shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「ピンクとグレー」出演決定!

夏帆が、2016年公開の映画「ピンクとグレー」に出演することが発表された。

同作は、2012年1月刊行、累計発行部数16万部の加藤シゲアキさん(NEWS)衝撃の処女小説「ピンクとグレー」(角川文庫)を、行定勲監督により映画化。
『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『北の零年』等、メジャー大作だけでなく、近年は舞台の演出も手掛け、研ぎ澄まされた演出で常に挑戦をし続けながら日本映画界を牽引する行定勲監督に加え、脚本を担当するのは、2009年「まほろば」で第53回岸田國士戯曲賞を受賞した、今後の演劇界・映像界を支える若手作家・蓬莱竜太さん。映画化にあたり、行定監督と蓬莱さんのアイディアにより原作を大胆にアレンジして再構築。小説では描かれなかったエピソードも描かれる。

物語の主人公、売れない俳優・河田大貴は一躍世間の注目を集めていた。彼の少年時代からの親友にして兄弟以上の絆で結ばれていた、今をときめく人気俳優・白木蓮吾が急逝したからだ。彼の死は、自殺なのか、それとも殺されたのか。その死に立ち会った大貴は、何を語るのか―。
芸能界を舞台に、2人の青年が体験した光と影。それは実は、誰もが共感できる青春の友情と葛藤、ほんの少ししか変わらない。芸能価値と普通の世界の境界線を知る作者だからこそ分かり得る、リアルを描いた、みずみずしくも疾走感あふれる傑作。

主人公:河田大貴役を演じるのは、映画初出演・初主演の中島裕翔さん(Hey! Say! JUMP)。また、河田とともに、芸能界という荒波の中で熱くも危うい青春を演じる共演キャストに、菅田将暉さん、夏帆、岸井ゆきのさん、柳楽優弥らが決定。

夏帆は、「脚本を読んでから、早く撮影が始まってほしい、とずっとうずうずしていました。いつかご一緒したいと思っていた行定監督の演出を受けられるなんて、胸が高鳴っています。普段は人様にみせることのない、自分の隠しているものを、ひっぱりだして、どれだけさらけだせるか、年明け早々、最大の挑戦になりそうです。」と語った。

映画「ピンクとグレー」は、アスミック・エース配給にて2016年ロードショー!是非ご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top