shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
人気ファッション誌『Seventeen』の専属モデルオーディションのグランプリ「ミスセブンティーン2013」に選ばれ、現在セブンティーンモデル、そして女優として活躍中の田辺桃子が、映画『恋と嘘』に出演。自身が好むというSF的な世界観を存分に満喫しながら打ち込んだ撮影の日々と、作品に寄せる愛情を語ってもらった。

今、ここに自分は生きているという感覚を学べました

写真

――結婚相手を政府が選ぶ法律が施行された近未来を舞台に、いつもそばにいる“最高”の幼なじみと政府が教えてくれる“最良”の結婚相手の間で揺れる女子高校生の姿を描く『恋と嘘』。最初に台本を読んだとき、「ワクワクした」という。

「もともとSF系の映画が大好きなんですけど、この作品もある意味、非現実的な内容が軸にあって、どんな世界になるんだろうってワクワク感がすごくありました。そして、キャストを知ったとき、森川葵さんとはセブンティーンで少し時期がかぶっていて、卒業されて以来なので、先輩とご一緒することにすごく緊張すると同時に楽しみでした」

写真

――田辺演じる秋帆は、森川演じる主人公・仁坂葵のクラスメイト。もう一人のクラスメイト、小夏も交えて、3人でいつも一緒にいる。森川とのシーンが多く、久々の対面に緊張するも、すぐに和気あいあいとした雰囲気に。

「最初は、私がすごく緊張していてガチガチになってしまいましたね(苦笑)。葵さんはセブンティーンの現場でも、『恋と嘘』の現場でもすごく凛々しくいらして、と同時に、ほんわかしている面もあって、素敵な人だと改めて思いました。あと、私が中学2年生の時出演した「幽かな彼女」という作品で共演した浅川梨奈ちゃんが小夏を演じていて、今回久々に再会できて、お互いテンションが上がりました。葵さんとご一緒できる嬉しさや浅川梨奈ちゃんと久しぶりに会えた喜びを役に活かしながら、3人の空気感を作れたと思います」

――演じる秋帆は、結婚相手を知らされる政府通知を心待ちにしている夢見がちで明るい少女だ。

「葵は明るくてピュアで、小夏はツッコミ担当、そして、一番幼いのは秋帆なんですよね。秋帆は、葵が結婚する2ヶ月後ぐらいに、政府通知がくる設定で、もうすぐ自分に来るんだっていうワクワク感は一番強かったと思うし、憧れがとにかく強い子だなと思いました。ほかの子が持っているものを“いいな、いいな”って言う子がいるじゃないですか。そういうタイプの子を思い浮かべて、お芝居をしました」

写真

――演じる上では「日常感を大切にした」と振り返る。

「教室での3人の会話を意識しました。非日常の中での日常感というコントラストをつけて演じることが大切だと思ったんです。台本を読んだだけでは想像が追いつかなかったのですが、近未来的な話の中でどこまでをファンタジーにするか、どこまで日常感を出すかなど考えました。実際に現場に行って、キャストの方と合わせてみないとわからないところがあったんですけど、葵さんは現場に入った瞬間から仁坂葵という存在でいらしゃったし、それもあってここは小夏の場所、ここは秋帆の場所という意識が持てました。今、ここに自分は生きているという感覚を学べましたし、自分でも大きく感じました」

写真

――『恋と嘘』での自然体の演技に注目。今後、モデルとして、女優として楽しみな存在だが、目標は?

「今は自分の可能性を広げたいと思っていて、限界を決めたくないです。ありきたりなところとか、安パイなところへ、私自身行きがちですが、18歳になったし、もっと自分らしい味というのを強くしていけたらと思っています。「三井のリハウス」のCMの私、「釣りバカ日誌」の私、「セブンティーン」の私が結びつかないみたいで、それはある意味、自分の強みなのかなって。田辺桃子と言ったらこの演技という感じではなく、変化の差が自分の持ち味だと胸を張って言えるようになれたらと思います」

――プライベートでは、8月に18歳の誕生日を迎えた。18歳になって心境の変化は?

「周りの18歳のみんながちゃんとしすぎていて、こんな私が18歳になっていいのかなって(笑)。高校最後の年なんですけど、今だからこそできる表情もそうですし、雰囲気もですけど、ザ・高校生という瞬間を大事にしたいと思っています。どれだけ大人っぽい役でも、高校生のうちはその要素が入っていたらいいなって。体育祭など、高校生らしい学校の行事ももう最後なので参加したいですね」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真
(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

MOVIE

『恋と嘘』

10月14日(土)公開


未来の日本では、政府が国民の遺伝子情報を分析し、最適な結婚相手を通知する超・少子化対策法が施行されていた。高校生の仁坂葵(森川葵)は通知が来るのを心待ちにしていたが、突然、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)から好きだと告白される。彼の思いを知って戸惑う中、政府通知の相手である高千穂蒼佑(佐藤寛太)が現れる。通知と同時に、自由な恋愛は禁止される決まりだったが……。メガホンを取るのは、『今日、恋をはじめます』などの古澤健。共演は『A.I. love you アイラヴユー』などの森川葵、『君の膵臓をたべたい』などの北村匠海、『HiGH&LOW』シリーズなどの佐藤寛太ら。

▼公式サイト
http://koiuso.jp/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/10/23(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top