shadow

写真

2012年6月29日更新

  • はてなブックマーク

『ハングリー!』から1クールぶりに、瀧本美織が出演する連続ドラマは『GTO』。90年代にドラマ化されて大ヒットした作品なので、否が応でも注目が集まる中、持ち前の天真爛漫さはそのままに、意気込みを語ってくれた。

初めての学園ドラマなのに、教師役でびっくり!

── 1998年夏にオンエアされた連続ドラマ『GTO』。藤沢とおるのコミックを原作としたこのドラマは、伝説の教師・鬼塚英吉の活躍を描いて最高視聴率35.7%を記録した大ヒット学園ドラマだ。14年の時を経て、火曜10時枠(フジテレビ系列)に『GTO』が帰ってくる。鬼塚を演じるのはEXILEのAKIRA。瀧本美織はヒロインの女教師・冬月あずさ役で、初めての学園ドラマにして教師役に挑戦する。

「『GTO』をやるよ、と知らされたときは、正直、生徒役だろうなと思ったんです。それが、松嶋菜々子さんが演じられていた教師役ということで、びっくりしました。制服を着てお芝居をしてみたかったんですけど(笑)、今はだいぶスーツがしっくりきています」

写真

── 14年前といえば、瀧本はまだ6歳。今回の撮影のために原作を読み、98年版のDVDを見返した。

「鬼塚先生の人との向き合い方や、アツい言葉に感動しました。でも、前作といろいろと比べられるかもしれない、という意味でのプレッシャーはちょっとあります。ただ、私が演じる冬月は原作と同じ新米教師という設定ですし、AKIRAさんの見た目もすごく鬼塚先生っぽいので、今回の方がより原作に近いんじゃないかなって。新しいものをつくりたいですし、前向きに取り組みたいです」

── 98年版の冬月あずさは、表向きはそつなくこなすが、実は教育への情熱はほとんどなく、教職を次の職業へのつなぎ程度にしか考えていない腰掛け教師。一方、瀧本バージョンの冬月先生はかなり設定が変えられている。

「教師になりたくてなった、真面目な新米教師です。生徒のことを『クズ』呼ばわりする教頭先生に対して内心密かに反発を持っているんですけど、目上の人に対して思っていることを言えないタイプ。自分なりに目指す教師像があるんですけど、鬼塚先生にそれを覆されていく。鬼塚先生は乱暴なところもあるので、最初は『何なのこの人、ありえないでしょ』と思うけれど、鬼塚先生の言葉が胸に刺さるし、それで良い方向に変化していくんだと思います。人としても、教師としても」

── 友情や家庭などさまざまな問題を抱えた生徒達に、鬼塚先生が体当たりでぶつかっていく本作。そのエネルギーに教師たちも巻き込まれ、新米教師・あずさの成長も描かれる。ドラマ全体のテイストは、シリアス、コメディ、ハートウォーミングで言うならば、どんな感じだろうか?

「生徒達が抱える問題はシリアスだけど、鬼塚先生のエッチな描写は楽しいと思うので(笑)、いろいろなテイストが、いいバランスで混ざり合ったドラマになると思います」

アツい言葉をはっきり言える先生はカッコイイ

── 物語を牽引するのは鬼塚のアツさ。ある人にとっては「ウザい」キャラクターを、瀧本は肯定する。

「個人的な意見としては、真面目な先生ばかりじゃつまらないし、学校に1人くらいはこういう先生がいたほうが楽しくないですか? 中学生の頃、ここまで乱暴な言動はしないけれど(笑)、良い意味で大ざっぱで器の大きな先生がいました。クラス担任で、自分が顧問の陸上部に誘ってくださった方なのですが、芸能活動のために東京に通うことも理解してくれたし、身体も気遣ってくれる、優しい先生でした」

── ちなみに、記憶に残っている学園ドラマを挙げてもらったところ、2008年にフジテレビ系列で放送された『太陽と海の教室』だという。主人公の教師を演じた織田裕二の教師像もやはりアツかった。

「アツい先生のほうが好きです。こう見えて自分もアツいところがあるので、『一緒に頑張ろう!』という姿に共感します。鬼塚先生のように、アツい言葉をはっきりと言ってくれる先生はなかなかいないから、それを言えることが素晴らしいし、かっこいい。あずさは回が進むにつれて、だんだん鬼塚先生を異性として意識するようになると思うんですけど、その変化が楽しみです」

写真

── インタビューを行ったのはクランクインして4日目とあって、まだ探り探りの状況ながらも、現場はとても楽しそう。座長のAKIRAを中心に、みんなが自然に言葉を交わし合うなか、瀧本は年齢が近い生徒役の役者たちともワイワイ過ごしているという。

「新しい現場に入るときは人との出逢いが楽しみなんですけど、今回の現場もすごくいい雰囲気です。今日、スギちゃんが体育教師役でインされたんですけど、雰囲気だけでおかしくて、テストのときに吹き出してしました(笑)。この間は、AKIRAさんがコーヒーを差し入れてくださいました。EXILEメンバーのTETSUYAさんがコーヒーがお好きらしくて、オリジナルのGTOブレンドをつくってくれたんです。嬉しいですよね。味ですか? まだいただいたばかりで飲めてないんですけど……(笑)」

── アツい夏のアツいドラマはスタートしたばかりだが、現場はすでに、原作や前作という好敵手の存在に刺激されているようだ。

「14年ぶりに『GTO』が帰ってきました。新しいキャラクターも加わってパワーアップした、グレイトなアツいドラマを届けたいなと思います!」

Writing:須永貴子

INFORMATION

TV

フジテレビ系ドラマ『GTO』

2012年7月3日(火)22時スタート

原作:藤沢とおる
出演:AKIRA、瀧本美織、山本裕典、田山涼成、城田優、黒木瞳、ほか


▼公式サイト
http://www.ktv.jp/gto/index.html

写真

(C)関西テレビ

関連キーワード:

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧