shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

竹内結子 米ディズニー/ピクサー長編アニメ映画「インサイド・ヘッド」来日記者会見イベント!

竹内結子声優出演映画「インサイド・ヘッド」の来日記者会見イベントが6/25(木)行われ、竹内が出席した。

同作は、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション20周年記念作品で、11歳の少女の頭の中を舞台に、ヨロコビ(楽しい気持ちにする)、カナシミ(悲しい気分のときに現れる)、イカリ(怒りを爆発させる)、ムカムカ(嫌いなものを拒絶する)、ビビリ(安全を守る)といった感情がキャラクターとなり、物語を繰り広げる冒険ファンタジー。6/19より全米3,946館で公開され、公開3日間の興行収入が90,440,271ドルという爆発的な大ヒットスタートを記録している。

“カナシミは、なぜ必要なの?”…11才の少女ライリーの幸せを守る、頭の中の“5つの感情たち”──ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。突然の引っ越しでライリーの心は不安定になり、頭の中のヨロコビとカナシミが行方不明になってしまう。心を閉ざしたライリーを、感情たちは救えるのか? そして、カナシミに隠された、驚くべき<秘密>とは…?

竹内は少女の頭の中のキャラクター【ヨロコビ】の声を担当する。

この日はピート・ドクター監督(『カールじいさんの空飛ぶ家』でアカデミー賞長編アニメーション賞受賞)とロニー・デル・カルメン共同監督が記者会見に出席し、「『トイ・ストーリー3』を超えてピクサー最高傑作!」「完璧な大人に向けた感動作!」と非常に高い評価を得ている同作の製作秘話や魅力を存分に語り、その後、日本語吹き替えキャストである竹内、大竹しのぶさんが登場。

同作でアニメ声優初挑戦となる竹内は、「台本を読んだ時に、ヨロコビが持つ前向きで明るく元気なイメージを大事にしようと思いました。また、彼女のセリフから私自身、エネルギーをもらって演じることができたと思います。」と役についてコメントした。

さらに、完成した作品を観た感想・大竹さんが演じられたカナシミ役について聞かれ、「アフレコをしていた時は自分の役割の部分だけに集中していたので、仕上がったものを観て、改めて作品の良さを感じました。また、カナシミは人を思いやったり、誰かの心に寄り添ったり、人との付き合いの中で必要な優しさやいたわりという大切なものを担っているんだと実感しましたし、おっとりとした演技がとても愛おしかったです。」と話した。

イベント中盤では同作の内容にちなみ、5色のボールが入った抽選箱から引き上げたボールの色の感情にまつわる話しをする企画が行われ、緑・ムカムカのボールを引いた竹内は、「彼女(ムカムカ)がいたからライリーはオシャレになれたんだと思います。人からどう見られるのかを気にしてくれるのがムカムカの存在ですし、彼女のファッションセンスが育っていくと、ライリーがよりオシャレになるんだろうと思いながら観ていました。」と語った。

最後に、「どんな人にも感情があって、その感情がどのように働いているのかを垣間見れる面白さがあります。観た私自身が“これは私の物語だ”と思いましたし、観た方にも感じてもらえると思います。劇場を出た時にとても温かい気持ちになれるので、ぜひご覧ください。よろしくお願いします。」と話し、会見を締めくくった。

映画「インサイド・ヘッド」は7/18(土)公開!ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top