shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 映画「ホテルコパン」主演決定!

市原隼人が2014年秋冬~2015年初旬公開予定の映画「ホテルコパン」で主演を務めることが発表された。

本作のテーマは『再生』。東日本大震災の大きな絶望から立ち上がる人たちの一方、普通の暮らしの中での小さな喪失や絶望に押しつぶされてしまう人たちもいる。もしかすると、大きな絶望に向き合った人々は、互いに絆を確かめ合いながら、手をつなぎ一丸となって乗り越えることができるけれど、小さな絶望を抱えた個人は、どう立ち向かうかもわからずに前に進めなくなってしまうのかもしれない。この『ホテルコパン』は、そんな小さな喪失や絶望に苦悩しながらも『生きる』ことを模索していく人々の再生の物語。

本作で市原は、元・中学校教師で現・ホテルコパンの従業員、海人祐介(カイトユウスケ)役を演じる。いじめをうけていた生徒を助けようと、いじめていた生徒に暴力をふるい教職から離れるが、その後、助けた生徒が自殺をしたことを知り、自責の念にかられ、心身喪失となって逃げるようにホテルコパンにやってくる。以来、深い人間関係を避けるようにホテルマンとしての仕事を淡々とこなして生活してきた。そんなある日、個々に問題を抱えた宿泊客数組がホテルコパンに訪れる―。

市原は、主演を務めるにあたり、「広大な自然に包まれた長野で地域の方々の協力の元、素敵な撮影時間を過ごす事が出来ました。私が演じる海人祐介は変えられない過去に苦しみ白馬にポツンと佇むホテルへ逃げてきた元教師です。この作品では普段、人が人に見せない陰の感情が隠す事なく描かれていますので、思わず心を打たれたり、人生の経験の中で逃げていた事に対し突き刺さる様な表現を通し見る方自身が自分を振り返る事が出来る様な作品になっております。“あの時から”深く背負い込んでいるもの』実は誰しもが抱えている拭えない過去。皆様に心あたりはございませんか?是非、劇場でご覧下さい。宜しくお願い致します」と語った。

主演映画「ホテルコパン」は、2014年秋冬~2015年初旬公開予定。ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top