムだし、歌詞にある『バカになろうぜ』というメッセージがストレートに伝わるのではと思っています。ライブが終わったあとに素直に“楽しかったね”と言ってもらえるステージにしたいです」

RYO「今回は俺たちとみんなとの距離が近くに感じられると思います。俺たちも裸に近い状態でつくったので、人間味も感じられるはず。ライブで会ったときに、距離を感じさせないものができたらと思っています」

NAOTO「わかりやすい曲が多いので、みんなで一緒に騒ぎたいですね。いい汗かいてバカ騒ぎしましょう!」

※YAMATOは体調不良のため欠席。

Writing:岩淵美樹


「スターダストWEB」ではコメント動画を配信中!
詳しくはフューチャーフォンorスマートフォンからアクセス!!
http://stardust-web.mobi/

写真

INFORMATION

ALBUM

New ALBUM『spark』

7月24日発売!

●完全初回生産限定盤(CD+DVD)
3,990円(税込)

■完全初回生産限定盤特典DVD
収録時間60分を超える豪華DVD
・オボロナアゲハ Music Video
・もしも Music Video
・LIVE TOUR 012 NEO POP STANDARD より、2012年7月4日 渋谷公会堂でのライブを12曲収録
・RWD← SCREAM 013より、2013年2月23日 ZEPP TOKYOでのライブから「オボロナアゲハ」を収録

【DVD収録内容】
01. オボロナアゲハ Music Video
02. もしも Music Video
-LIVE TOUR 012 NEO POP STANDARD at 渋谷公会堂 July 4th, 2012-
03. Restart
04. Subway
05. Hello Sunshine Hello Future
06. Deep Blue Sea Flower
07. Lion
08. Baby Baby
09. Warning
10. Dry Hard
11. Backpack
12. Soul to Soul
13. Magical Mystery Hunter
14. サディスティックサマー
-RWD← SCREM 013 at ZEPP TOKYO Feb. 23rd, 2013-
15. オボロナアゲハ

amazon.co.jpへ


●通常盤(CD)
3,045円(税込)

amazon.co.jpへ


全曲打ち込み主体のサウンドに注目が集まった前作「NEO POP STANDARD」から一転。無駄なものをそぎ落としたシンプルなバウンドサウンドに仕上がっている。ORANGE RANGEらしさが存分に楽しめる、まさに「spark」した作品。

【収録曲】
01. Show Time
02. マイペース
03. サディスティックサマー[spark mix]
04. Special Summer Sale
05. リフラフ
06. トーキョーガールズコネクション
07. Suck it!
08. ふぁっきん?ラブソング
09. もしも
10. ソフトテニス
11. オボロナアゲハ
12. そばにいつでも

写真

●完全初回生産限定盤


写真

●通常盤

ALBUM

Live Album
『LIVE TOUR 012 NEO POP STANDARD』
(iTunes Store限定)

7月24日配信リリース!

単曲250円/1,500円

アルバム「spark」の特典DVD に収録の「LIVE TOUR 012 NEO POP STANDARD at 渋谷公会堂 July 4th ,2012」を、LIVE ALBUMとしてiTunes Storeにて限定配信!
全曲打ち込み主体によるアルバム「NEO POP STANDARD」をバンドアレンジに落とし込み、作品とは違った新たな魅力で構築し全国を回ったツー「ORANGE RANGE LIVE TOUR 012 ~NEO POP STANDARD~」より、2012年7月4日の渋谷公会堂公演を収録。
ボーナストラックとして、メンバー自らによる面白くも深い生の話が聴ける解説「VOICE LINER NOTES from ORANGE RANGE」も収録!

※iTunes Storeでのみダウンロードできます。

【収録曲】
01. Restart
02. Subway
03. Hello Sunshine Hello Future
04. Deep Blue Sea Flower
05. Lion
06. Baby Baby
07. Warning
08. Dry Hard
09. Backpack
10. Soul to Soul
11. Magical Mystery Hunter
12. サディスティックサマー
Bonus Tr. VOICE LINER NOTES from ORANGE RANGE

写真

LIVE

『ORANGE RANGE LIVE TOUR 013 ~spark~』開催!!

メンバー曰く"ハジけた" バンドサウンドに仕上げられた新作アルバム『spark』を掲げ9月14日(土)より埼玉・サンシティ越谷市民ホールを皮切りに、全27カ所30公演の全国ツアー「ORANGE RANGE LIVE TOUR 013 ~spark~」の開催決定!!

詳細はこちら

関連キーワード:

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧