shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
目、鼻、口の大きさや形をみれば、その人の性格や恋愛傾向を見抜くことができる顔パーツ占い。『3秒でズバリと性格がわかる! 顔パーツ占い』を出版した〈顔パーツ研究家〉渡辺孝行に、顔パーツ占い誕生の裏側と、その楽しみ方を聞きました。

顔パーツ占いは、7万人のデータに基づいた統計学

写真

―― まだあまり会話を交わしていないのに、パッと見ただけで「優しそう」「神経質そう」という第一印象を受け、意外と当たっていたりはしないだろうか? 渡辺孝行は13年にわたるカリカチュアアーティスト(似顔絵師)の活動を通して、人相と性格の相関関係を見つけ出し、統計に基づいた〈顔パーツ占い〉を考案した。

「カリカチュアとは、その人の特徴を誇張して描く似顔絵です。描き始めて5年目の頃から、目がギョロッとしていると『こういう風に描いてほしい』という要望をはっきりおっしゃるお客様が多い、奥二重でタレ目で黒目の大きな方は描かれるがままの受け身タイプなど、顔のパーツによって性格に傾向があることに気付き始めました。絵を描きながらそんな話をお客様にしてみると、『当たってますね』と言われましたし、顔のパーツが似ている人は趣味や職業も似ていることが多いんです。そこからデータを増やして傾向をまとめたものが、〈顔パーツ占い〉です」

―― 運営する「カリカチュアショップ」では、1日に20人前後、多い日で60人を描いたこともあるという。年間330日は描いているので、10年だけでも7万人近くのデータを集めたことになる。これは立派な統計学に基づく性格診断だ。

「僕は似顔絵師出身で、占い師ではないのですが、もともと占いが好きで、いろいろな占いに触れてきました。素晴らしく当たると思うのは、365パターンある誕生日占いや動物占い。自分で集めたデータをどうまとめてどう表現したらわかりやすく伝わるのかは、占い好きとしてきちんと考えて作ったつもりです。かなり細かく分類できますが、今回の本では手にとってくださった方に気楽に楽しんでいただけるよう、目、鼻、口をそれぞれ8タイプに分類しました」

写真

―― 似顔絵師として7万人以上を描くという接客の経験から誕生した顔パーツ占いは、接客業の人にとってはお客の顔から接客のヒントをつかむことができ、面接官は応募者の性格を知るツールとして使えるなど、仕事にも役立てることができる。

「いろいろなお客様がいらっしゃいました。始めて2年目の頃、手加減ができずにかなり誇張してしまったことが原因で、結婚式のウェルカムボードの仕上がりを観た女性に泣かれてしまいました。正直、こちらが泣きたくなりましたけど(苦笑)。でも、洞察力や観察力が身につき始めた3年目くらいからは、相手のタイプに応じて出方を調整できるようになりました。その蓄積こそが、顔パーツ占いに繋がっているんです」

写真

―― また、この顔パーツ占いを使って、自分の人生を好転させることもできるかもしれない。

「目と鼻の組み合わせで、64パターンの『幸せと成功をつかむコツ』を解析しました。もちろんこれが絶対ではありませんが、『自分は地味だから……』という思い込みや、固定化した行動パターンから抜け出したり、自分の潜在能力や意外な才能に気付いたりするきっかけになるかもしれません」

―― とはいえ、人はなかなか自分の外見を客観視出来ないもの。自分の顔のパーツが8タイプのどれに分類されるのか、自分ではわからない場合もある。

「そういうときはぜひ、友達や家族、恋人と一緒に本書を開いてみてください。『あなたこれじゃない?』と言い合える、コミュニケーションツールとして楽しんでもらえたら嬉しいです。恋愛傾向を表す口の項目では相性診断もできますので、合コンで使ってもきっと盛り上がってもらえると思います」


Writing:須永貴子

インフォメーション

写真

BOOK

『3秒でズバリと性格がわかる! 顔パーツ占い』

発売中!


価格:880円+税
出版:河出書房新社

pagetop

page top