shadow

写真

2013年8月6日更新

  • はてなブックマーク

現在放送中のTBS系金曜ドラマ『なるようになるさ。』の主題歌として話題となっている『バラッド』。指田にとって4枚目となるシングルは、人とのつながり、本当の愛とは何かを問いかけている。歌うことの意味について語ってくれた。

僕の音楽が“生きる力”になってくれたら嬉しいです

写真

── 心にズキズキと突き刺さる言葉が並び、聴く人に“愛とは何か”を問いかける新曲『バラッド』。歌詞だけを読むとネガティブモード。しかし、指田のやさしい声にのると、聴き終わったあとにはうっすらと希望の光が見える不思議な魅力を持った曲だ。

「普段から歌詞を書くときは、自分が経験したことをどこかに入れているのですが、最近は本を読んだり、映画を観たりしてそこからインスパイアされることもあります。今回はドラマの主題歌ということで、脚本をいただいてそこから世界を広げていったのですが、すぐに“愛”というキーワードが浮かんだんです。愛という大きなテーマを自分なりにどう表現するかと考えたときに、人と人とのパーソナルなつながりを描けたらと思いました。TwitterなどSNSを見ていると、人ってつながっているようでそうでもないのかなと感じていて。みんな、SNSを通じてつながりや自分の居場所を探しているんじゃないかなと。愛ってなんだろうと、改めて考えたいなと思って投げかけるような詞になりました」

── “愛”をテーマにした歌があふれる世の中。指田が考える“愛”とは……。

「難しいですよね。だからこそ歌にしたというのはあるんです。今、思うのは見つかりにくい場所にあって、ふとした瞬間に感じるものなのかなって。“愛している”という言葉じゃなく、日常の何気ない会話や行動のなかにひそんでいる気がします。“愛は何処にありますか?”と問いかけていますが、僕は歌うなかで日々、実感しています。たとえば、新曲を聴いてメッセージをくれる人がいるとか、ライブで涙を流しながら聴いてくれる人がいる。そんなことでつながり、愛を感じているんです」

写真

── 人とのつながりを実感している指田だが、中学時代は心を閉ざしていたこともあった。そんな時にラジオから流れてきた山下達郎さんの『蒼氓(そうぼう)』を聴いて心のもやが晴れたという。歌には人生を変える力がある。それを体験している指田だからこそ、説得力のある歌詞が生まれるのかもしれない。

「ふと耳に入ったフレーズが、自分の殻に閉じこもっていた僕を解放してくれたんです。生きろ!っていわれている気がして。そこから本格的に歌手を目指して、その夢が人見知りの僕の背中をいつも押してくれていました。ようやく、自分の思いを人に伝えられる立場になったので、これからは人の心に残る歌を歌えるシンガーになりたいなと思っています。歌詞を書くときも曲を作るときも、そしてライブで歌うときも常に“生きる力”を心に持っています。音楽だけで人を動かすことはできないかもしれないけれど、生きる活力になったり、何かを始めるきっかけになることもある。僕がそうであったように……。だから、少しでも発信できたらいいですよね」

── 「僕は僕が大嫌いで~」という歌詞にもドキっとする。指田自身も嫌いなところだらけというが……。

「好きなところはあまりないんですよ。人見知りのところも嫌いですし。でも、これをやるって決めたら諦めずにとことんやるところは好きかなって最近は思い始めています。自分自身のことってなかなかわからないんですけどね。特に、友達といるとわからなくなるから、時々ひとりで旅に出て見つめ直すんです。昔から、ひとり旅が好きで、旅に出ると自分と向き合うことができるし、“オレってこんなこともできるんだ”とか“こういうの好きかも”って新たな発見もあって楽しいんですよ。最近は、ひとりになることを怖がる人も多いみたいだけど、ひとりって悪いことじゃないと思うんですよね。ひとり旅はお薦めです!!」

写真

── 自転車でふらりと出かけるのも好きという。そんなときに名曲が生まれているとかいないとか。

「よし、曲を作ろうとピアノの前に座っても出てこないんですよ(笑)。そんな時は1~2時間くらい自転車に乗って近所を走るんです。そうすると不思議とメロディが浮かんでくる。電車に乗っているときや歩いているときもそう。ただ、電車でメロディが浮かんできたときは大変で、すぐに録音したいけど、大きな声で歌うわけにもいかなくて(笑)。怪しい人にならない程度に歌っています。きっと、みなさんも鼻歌を歌っているときに名曲が生まれていると思いますよ!」

── 愛とは何かを問いかけた『バラッド』。聴いた人がどうとらえるか、どんな反応が返ってくるか楽しみだという。

「ネガティブに聞こえるかもしれないけれど、聴いたときに痛みを感じたのであれば、その痛みの原因は何かを考えてもらえたらいいなと思います。そこに愛とは?の答えがあるかもしれません。そして、ぜひ聴いた感想をいただけたら。そこで僕とみなさんのつながりができると思うんです。アンサーソングまではいかなくても、この問いかけに対する応えをいつか表現できたらいいなと思っています」

Writing:岩淵美樹

「スターダストWEB」ではコメント動画を配信中!
詳しくはフューチャーフォンorスマートフォンからアクセス!!

http://stardust-web.mobi/

写真

INFORMATION

SINGLE

4th Single「バラッド」

8月7日発売

ワーナーミュージック・ジャパン

ドラマ『なるようになるさ』の主題歌として書き下ろしたもの。本当の愛とは何かを問いかける心にずしっとくる1曲。7月12日付けのレコチョクのデイリー着うた(R)ランキングでは初登場1位を獲得!

●初回限定盤 1,500円(税込)
[CD+DVD]

【DVD内容】
初のバンド形式のワンマンライブから抜粋したライブ映像ほか、秘蔵ライブ映像を収録
M1.ラブソング @shibuya duo MUSIC EXCHANGE(2012.12.21)
M2.明日になれば @shibuya duo MUSIC EXCHANGE(2012.12.21)
M3.花になれ@7th Floor(2013.6.20)

amazon.co.jpへ


●通常盤 1,000円(税込)
[CD]

amazon.co.jpへ


【収録曲】
M1.バラッド
M2.○月×日なぜか海へ向かう。
M3.バラッド(Instrumental)
M4.○月×日なぜか海へ向かう。(Instrumental)

写真

●初回限定盤


写真

●通常盤

関連キーワード:

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧