shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 映画「新宿スワン」初日舞台挨拶!

山田孝之出演映画「新宿スワン」の初日舞台挨拶が、5/30(土)TOHOシネマズ新宿にて行われ、キャスト陣・スタッフ陣らと共に山田が登壇した。

同作は、連載直後から熱狂的な人気を誇るモンスターコミックを、ついに完全実写化。新宿歌舞伎町に彷徨いついた一文無しの白鳥龍彦が、スカウトマンとして働きながら、様々な人に出会い成長していく物語。周りの仲間たちが競争を繰り広げていく中で、白鳥龍彦1人だけが違うのは、彼は誰よりも純粋で、「自分がスカウトした人には必ず幸せになってほしい」という強い正義心を持っていた。映画では、白鳥龍彦を通じて、心の葛藤や、何が正しいのか、そして自分とは何か?正義とは何か?などを自分に問いながら、傷つきながらも新しい自分に生まれ変わろうとしていく姿を描いている。

山田は、龍彦が所属する『バースト』としのぎをけずるライバル会社『ハーレム』で頭角を現しているスカウトマン・南秀吉を演じる。ハーレム幹部・葉山とともにハーレムの乗っ取りを目論んでいる。龍彦とは過去に因縁がある。

上映前舞台挨拶にて山田は黒のマスクを着用して登場。
主演の綾野剛さんから「山田孝之が来れなくて、ざわちんが来てくれています。」という紹介を受けて山田は、「ごめんなさい。ちょっと(ざわちんさんの)声は分からないんですけど、(新宿スワンのイベントで)モノマネをしていただいたので僕もモノマネしたいなと思いまして…。」と声のモノマネは断念するも、マスク着用の意図を明かし、会場からは笑いが起きていた。

舞台挨拶中、綾野さんのコメントに対して時折ツッコミを入れる山田の姿に、MCから綾野さんとのプライベートでの仲の良さについて触れられると、少々の沈黙の後、「表ではそういう風に(親交があると)言っているんですよ、お互い得するかなと。」と答え、笑いを誘っていた。

続けて共演の沢尻エリカさんの印象について聞かれると、「アゲハ(沢尻さんの役名)として秀吉の悪さにどんどんハマっていってくれたので、こっちも凄くやり易かったです。」と答えた。

映画「新宿スワン」は、TOHOシネマズ 新宿他にて全国拡大公開中!是非劇場にてご覧ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top