shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「雨にゆれる女」主演決定!

青木崇高が、2016年公開の映画「雨にゆれる女」で長編映画単独初主演を務めることが発表された。

同作は、エレクトロニックミュージックやオーケストラ作品に加え、ホウ・シャオシェン監督、ジャ・ジャンクー監督らの映画音楽など、国内外で幅広い作品を手掛ける音楽家・半野喜弘さんが監督を務め、自身のオリジナル脚本を映画化。

久保川則夫(青木)は、毎朝、万全の準備を整えて鏡に向かって自分を見つめる。“飯田健次”と名乗り、完璧な別人を演じて日々を送り、勤め先の工場では真面目に働いていたが、人付き合いが悪く自分の事をあまり語らないせいで、仲間からは浮いた存在だった。ただひとり、下田という調子の良い若者だけが、よく健次に話しかけていた。
ある夜、突然下田が家にやってきた。惚れた女(大野いとさん)がヒモのような男から逃げたいと言うのでかくまってほしい、とのこと。一晩だけでいいからここで預かってほしいと懇願され、事を長引かせたくない健次は、悩んだあげく預かることにした。女が現れたことで、健次の暮らしが微妙に狂い出した。これまで完璧に線引きをしていた“久保川則夫”と“飯田健次”の境界線が、曖昧になって揺らいでゆく。
次第に女に強く惹かれていく健次は、あることをきっかけに健次ではいられなくなる。
女もまた、秘密をかかえていることがあきらかになったとき、ふたりが選ぶのは……。

過去に犯した過ちから別人として生活し、他人との関わりを避けて生きる主人公・久保川則夫を演じる青木は、同作の出演にあたり、「映画の立ち上げから関わるとその作品への想いが強くなります。主演となれば尚更です。半野喜弘監督は色彩や空間、音などの感覚だけでなく、人物の遍歴、感情、距離などの描写にも緻密で揺るぎないイメージを持っています。僕や大野いとさんが監督と共にそれぞれの人物を見つけ、掴んで、演じることができれば、それは間違いなく傑作になると思います。」と意気込みを語った。

なお、同作ではクラウドファンディングプラットフォーム『Motion Gallery』で4/30(木)まで製作費の一部を募るプロジェクトを実施中で、支援のリターンには、映画完成時の打ち上げや音楽イベントへの招待、撮影小道具のプレゼントなどが用意されている。

映画「雨にゆれる女」は、2016年公開予定。
ぜひご期待ください。


・公式Twitter
https://twitter.com/hannoproject
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top