shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中村ゆりか NHK連続テレビ小説「まれ」トークステージ!

中村ゆりか出演NHK連続テレビ小説「まれ」のトークステージが、5/31(日)「横浜セントラルタウンフェスティバル"Y156"」メイン会場の山下公園にて行われ、中村が参加した。

連続テレビ小説第92作「まれ」の舞台は、“里山・里海”の豊かな自然の中で、独自の伝統や風習が息づく石川県能登地方。幼いころ、この地に越してきたヒロイン・津村希(土屋太鳳さん)は、「地道にコツコツ」がモットーで、夢が苦手な女の子。仕事も恋も堅実第一だったが、さまざまな出会いを通して自分の原点だったケーキ職人の夢を取り戻し、世界一のパティシエを目指して横浜に旅立つ。やがて希は故郷となった能登に戻り、自分の小さな店を開く。

中村は、希がパティシエ修業をしている横浜のフランス菓子店「マ・シェリ・シュ・シュ」のオーナーパティシエ池畑大悟の娘・池畑美南役を演じる。女子大に通いながら繁忙期には父母の店を手伝う。同い年の希に親近感を持ち、都会のあれこれを教えてくれる。中華街で太極拳を教えている。

トークステージにて中村は、自身の演じる役柄について、「私が演じる美南は、基本的に希ちゃんに優しくすることを意識しているんですけど、途中希ちゃんとのぶつかり合いがあるので、そういった感情の変化などを(今後の放送では)楽しんでいただければと思います。」と見どころを交えて紹介。

撮影現場の雰囲気については、「濃い個性のある家族に囲まれているんですけど、小日向文世さん演じるお父さんが、お菓子を凄く考えている分、周りを振り回してしまうのですが、(役柄とは違って)小日向さんは周りの雰囲気を明るくしてくださる方なので、小日向さんに続いて他の出演者が一緒になると、休憩の間とかずっと喋っています。(小日向さんの)知識が凄くて、その話に皆さんと入っていくという感じで楽しいです。」と明かした。

最後は来場者に向けて、「希ちゃんがパティシエを目指して頑張っている姿を、離れた家族や能登の人達が応援して、その応援が大きな力になって、希ちゃんが少しずつ横浜で成長していく姿が大きな魅力ですし、先程も言いましたが、美南と希ちゃんとぶつかり合うシーンも意外な展開になるので、楽しみにしていただければと思います。」とメッセージを送り、トークステージを締め括った。

NHK連続テレビ小説「まれ」は、毎週月曜~土曜8:00~8:15放送中!是非ご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top