shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

田辺桃子 映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」完成披露上映会!

田辺桃子声優出演映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」の完成披露上映会が7/1(水)行われ、田辺が出席した。

昔から多くの映画やアニメの題材となってきた「アラビアンナイト(千夜一夜物語)」。その中で最も有名な物語のひとつ『シンドバッド』を、「世界名作劇場」シリーズや「未来少年コナン」など多くの名作を手掛けてきた日本アニメーションが40周年記念作品として、『STAND BY ME ドラえもん』で日本中に感動をもたらした白組とタッグを組み制作。キャラクターデザイン・総作画監督には『となりのトトロ』などスタジオジブリ作品をはじめ数多くの作品を手掛けてきた佐藤好春、シリーズ構成にはNHKの『山賊の娘ローニャ』を手掛けた川崎ヒロユキ、監督は『ドラえもん のび太の恐竜2006』を演出した宮下新平という日本を代表するクリエイターが集結した。

いつの日か船乗りになって、海の先に広がる世界を巡ってみたいと強く願うシンドバッドとその相棒であるサルのミミ。ある日、シンドバッドは空を縦横無尽に駆け回ることのできる木馬にまたがった不思議な少女・サナと遭遇する。やがて、吹いている風の流れが変わったのを彼らが感じた瞬間、世界が動きだす。

今は滅びたと言われる伝説の魔法族の国の姫で、世界中に散り散りになった生き残りの仲間を探す旅を続ける少女・サナの声を担当した田辺は、「本日はたくさんの方にお越しいただきまして、ありがとうございます。この作品を観ていただき、親子で一緒に話し合って、楽しい思い出になったらいいなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

田辺自身、同作で声優初挑戦となったが、「アフレコは緊張と不安の連続でした。サナは内面ではいろいろなことを考えているのですが、外に気持ちを出せなくて、その複雑な感情をどう声に乗せたらいいのかというところが難しかったです。でも皆さんからアドバイスをいただいて、なんとかサナちゃんが生きられたかなと思っています。」と心境を語った。

そして最後に、「ご覧になった皆さんがどのような感想を持たれたのかとても気になるのですが(笑)、シンドバッドとサナの複雑な気持ちがどう動いていくのか、現実にもあるような人間関係がどうなっていくのかを楽しみにしていただきながら、この作品をたくさんの方に広めていただけたらと思います。本日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」は7/4(土)公開!ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top