shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
現在上演中のロック☆オペラ『サイケデリック・ペイン』で人気バンド“サイケデリック・ペイン”のDJ&Key、麗次を演じている佐藤永典。ステージでは芝居はもちろん全編に渡り本気のバンド演奏も披露する新境地の中、“ROCK”の熱さを大いに享受する日々をエンジョイしている。

タイプの違う表現者が集まっている“みんなが主役”感も、すごく面白いんじゃないかな

写真

―― 今回はなんといってもバンドマンの体現、が大きな課題だったと思いますが…。

「そうですね。バンドとして出るシーンは全て本気で演奏して本気で歌っていますからね。稽古を振り返っても、年末にメンバーで集まって、年明けにPVを撮って、さらに個人練習もしつつ本稽古前の10日間くらいはバンドでがっつりスタジオに入っていましたし…やっぱり、そのあたりの記憶は強烈だなぁ。音楽監督の岡崎司さんは劇団☆新感線でずっと舞台の音楽をやってきている方ですし、布袋寅泰さんの曲に森雪之丞さんの詞ですからね。超一流のクリエイターの方とやってるんだっていうのがホントにすごくて。バンドはベースの慎之助さんはプロなんですけど、あとの僕らはホントにいろいろ言われてヘコんだりもする中、みんなでちょっとずつ進んでいった感じです。最初はちょっとだけ動きながら演奏するだけでもグッチャグチャでしたから(笑)。あと、狭いスタジオで横でドラムを叩かれて、会話も何も聞こえない状態…(笑)。でも不思議なモノでやっているうちに耳がミュージシャンモードになるというか、爆音の中でも普通に喋ったり芝居したりできるようになりましたし、メトロノームに合わせて弾くのも苦手だった自分が“ドラムがあるから安心して弾ける”って思えるようにもなりました。みんな一緒に本番までやれることは全部やりました」

―― 麗次はどんなキャラクターですか?

「そこがまた難しいんですけど、台詞はホントに日常というか普通の台詞が多いんですよ。余計なこととかあまり言わないから、人間関係ってところではわりと普段の役者同士、ふだんの“サイケデリック・ペイン”のメンバーの関係に近いような気がしますね。演出の茅野イサムさんも僕らがやることを拒否しないというか、まずこっちが出していくことを尊重してくれて、“そうするんだったら、もっとこうすれば面白くないか?”と広げてくれる。打ち上げのシーンも…まぁほぼ下ネタですけど(笑)、けっこう弾けてみたりしてもなにも言われず、けっこう自由にやってます。演出家が役者の思いを尊重してくれるので、充実した楽しい稽古でした。具体的に言われたのは“腹筋割れよ”くらいかな(笑)。だからガタイはよくなりましたね」

写真

―― その自由さが、舞台上でバンドが醸し出している“ROCKな空気”につながっているのかもしれないですね。

「そこは実は大変だった部分かもしれないです。茅野さんはホントに熱い方で、あまり細かいところを要求するタイプの演出家さんではないんだけど、“嘘はダメ”“ガチが大事”というのはすごくおっしゃってました。あたりまえのことができないと怒られる(笑)。“人がこうきたらこうなるだろ”とか、“ちゃんとホン(台本)を読めよ”とか。それって一番大事なことだけど、案外おろそかになりがちなところでもあって…そこを見られているのはとても緊張感があったし、自分にとっても改めて為になりましたね。俺が一番傷つくのは“それ、ROCKじゃねぇよ”って言われること(笑)。演奏してるときの空気とか、芝居でもですけど“それじゃ自分のまんまじゃん。ROCKじゃないじゃん”…って言われてもどうすればいいんだっ!?(笑)。一生懸命弾いてても“それじゃずっと下向いてるだけだよな”って言われたり。ただ、そこはもう誰かに教えられて出せるモノでもないので、他のバンドの映像を見たりとか、いろいろ自分で考えて、結局は数をこなしていくしかないし、最後は自分に自信を持つとかそういうことなのかなぁって。演劇としてバンド演奏する難しさも知った気がします。あと、メンバーがいい意味でみんな狂っているのが良かった(笑)。みんなで一緒にやって、誰かが上がるとほかの誰かも上がるっていう相乗効果が一番大きかった。フロントの小越勇輝君はもちろんカッコイイし」

写真

―― 舞台はブッ飛んだ設定と世界観、そして切ないラブストーリーが絡み合う贅沢に楽しいエンタメ。もちろんそこにロックの爆音が響く、個性的なステージに仕上がっています。

「『サイケデリック・ペイン』は物語も歌も音楽もすべてが完全オリジナルですし、そこはカンパニー一同ホントに誇れる部分。爆音でテンション上がるし、雪之丞さんの素晴らしい詞は本当に大事に歌いたいなって思いますし──なにより作品全部が熱い! “なんなのこれ?”ってなにも分からないまま観にきても、絶対楽しめるはずです。もちろん、役者が本気でバンドをやってるのも大きな見どころなので…まぁ始めは勇輝を見ててもいいけど、途中からはちょっと後の俺らのことも見て欲しいかな(笑)。タイプの違う表現者が集まっているので、そこの“みんなが主役”みたいなところもすごく面白いんじゃないかと思います」

―― “サイケデリック・ペイン”が雄弁に奏でる“音”は常に観客の耳に届いてますしね。

「そう! だからもう難しいことは考えずにそこに没頭して前のめりになってもらって…すごく中毒性のある作品なので、気に入ったら何度でも見て欲しいです。俺たちの熱さと…あと天使のソフィちゃん(七木奏音)がホント天使なんで、俺みたいに心の汚れた人間も(笑)、この舞台を観たら心が浄化されると思います。めちゃめちゃ盛り上がって、キレイな心で帰れる舞台。かなりスゴいんで、ぜひ!!」


Writing:横澤由香

インフォメーション

STAGE

ロック☆オペラ『サイケデリック・ペイン』

【東京公演】天王洲 銀河劇場 2015年4月4日(土)~12日(日)
【福岡公演】キャナルシティ劇場 2015年4月17日(金)~19日(日)
【大阪公演】梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2015年4月30日(木)~5月4日(月・祝)

どこか懐かしい近未来。
人気急上昇中のロックバンド“サイケデリック・ペイン”のヴォーカル・詩音の前に現れた謎の美女ソフィ。自らを天使だと言うソフィは“ブレイン・スクエア”のハッキングで毎夜詩音に、「世界を救えるのはあなただけ。あなたが救世主です。」と訴える。
大天使ミカエルを復活させるための3つの鍵、その最後の鍵『救世主(メシア)の孤独』を詩音が隠し持っているというのだ。
いつしかソフィの存在は、人知れず“孤独”を抱えていた詩音の心に、
特別な感情を芽生えさせた。
ある日、異変に気づいた“サイケデリック・ペイン”のギター・魁人に詰め寄られ、詩音はバンドをやめると言いだす。
― 信じ続けたROCK、夢に向かって歩んできた仲間たち・・・それらを捨ててでもソフィを守る。ソフィへの思いは、“愛”に変わっていた。救世主の宿命を背負った詩音と、そんな彼を放っておけない魁人、そしてバンドメンバーは、復活をめぐる“天使”と“悪魔”の争いに巻き込まれていく。
奇しくも“サイケデリック・ペイン”野外音楽堂でのライブ当日。
ついに全ての鍵が揃い、ステージ上で詩音はソフィへの愛を証明するために、
救世主であることを受け入れようとするが・・・


▼公式サイト
http://www.psychedelicpain.jp/


「スターダストWEB」にてプレゼント&動画配信中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
さらに、ここでしか見れないコメント動画も配信中!
詳しくは、フューチャーフォンorスマートフォンからアクセス!!
※チェキプレゼントの応募締め切りは2015/4/19(日)23:59までとなります。
http://stardust-web.mobi/
写真

pagetop

page top