shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 「第68回カンヌ国際映画祭」にて映画「海街diary」公式上映!

夏帆出演映画「海街diary」が、5/14(木)「第68回カンヌ国際映画祭」にて公式上映され、監督・共演者らと共に夏帆が出席した。

同作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞の吉田秋生さんのベストセラーコミックを、『そして父になる』の是枝裕和監督が映画化。

物語は、15年前家を出て行った父親が死んで、鎌倉で暮らす3姉妹の家に引き取られた腹違いの妹。それぞれ複雑な想いを胸に4人が本当の家族になっていくまでの1年間を描く。
長女に綾瀬はるかさん、次女に長澤まさみさん、三女に夏帆、異母兄弟の四女に広瀬すずさん。さらに大竹しのぶさん、堤真一さん、加瀬亮さん、風吹ジュンさん、リリー・フランキーさん、樹木希林さんと日本を代表する豪華俳優人による共演が実現し、作品を華やかに彩る。

現地での公式上映が終わると、出演者らが退席するまで続いたスタンディングオベーションが送られた。
その後の囲み取材にて夏帆は、「世界の人に出会える機会がなかなかないので、貴重な機会を頂けてうれしいです。本当に貴重な体験をさせていただいた、夢のような体験。皆さんの反応が温かくて、すごく素敵な上映だったなと思いました」と喜びを語った。

なお、同作は最高賞「パルムドール」を競うコンペティション部門に出品されており、授賞結果は日本時間5/25(月)未明に発表される。

映画「海街diary」は、6/13(土)全国東宝系ロードショー!是非ご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top