shadow

写真

2013年5月9日更新

  • はてなブックマーク

「フリーター、家を買う。」や「図書館戦争」などで人気の有川浩の同名小説を映画化した話題作『県庁おもてなし課』。この作品で、物語を大きく動かす重要なキャラクターを演じた関めぐみ。舞台となる高知でのロケ中、地元と密接に触れ合い、土佐の女性像に近づいていった彼女に、作品と役どころの魅力を直撃!

役への愛情と高知の人々への思い。すべてが思い出深い作品です

── 『県庁おもてなし課』で、関めぐみが演じるのは、高知に生きる女性、佐和。父が、かつて独創的な観光プランを提唱しながらも県庁を追われ、高知県庁を敵視している。

「一番最初に監督とお話をしたときに、佐和は高知の女性の気質である強さを持っている役だと伺いました。お父さんと県庁の因縁があって、錦戸亮さんが演じる県庁の職員の掛水さんに冷たい態度を取るのですが、気が強い女性とイメージするよりも、自分をしっかり持つことが大事なのではと思いました。撮影が進む中で、佐和として言葉を発することで、佐和の強さを理解していきました」

写真

── 佐和に自分を近づけていく中で、佐和がどんどん好きになっていったと振り返る。

「佐和の生活スタイルーー着ているものや大事にしているものをずっと大切にする純粋さや少女らしさ、またその反面ズバズバものを言ったり、民宿を切り盛りしていたりして成長しているところがいいなと思いました。佐和の生活に、すごく共感しましたね」

── 苦労したのは、高知の言葉である土佐弁。佐和が地元を愛するキャラクターだけに、自然であることを心がけたが…。

「佐和は、地元の高知を愛し、高知に根付いている女性。その自然さを大事にしたいと思い、土佐弁を教えてくださった先生に基礎を教わって、そっくりそのまま言うことを心がけました。でも、土佐弁は、本当に難しかったですね(苦笑)。関西出身の人は周りにいましたので、関西弁は聞き慣れてはいますが、高知の言葉はこういう言葉使いがあるんだと理解できても、使い分けの枝分かれが自分ではなかなか想像できなくて。自分の言葉で反応したい時に、言葉がすっと出てこないんですよね」

── 佐和が敵視する県庁に務め、“おもてなし課”の観光推進プロジェクトに奔走する掛水。 その掛水と佐和の印象的なシーンが二つある。

「掛水さんに水をかけるシーンと、ビンタをするシーンです。佐和は、思ったことがすぐ行動に現れてしまうんです。錦戸亮さんが、二つのシーンともに『思い切りいっていいですよ』って言ってくださったので、では遠慮なくと(笑)。この二つのシーンの佐和は、行動は派手だけど、そういう風にしか表現できないという可愛らしさを感じました。どこか憎めないところを感じてもらえたら嬉しいです」

── 父、清遠を演じる船越英一郎さんと、佐和にとって血のつながりのない兄弟である、人気作家、吉門喬介を演じる高良健吾さん。“家族”の絆を演じた二人とのエピソードは?

「船越さんは、顔合わせで初めてお会いしたとき、『みんな頑張ろう』と率先しておっしゃっていて。本当に大きな心を持った方で、安心して一緒にお芝居ができました。合間合間話しかけてくださるし、食事にも誘ってくださって。そういう信頼関係を築いていく中で、親子を演じられて良かったです。喬兄ちゃん役の高良健吾さんは、落ち着いている方でした。私より年下ですが、お兄ちゃんに見えるときがありました。方言の難しさや普段興味のあることなど、兄弟のたわいない会話をしていましたね」

── 吉門との、あるシーンは、原作を未読でもドキドキしてしまうが、原作のファンにとっては特に楽しみなシーンとなっている。

「原作に忠実に描かれていて、注目していただきたいシーンの1つです。撮影の前は緊張していましたし、不安もありました。原作のイメージを崩さないように、何度も何度も台本を読みました。でも、喬兄ちゃんと向き合ったときに感じる兄弟の距離感など、現場に立たないと分からなかったですね。海に囲まれた景色など、環境も大きかったです。完成したシーンは、佐和とお兄ちゃんの深くて真っすぐな気持ちが伝わってくる、素敵なシーンになったのではないかなと思います」

写真

── ロケ地、高知の思い出はーー?

「いろんなところに行きましたね。佐和が地元の女性ということで、地元の方々とふれ合いたくて、知り合った方におすすめのお店を聞いたりして。自分でもマップを買って、電車とバスを乗り継いで、機織りと紙梳きの体験講座に2日間通いました。地元の方とお話をすると、楽しいし、心強くなるんですよね。本当にみなさん優しくて、感動しました。お料理もおいしくて、映画にも登場する、カツオの塩タタキを食べに行きました。私はカツオが大好きなので、情報を集めていっぱい食べに行きました(笑)」

── 完成した作品を見て。

「思い出深いです。佐和の生活感を共有できたことと、そこに家族がいたこと。そして、高知にいる間、地元の方々とお話したこともあって、また高知に行ったとき『ただいま』って言える作品になりました。掛水さんと多紀ちゃんの歯がゆいやりとりも、想像していた以上に初々しくて、キラキラしていましたね(笑)。最後の最後に、地元の高知の方々の笑顔がスクリーンに映し出されるんですが、いろんな思いがこみ上げてきて、涙が出てきました」

Writing:杉嶋未来

INFORMATION

MOVIE

『県庁おもてなし課』

5月11日(土)全国東宝系にてロードショー

「図書館戦争」などで人気の有川浩の小説を、『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重監督と脚本家・岡田惠和の再タッグで映画化。高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、職員たちが高知の観光振興のためひた走る姿を描く。主演は関ジャニ∞の錦戸亮、彼と一緒に数々の難題に立ち向かうヒロインには堀北真希。


▼公式サイト
http://www.omotenashi-movie.com/

写真

(C)2013 映画「県庁おもてなし課」製作委員会

関連キーワード:

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧