shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
PrizmaXがニューシングル『yours』を2月14日にリリースする。初のドラマ主題歌となる本作の聞きどころ、今後のPrizmaXについて語ってもらった。

迷っている時点で来るしかないと思うので、ぜひライブに遊びにきてください

写真

―― テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』の主題歌となる『yours』。初めて楽曲を聞いた時の感想をリーダーの黒川ティムはこう語る。

黒川ティム「レコーディングをする前にドラマの主題歌になることが決まっていたんですけど、ドラマの主題歌は自分の中でもかなりレベルが高くてプレッシャーがありました。今までのPrizmaXの楽曲と違ってドラマのために作られている楽曲ですし、ある意味挑戦で1つ1つの音を完璧に歌わなければならなかったのでいつもより緊張したんですけど、すごく素敵な曲だし、歌詞も最高でパワーを感じるものだったので、それに負けないように自信を持って歌い切ることができました。全部が難しかったですが、2番の頭で自分の声が強く出るところはブース入る前にどう歌おうかと考えて自分の中でいろいろ決めていて、それができたからいい楽曲に仕上がったと思います。レコーディングはとても楽しくできました」

写真

―― 完成した曲を聞いて、同じくボーカルの森崎ウィンはこう語る。

森崎ウィン「毎回作品が出来上がって聞くと「こうすれば良かった、もっとこうしたい」という反省がつきないのが正直なところ。ただ周りからすごくいい出来になったという話をいただいて、ホリック(PrizmaXのファンの名称)含め僕らの一番近くにいる人を信じるという意味ではいいものができたと自信を持って言えると思います。ドラマの主題歌と聞いて、レコーディングの時にみんなで「すごいね!」とは話していたんですけど、正直あまり実感が湧いていないんです。ただ、僕らが作った作品がCDやライブだけでなく、他の作品の手助けになれたのは歌い手としてすごく嬉しいです」

写真

―― 清水大樹は、『yours』のラップパートで作詞にも参加している。歌詞を書く上で難しかった点とは。

清水大樹「『yours』のデモテープをいただいた時に歌詞が2パターンあって、まだどっちでいくかわからない状態でした。歌詞の内容に関するリクエストはなく、口ずさめるようなキャッチーなラップにしてほしいとだけ言われていたのでそこは意識しました。ドラマの内容を意識して書いたわけではないんですけど、1話を見たら内容にも合っていて良かったです。曲のラストをラップで終わらせる時に最後のワードがすごく悩むんですけど、自分の中ではいい世界観で書けたかなと思います。僕らのことを知らない人にも知ってもらえる代表的な楽曲になりました」

写真

―― 『yours』の振り付けはRADIO FISHのFISHBOYが担当。普段自分たちで振り付けも行うPrizmaXだが、本作の振り付けはどうだったのだろう。

島田翼「PrizmaXでデビューする前からFISHBOYさんのことは知っていて、FISHBOYさんがジャッジされていたバトルに出たことがあり憧れの存在だったので、今回一緒にできることが嬉しくて。普段振り付けをされているコリオグラファーという立ち位置ではありませんが、ストーリーがあるような楽曲に対してどう振り付けるのか興味があったし、実際やってみたらすごく踊りやすく、スムーズで気持ちよく踊れています」

福本有希「カップリングの曲はすごく複雑な振りが多いんですけど『yours』はシンプルでその中で楽曲の世界観をすごく出しやすいと思います」

大樹「でも、シンプルだからこそ難しい」

翼「空白があるぶん、自分で穴埋めしなくてはいけない部分があって。自分の味を出せるので、そこが楽しいですけど」

写真

―― 作年末に行われたワンマンライブやリリースイベントですでに、『yours』を披露しているが、お客さんの反応は。

ティム「ホリックは音楽好きの方が多くて、英語も含めて一つ一つの歌詞を覚えて一緒に歌ってくれるんです。『yours』も好きでいてくれることが伝わってすごく嬉しいです」

ウィン「他のEBiDANグループのファンの方や楽曲を知ってくれている方が来てくれた時にキャッチーなものが1つあるので、心強いです」

写真

―― ウィンはカップリングに収録されている「夢唄」を作詞、作曲。自身とても気に入った1曲が完成したという。

ウィン「今回3形態やるので1曲書いて欲しいとマネージャーさんから言われ、そう言われることが僕にとっては嬉しくて。作るなら三拍子をやりたいなと思って、最初はもっとR&Bっぽいものをイメージしていたんですけど、書いていくうちにどんどんイメージが膨らんで思ったより可愛らしい曲に仕上がりました。「名曲を生んでしまった」と自画自賛するくらい気に入っていて、寝る前によく聴いてるんです。大人数でアカペラでも歌える曲にしたかったんですけど、ボーカルは2人しかいないし、ティムと声が似ているので、大変でした(笑)。Little Glee Monster のアカペラアレンジをされているINSPiの吉田圭介さんが知り合いでアカペラのハモリアレンジをしてくだって、レコーディングはすごく楽しかったです」

ティム「僕も今回のシングルの3曲の中では一番好きですね。本当にレコーディングはすごく大変だったんですよ。でも、2人だけで今までにないくらいたくさんのキーを歌って、ただただ楽しかったです」

写真

―― PrizmaXが結成されて15年。様々な経験を経て変わったこと、変わらないこととは。

ティム「路上でパフォーマンスをやっていた時代から応援してくれている当時中学生、高校生だったファンの方が結婚して子供が生まれて、子供に音楽にちなんだ名前を付けたと聞くと俺が影響しているのかなと思うんですけど(笑)、とにかくすごく嬉しいです。「幸せになってくれてありがとう」って思いますね」

大樹「口で説明できることではないんですけど、メンバーのあうんの呼吸が強いのは確かだし、場数を踏んできているから言わなくてもわかることもある。余裕をぶっこいているとダメになっていく課程も経験してるので、常に意識は高くパフォーマンスを維持して、良くも悪くも向上心をもってやっていきたいです」

有希「最初の頃は目立ちたいという気持ちで個人プレイが多かったんですけど、ここ数年は出る所と、相手を立たせる所のメリハリができるようになったので、成長したって思います」

写真

―― 長い時間を過ごして来たメンバーがどんな関係かを聞いてみると照れながらこう答えてくれた。

ウィン「PrizmaXとは、僕の酸素ですね。“なくてはならないもの”。こいつらの前で言うのはすごく恥ずかしい(笑)」

―― その姿に仲の良さを感じるが、「よく言われるんですけど、ただの仲の良さとは違うんです」と教えてくれた。

ウィン「常にメンバーでいろいろな話をしてますね。飲みに行ってリーダーが「今日は仕事の話なし」って言うんですけど、結局30分後には「次のライブどうする?」って話をしています(笑)」

ティム「ケンカをしてウザイと思うこともあるんですけど、兄弟のようなものなんで、嫌いになることはないです。付き合いが長いし、大人なんで、みんなが1つの気持ちにならないとダメだとわかっているし、そういうことに時間かけることもない。リーダーとしてどうなのって思われるかもしれないですけど、「自分でどうにかしろ」って言いますね。兄弟の兄貴って嫌われてもいいから「こうしろ」っていう役割じゃないですか。仕事仲間なのか、家族なのかの境界線が難しくて、何があっても好きだし、もうそういうところまでいってるんですよね。だから、仲が良いねって言われると恥ずかしいです」

写真

―― 最後に、ドラマの主題歌やこのインタビューをきっかけにPrizmaXを知ってくださったみなさんへメッセージを聞いた。

ウィン「癒されたいならPrizmaXのライブに来てください、って(大爆笑)。EBiDAN THE LIVEなどをきっかけにライブに来てくれた人の気持ちをつかみにいかなければいけない時に『yours』という楽曲を歌えることができてすごく嬉しいです。絶対俺らは離さないし、1回ライブに見に来てもらえれば5人の良さを100パーセント伝えられる自信しかないので、ぜひライブに足を運んでください」

大樹「PrizmaXは曲がすごく良いってメンバー全員胸を張って言えます。ライブに来てもらうのにはパフォーマンスが一番大切だと思っていて、曲を聞いてるだけでは物足りなくなるようなライブを目指して毎回やっています。楽しいのでまずはライブ会場に足を運んでほしいと思います」

翼「今回、ドラマでPrizmaXという名前を全く知らない人たちに届く機会が増えていると思うので、興味持ってくれる部分があったら他の曲も聴いて欲しい。そうしたらいろんなことをやっていることが伝わると思います。1つでも興味を持ってくれたらライブに来てほしくて、“こいつら楽しそうだなー”、“音楽好きなんだな”と惹きつけられる自信があるし、1回来てくれたらリピートして来てくれるように創意工夫をしてやっています。ホリックの年齢も幅広いので、気軽に1回ライブに来て、自由な空気の中楽しんでほしいなと思います」

写真

有希「今までは知ってもらう機会が対バンライブやリリースイベントなどで見た目から入って、聞けば曲が良いっていうのが流れだったと思うのですが、ドラマの主題歌は逆で、曲が良いと思ってもまさかダンスボーカルユニットが歌っているなんて想像がつかない人もいると思うし、ドラマを見ている人はドラマの世界観で見ていると思うので、まずその曲に惚れて僕らのMVなどを見て、ギャップを感じてもらえると嬉しいです。最初から全部見てもらうのは難しいと思うけど、一生懸命やっていれば伝わる部分があると思うので、生感や人間らしさを伝えられればと思います」

ティム「いつも言っていることなのですが、PrizmaXはライブを一番大切にしています。ライブに行く人たちは絶対に音楽が好きで、ライブの何が良いというと、楽曲やそのアーティストが好きというのもあると思うのですが、何よりその空間だと思うんです。ドラマを見て楽曲が好きだと思ったら、ドラマのタイトル「明日の君がもっと好き」のようにライブに来ることによってPrizmaXを好きになっていただけると思います。主題歌は3人の声しか入ってないですけど、まだ2人メンバーがいますからね!ライブに来てくれるのは本当に難しいとわかっているからこそ、ライブに初めて来てくれた時にどれだけ好きになってもらえるかをパフォーマーとして、エンターティナーとして一番大事に考えています。プラスしてホリックというすばらしいコミュニティがあるんです。時々言われるんです、「PrizmaXよりホリックを押したい。PrizmaXがいたから、ホリックのベストフレンドができて、すごく幸せ」って。それを見ているとすごく幸せで。迷っている時点で来るしかないと思いますので、ぜひライブに遊びにきてください」


インフォメーション

写真
TYPE-A
写真
TYPE-B
写真
TYPE-C

SINGLE

『yours』

2月14日(水)リリース


テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』主題歌

■TYPE-A
ZXRC-1132/¥1,000(税込)
1.yours
2.Memory (2017/12/23 日本青年館LIVE テーマソング・BS朝日『テイバン・タイムズ』エンディングテーマ)

■TYPE-B
ZXRC-1133/¥1,000(税込)
1.yours
2.Are you ready?

■TYPE-C
ZXRC-1134/¥1,000(税込)
1.yours
2.夢唄



LIVE

『PrizmaX Hall Tour Level 7 ~FUSION~』


2018年6月2日(土)【大阪】NHK大阪ホール
2018年6月16日(土)【千葉】市川市文化会館 大ホール

■詳細:http://www.prizmax.tokyo/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2018/2/23(金)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top