shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「海街diary」出演決定!

夏帆が、2015年初夏公開予定の映画「海街diary」に出演することが発表された!

原作は、小学館『月刊フラワーズ』にて大人気連載中、発行部数累計250万部を誇る吉田秋生さんのコミック「海街diary」で、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞した大人気ベストセラー作品。本作の監督を熱望し、映像化に挑むのは、『そして父になる』で昨年第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞し、世界中からその新作を待ち焦がれられる是枝裕和監督。オリジナル作品を多く手掛ける是枝監督がどうしても自身で映像化したいと熱望した企画がついに始動。

物語は、鎌倉で暮らす三姉妹、幸(綾瀬はるかさん)、佳乃(長澤まさみさん)、千佳(夏帆)の元に、15年前家を出ていった父の訃報が届いた。長い間会ってもいなかった父の葬儀のため山形に向かった三人はそこで異母妹すず(広瀬すずさん)と初めて会う。身寄りのなくなった彼女が、葬儀の場でどうしようもない大人たちの中で毅然とふるまう姿に、長女・幸は別れ際とっさに口にする。「すずちゃん・・・鎌倉にこない?いっしょに暮らさない?4人で」。そうして鎌倉での4姉妹の生活が始まる―。

夏帆は、地元のスポーツ用品店で働く、マイペースな三女・香田千佳(21)を演じる。

同作出演について、「吉田秋生先生原作の「海街diary」を是枝監督が撮る!ということだけでもとても魅力的で、さらに素敵な共演者のみなさまとお芝居できるなんて、今年はうっとりするぐらい充実した夏になりそうです。丁寧に真摯にこの姉妹と向き合っていきたいとおもってます。」と語った。

映画「海街diary」は、東宝・ギャガ共同配給にて2015年初夏全国ロードショー!海の見える街に暮らす姉妹たちの織り成す清新でリアルな家族の絆の物語に、是非ご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top