shadow

写真

2013年3月1日更新

  • はてなブックマーク

20代の女のコを中心としたファッション誌『mina』の専属モデルとして活躍中の吉倉あおい。モデルとしてのキャリアを着実に積みながら、昨年は映像の世界でも活躍の場を広げていった。2013年は主演映画をはじめ、すでに3本の映画公開が予定されている。また、4月スタートの月9ドラマ『ガリレオ』への出演も決まり、ますます期待が高まる。

寝ている以外はずっと仕事モード。趣味が仕事なんです!

写真

── 子どものころから憧れていた芸能界。スカウトをきっかけにCMやドラマ、モデルと着実に歩んできた。2009年から専属モデルを務めてきた『mina』で、念願の表紙を飾りスタートした2013年はまさに吉倉にとって飛躍の年となりそうだ。

「表紙の撮影はただただ緊張していました。スタジオもスタッフもいつものファッションページと変わらないのに、カメラの前に立つとフリーズ状態(笑)。『表紙に決まったよ!』という感じではなく、前々から言われてきたことなので、このために自分の中ではちゃんと準備をしてきたつもりでした。モデル業は『ピチレモン』も含め、長く続けてきたことのひとつ。その仕事で評価をしていただいて雑誌の顔となる表紙に選ばれたのだから、自分にできることってなんだろうとずっと考えていました。それなのに、今までにない緊張! 新しい年の1号目だし、ページも増量される号だし……色々なことが頭の中によぎりましたね。それでもスタッフさんのおかげで、自分が想像していた以上にインパクトのある表紙になり、言葉では表せないくらいうれしかったです」

── 17才という『mina』最年少でのカバーガール。これをきっかけに、吉倉のなかで仕事に対する意識が変わったという。

「発売記念のイベントでファンの方たちと実際にお会いできたことがパワーになりました。これまでもファンレターをいただいていましたが、直接『いつも見ています』『あおいちゃんを見ると元気になります』と声を聴けたこと、そして私から『ありがとう』と伝えられたことがうれしかった。私を見て泣いてしまう人もいて、『なんで!?』って冷静に思いながらも、そんなに喜んでくれるなんて!と、もっともっと仕事を頑張らないといけないなって思ったんです。辛いこと、悔しいことがあるとあの日のことを思い出して『よし、頑張らなくちゃ!』って思います」

写真

── この春、高校を卒業し、仕事中心の生活になる。

「仕事が趣味っていうくらい、1日中仕事のことを考えているんです。子どもの頃から憧れていた世界で、昔はインタビューごっこをして遊んでいたくらいですから。自分で質問を考えて、それに答える(笑)。実は、今も頭の中でシミュレーションしているんです。映画を撮影しながらも、共演者の方を観察したり、その場で自分はどう思ったのかなど常にアンテナをはって感じるようにしています。気になる俳優さんのインタビュー記事を読んで、『こう答えるといいのか』と参考にすることも。インタビューだけでなく、最近は色々なジャンルの映画を観るようになりました。今、仕事に対する欲求がすごいんです! だからたくさん作品を見て『私ならこう言うかも』『こういう表情いいな』とか考えながら見ています。そうするうちに、作る側も面白そうと思えてきて。実現するかはわからないですけどね」

── 仕事への欲求は昨年、多くの作品に出会ったことがきっかけだという。その中には映画初出演となる『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』がある。

「私は柴咲さん演じるすーちゃんが働くカフェのオーナー(木野花さん)の娘役。監督からその作品に対する思いや、30代女性が抱えている悩みについてのニュース記事などをまとめた資料をいただきました。そんな経験は初めてだったので、作品への情熱を感じました。といっても、私のシーンはほんの少しなので撮影も1日だけ。それでも、木野さん、柴咲さんと先輩を前に緊張してしまって。お二人とはほとんど会話もできずに撮影は終わってしまいました。その後、打ち上げで柴咲さんから『背が高いんだね』と言われただけで舞い上がってしまって…(笑)。ちゃんと私のことを見てくれていたんだってうれしかったんです。自分の演技はさておき、作品はとってもあったかくておしゃれ。正直、まだ30代の自分を想像できないので、抱えている悩みについてわからない部分もあるけれど、年を重ねてもわかり合える友達に囲まれながら過ごせるのっていいなと思いました。ぜひ多くの方に見ていただきたいです」

── さらにこの4月からは『ガリレオ』がスタート。前作が高視聴率だっただけに、プレッシャーもあるのでは?

「この作品に限らず、実感がないんですよね、私。色々な作品に出られることはもちろんうれしいし、頑張ろうって思うのですが『月9だよ、すごいね』と言われても『ああ、そうなのか』って。今は、これまで経験してきたことをしっかりと演技でぶつけたいと思っているところ。新しい作品に入ると今まで学んできたことを出し切って、次の現場にいかせるものを吸収したいって思うんです。だから『ガリレオ』でも、何かひとつでもいいからつかみたい!」

写真

── 自分のことを客観的に見るのが苦手。出演作も1回見たら終わり、モデルとしても自分の写真をようやく最近チェックできるようになったとか。

「素の自分とのギャップだったり、想像していた完成図とは違ったりして、直視できないでいました。ここ最近ですね、写真は撮られるのも見るのも慣れてきたのは。チェックすることでダメなところが浮き彫りになるから、ちゃんと見なくてはと思っています。その点、母はたまにしか私の作品をチェックしないのに痛いところをついてくるんですよ。本当に私の仕事に無関心で(笑)、たまにしか見てくれないのですが、自分では気づいていないことを教えてくれるので感謝しています」

── モデルとしても大きな舞台に立つ。

「『TOKYO GIRLS COLLECTION』(3月2日)に出させていただきます。大きな会場で歓声を浴びるのも夢でした。私は歌手ではないし、そういう場になかなか立つことがないので、ワクワクしています。ウォーキングのレッスンにも通っていますが、夜、誰もいない道路でカッコつけて歩いてみたり(笑)。そういうシミュレーションは暇さえあればやっているんです。寝ている以外はずっと仕事のことを考えているかもしれません。TGCでは転ばないようにしなくっちゃ(笑)。ステージからどんな景色が見えるのか、楽しんできます」

写真

── この春は吉倉にとって節目。最後に今後の目標を聞いてみた。

「母から今年こそは明確な目標を立てて頑張りなさいと言われたのですが、なかなか具体的な目標が浮かばなくて。昨年、色々な方たちに出会って私の中で変化があったので、そういう経験からも今年はもっとたくさんの人たちと出会って刺激をもらいたいなって思っています。今までは怒られたり、アドバイスを受けると『え、何で?』『何がダメなの?』と反抗精神みたいなものがありました。それは若さからなのかもしれないけれど……。その場では納得できないことも、あるとき『あの時のことはこういうことだったんだ』とわかることが多くなってきました。それって成長しているってことですよね、きっと。どんなアドバイスも自分にとっては宝物になる、そういう気持ちで過ごせたらいいですね。あとは、ファンの方たちに頑張っている姿をちゃんと見せたいなって。ファンレターには感謝の気持ちや励ましの言葉がいっぱいで、誌面や映像を通して応えたいなと思っています。これからも応援よろしくお願いします!」

Writing:岩淵美樹

INFORMATION

MOVIE

「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」

3月2日(土)より全国ロードショー

アルバイト仲間だったすーちゃん(柴咲コウ)、まいちゃん(真木よう子)、さわ子さん(寺島しのぶ)。十数年、友情がつづき今でも仲良しの3人。30才をこえ、仕事のこと、結婚のことと悩みはつきない。ふと立ち止まったとき、「これでいいの?」と不安と疑問がよぎる。30代女性のリアルな心情を描いた物語。益田ミリの4コマ漫画『スーちゃん』が原作。


▼公式サイト
http://sumasa-movie.com/

TV

フジテレビ系ドラマ「ガリレオ(仮)」

4月15日スタート!毎週月曜日21:00~

2007年に高視聴率をマークし注目を集めた福山雅治主演のドラマ『ガリレオ』が帰ってくる! 吉倉は天才物理学者・湯川学(福山)のゼミ生として出演。どんな事件を解決するのかお楽しみに。


▼公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/galileo/index.html

関連ニュース

STARDUST タレント・アーティスト セクション別一覧