shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
ORANGE RANGEのボーカル、RYOが待望の初・ソロアルバムを完成させた。「DELIGHT」というタイトルを冠したそのアルバムは、色々な人への感謝が詰まった珠玉の1枚。トラックメーカー・DJ KEINとの息の合ったコラボレーション曲は、プロデューサーにシライシ紗トリを迎え、ソウルやファンクの骨太サウンドに進化した。長年の盟友、N.O.B.U!!!やハワイ島出身の兄弟デュオ・Kina & Kalani、元キマグレンのISEKI、果山サキなど、豪華なアーティストたちとの競演も見ものだ。
これまでバンドのボーカルでありながら、ソロで歌うことは“修行”だというRYO。アルバムを完成させたばかりの彼に、その心境と、楽曲への想いを語ってもらった。

DELIGHT、祝福。
仲間たちへの感謝を込めた1枚

写真

―― 初のフルアルバムが完成しました!

「2年前ぐらいから何曲か自分の曲はあって、クラブイベントなんかで流してたんです。ただ、歌に関しては“修行”という気持ちが強かったし、アルバムを出そうなんて思っていなかった。でも、シライシ紗トリさんがサウンドプロデュースしてくれる話になって、徐々に形になっていって。」

―― 制作はいつ頃から行われていたのでしょうか。

「今年の2~3月ぐらいです。シライシさんと一緒にスタジオに入り始めて。」

―― 全曲通して聴くと、クラブっぽくもあったり、南国テイストがあったりと、とにかく明るくて風通しのいいアルバムだなという印象がありました。アルバムタイトルの「DELIGHT」にはどういう意味があるのでしょう。

「先ほども少し言ったんですけど、僕にとってはソロで歌を歌うこと自体が修行の場。その中で、「出来る人になるためには」ということがソロ活動のひとつのテーマだったんです。「出」「来」る「人」って書いて、「デライト」。それだとちょっと締まらないかなあとDJ KEINと色々話をしていて、「DELIGHT」ってどうだろう?と。“いろんな人が祝福してくれる”みたいな意味もあるらしいし、じゃあそれだ!って。」

―― いろんな人、というのは身の回りの仲間たちということでしょうか。

「そうですね。今回のアルバムには、古くからの友人がたくさん関わってくれているんです。ジャケットを書いてくれたKento Yukizakiは、「DRIVE」に参加してくれてるN.O.B.U!!!がいたバンドで、ギターを弾いてたヤツなんですよ。今はグラフィックをやるようになっていて。」

―― そうなんですね。

「MV「夏だぜジョニー」の後ろで踊ってるキッズダンサーも、知り合いが教えてる生徒たち。同級生の子供たちがアクターズからストリートに移って、教室を立ち上げたんですよね。そうやって腐らずにやってきた仲間たちがたくさん参加してくれていて、本当に感謝しています。」

―― ちなみに、今回ORANGE RANGEでもアルバム『TEN』(2015年8月26日発売)を制作されていましたよね。同時に進行されるのは大変ではなかったですか?

「作っている時はテンションも上がるから全然大丈夫なんですけど、作ったあとが大変。ORANGE RANGEはツアーが始まるし、ソロではリリースパーティもあるから……。」

―― それぞれの棲み分けはありますか?

「一番最初に考えてたのが、「曲を知らない人をどう盛り上げるか」だったんです。例えば「夏だぜジョニー」なんて、すごくわかりやすい曲ですよね。そういうことを考えながら作ったので、知らない人でも通して聴けて、楽しめるアルバムになっていると思います。」

写真

<DELIGHT楽曲解説>

◎~DELIGHT~

―― これはinterlude的というか、始まりの緩い空気感がいいですね。全体的に南米のような、沖縄のようなリズムが入っていて。

「この曲が出来たのはいちばん最後です。もともとは歌を入れる予定はなかったんですけど、音を聴いてたらやっぱり入れたくなって。でも導入の曲なので、全体的にちょっと短めです。」

―― 冒頭部分の台詞もセクシーですよね。モデルの湊ジュリアナさんが喋っていらっしゃると聞きました。

「本当は自分で喋る予定だったんですけど、何を言っているかわからないぐらいの言葉のほうがいいよねって。それで、ポルトガル語なんてどうだろう、誰かいないかなって探してたら、シライシさんがジュリアナちゃんと知り合いだったんですよ。」

―― あれはどういう意味なんですか?

「「もっと盛り上がろう」みたいな、ごく普通のことなんです。それが普通に聴こえないところがいいのかなって。」

◎Pump it up

―― 続く2曲目はワッと盛り上がりますね。

「クラブイベントで自分のひとつ前の人が盛り上がっているときに、それに負けないようなパーティチューンを用意しておきたいなと思っていたんです。いつも次の3曲目の「GLAMOROUS RIDDIM」から始めることが多かったんですけど、けっこう緩い入り方なので、もっと上がる曲を作ろうと。」

◎GLAMOROUS RIDDIM

―― この曲は、アルバムを作る前からずっと歌っている曲ですよね。

「そうですね、変わったのはトラックがバンドになったところです。今までのお客さんは打ち込みに慣れているので驚くかもしれないですけど、これが「DELIGHT」になってからの変化なんだなって思ってもらえたら。いつかライブでも生バンドで演奏したいです。」

◎夏だぜジョニー

―― 私立恵比寿中学(以下エビ中)に提供した楽曲のセルフカバーですが、もともとエビ中用に書いていたものなんでしょうか。

「途中からです。曲を書いている途中でお話をいただいたので、歌詞は2番ぐらいからエビ中さんに寄っていっています。想像がバンバン湧いてきて、ちょっと女の子目線で(笑)。」

―― 確かに歌詞を見るとそうですね(笑)。“RYOバージョン”を聴くと、違和感は全く、元気なサマーチューンで。

「ベタな夏の曲、みたいなものを作りたかったんです。今ORANGE RANGEがけっこうひねってくるので、ベタなストレートさがあったほうがいいかなと。」

―― 楽器数も多いし、トラックが豪華です。

「エビ中さんの録音を見に行ったんですけど、生バンドの迫力がすごかったんですよ。僕の曲でも、そこで演奏しているメンバーのうち何人かが参加してくれています。」

写真

◎愛のキセキ with 果山サキ

―― こちらはシンガーの果山サキさんと一緒の曲です。

「彼女とは共通の知り合いが多くて、前からやりましょうって話はしていたんですけど、タイミングがなかったんです。今回やっと実現しました。」

―― 他のトラックと比べて、少し曲調が違う雰囲気がありますが…。

「この曲だけ、ケツメイシさんやFUNKEY MONKEY BABYSさんをプロデュースしているYANAGIMAN(ヤナギマン)さんが参加してくださってるんです。そのへんの違いも味わってみてほしいです。」

―― ライブでも盛り上がりそうです。

「パーティチューンなんで、いつもお客さんをステージにあげたりしてますね。この曲が中盤に入ると盛り上がる。流れに変化をつけられる曲なんです。」

◎hisper feat. ISEKI

―― これは元キマグレンのISEKIさんと一緒に歌っている曲ですね。

「ISEKIさんとはフェスで会うことはあったんですけど、ガッツリお仕事っていうのは初でした。ただ、フィーリングはすごく合ったと思います。」

―― ちょっとテイストが違うように感じます。

「大変でしたねえ。この曲、“大人なエロス”みたいなものを追求して書いたのですが、ISEKIさんって、いつも裸足で歌ってる感じじゃないですか。エロさだったり大人な感じだったりっていうのが、お互い無いんですよ。それを絞り出そう、みたいな(笑)。」

―― ではかなり歌入れにも時間が……。

「かかりましたね。あとリリックが大変でした。それぞれ自分のところは自分で、よーいどんで書いたんですけど、何を書いていいのかわからなかったです(笑)。」

◎SHAKE IT

―― こちらもソロ制作前からあった曲という。

「そうです。DJ KEINのトラックで、「Oh Shake it Oh Shake it」っていう部分ではオーディエンスとのレスポンスも楽しめるので、ライブには欠かせない曲になっています。」

◎Go! Go!

―― すごくテンションの上がる楽曲ですね。

「単純に、ライブでお客さんと「Go! Go!」って言いたかっただけっていう(笑)。間のRAPのところなんて、いつも何も決めてないで「Go! Go!」って言わせてRAPして、また「Go! Go!」でラップして……、っていう感じだったんです。」

―― ライブごとにRAPの内容は変わってたんですね。ではライブではこれからも変化していくと。

「そうですね。変わるかもしれないです。」

―― 歌詞も骨太で男らしい印象です。

「そうなんです。自分がバンドを始めるまでの話を綴っているので、そこを意識してもらうと面白いかもしれないです。」

◎Tim Don!-Don! (DELIGHT MIX)

「DJ KEINと出会って、いちばん最初にできた曲です。沖縄のことを歌った歌。もっと南国で、クラブ寄りだったんですけど、シライシさんが音をちょっとアレンジしてくれているので、すっきりしてわかりやすくなっています。収録している音はかなりポップになってます。お客さんにカチャーシーを踊らせたりするんですよ。」

―― 三線の音も聴こえますね。

「三線を弾いていただいたのは、嘉手納町の町長さんなんです。DJ KEINが嘉手納に住んでいることもあって、いつも沖縄に帰ったときは嘉手納でレコーディングをしてるんですよね。町長さんはすごく気さくで、普通に夜の呑みにもいらっしゃる方で、ある時三線を弾いていらっしゃるのを見た時に、「僕の曲でも弾いてくれませんか?」って尋ねたら「おー、いいよいいよ」って。ちゃんとクレジットも入っています。」

―― 町長さんが三線を弾けるとは……! さすが沖縄です。

「でも、沖縄ではそんなに珍しいことでもないんですよ。50~60代ぐらいの方々のうち、半分ぐらいは弾けるんじゃないかな。」

◎pā mai ti-da feat. Kina & Kalani

―― これは、ハワイと沖縄の両方がうまく詰まってるなって。

「ハワイと沖縄を合わせてみようよっていう話になって、Kina & Kalaniさんたちがレコーディングに家族を連れてきてくれて、すごくアットホームなところから始まったんです。打ち解けるまで時間かかるかなと思っていたのでが、思ったより早かったですね。大変だったのはハワイ独特の訛りぐらいで。」

―― 両方の言葉がうまく合わさってますよね。

「そうですね。南国の共通点があるのかもしれないです。」

写真

◎DRIVE feat. N.O.B.U!!!

―― この曲は非常に思い入れが強いと伺っています。

「アルバムの中でいちばん象徴的な曲です。今回のアルバムは“いろんな人に助けられている”っていうことがすごく大きなテーマになっていて、歌詞もそういう意味のことを書きました。特に、この曲に参加してくれているN.O.B.U!!!とは13年ぐらいの仲で、当時彼は14歳で、ORANGE RANGEの前座のバンドにドラムとして参加してたんです。でも4年後ぐらいに会ったら歌い手になっていて、一緒のステージに立つことも増えた。」

―― 同じ歌い手になったんですね。

「N.O.B.U!!!には「ずっと昔から、腐らずに一緒に頑張って来たなあ」っていう気持ちがすごくあって。だから、再会して笑い会える、そういう感じの曲になっています。」

◎My Love

―― 12曲目で、しっとりした曲ですね。チルアウトというか。

「けっこう後半に書いた曲です。あ、そういえばバラードないや!って(笑)。実は遅れましてのプロポーズです(笑)僕、結婚して7年経つんですけど、プロポーズしてなかったんで……。」

―― 奥さまの反応は?

「どうなんだろう、気づいてないみたいです(笑)。」

◎GLAMOROUS RIDDIM -REPRISE-

「「夏だぜジョニー」の演奏をしてくれた人たちが、この曲のトラックでも参加してくれています。今回、シライシさんと一緒に制作をしたんですけど、ふたりともハマっていたのが80年代だとか、ソウルとかファンクだったんです。クラブで流していたときは打ち込みだったんですけど、全体的に生音が増えて、少し大人な雰囲気にまとまった気がします。」

―― 最後の曲ですし、アルバム「DELIGHT」の印象が強く残ります。

「そう言ってもらえると嬉しいです。この曲で終わって、それが1曲目に繋がるようなイメージになっています。」

<「from ORANGE RANGE」という揺るがない軸>

―― これからもソロ活動は続けられていくんですよね。

「そうですね。引き続き修行ですけど、頑張っていきたいと思っています。」

―― 名義を「RYO from ORANGE RANGE」としているところも印象的でした。あくまで自分の立ち位置はORANGE RANGEなんだという。

「ソロで得たものをORANGE RANGEにも還元して、回っていくといいのかなって。そのスタンスは変わらずに続けていきたいと思っています。」


Writing:飯田ネオ

インフォメーション

写真

ALBUM

『DELIGHT』

発売中!


CRCP-40429
価格:2,778円+税

【収録曲】
01.~ DELIGHT ~
02.Pump it up
03.GLAMOROUS RIDDIM
04.夏だぜジョニー
05.愛のキセキwith 果山サキ
06.Whisper feat. ISEKI
07.SHAKE IT
08.Go! Go!
09.Tim Don!-Don! (DELIGHT MIX)
10.pā mai ti-da feat. Kina & Kalani
11.DRIVE feat. N.O.B.U!!!
12.My Love
13.GLAMOROUS RIDDIM -REPRISE-

▼RYO from ORANGE RANGE 特設サイト
http://orangerange.com/ryo/

「スターダストWEB」にてプレゼント&動画配信中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
さらに、ここでしか見れないコメント動画も配信中!
詳しくは、フューチャーフォンorスマートフォンからアクセス!!
※チェキプレゼントの応募締め切りは2015/10/1(木)23:59までとなります。
http://stardust-web.mobi/
写真

pagetop

page top