shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

柴咲コウ 2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』主演決定!

柴咲コウが2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演を務めることが発表され、8/25(火)同局で行われた制作発表会見に出席した。

柴咲演じる井伊直虎は戦国時代に遠江(静岡県)井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれた。
戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が男の名で家督を継いだ「おんな城主」である。

NHKドラマ初出演となる柴咲は「正直、今回ご縁をいただいてから直虎という人物を知りました。これから彼女の魅力については模索しながら掴んでいきたいです。
しなやかさと強さを持った人物になるのは間違いないと思いますし、そうった人物を演じるにあたり声をかけていただいたということは大変喜ばしいです。今の日本においてもヒントになるような教育や精神が詰め込まれた素敵な作品になると信じていますし、尽力していきたいです。」と挨拶。

大河ドラマの主演の話をいただいた時の感想を聞かれると、「一度も大河ドラマや他の(NHKの)作品に出ていないのにも関わらず、いきなり大役でお話がきて正直驚きました。ですが内容がどこか自分の生き方だったりと似てる部分、真似したい部分がたくさんある内容だったので光栄です。」と喜びを示した。

また、「あまりにも生きている世界や時代が違うので一概には言えないですが、男性社会の中で女性だけど国を治めていくということで、生半可な気持ちではできないですし、逃げることもできない、直虎にはいろいろなものを抱えてすごい責任重大の中で統括していくという使命に負けない精神の強さがあって。自分にそれがあるかと言われると疑問ですが、そういった心持ではありますし、姿勢は持っているいたいという願望があります。」と自身の中にある女城主的な部分についても話した。

そして、「歴史ものは好きです。時代に縛られるというよりは人々が今に繋いでこの世をつくってきたことは本当に素晴らしいこと。それを無視して私たちは生きることはできないと思うので、そういった尊敬の意味も込めて好き。直虎という人物を初めて知って、だからこそ作りあがられる部分があると思うし、書物や史実に残っていないけれどきっとこうであっただろうという私たちの願望も込めて壮大につくりあげることができる点があると思う。私の世代はすごく歴史が好きな人もいるけれどもそうでない人もたくさんいて、そういった方にもぜひ見ていただきたい。有名な武将はたくさんいるけれども、そうでない人を切り取ることによってその時代の民衆がどのような生活をしていたのかと細かいところや普通の暮らしの人も描くことができると思う。それが今の世の中にも当てはめることができるヒントが得られると思っている。」と井伊直虎を知ってみての感想を語った。

長期の大河ドラマに参加する心境について「体力も含めて精神力が問われると思う。飽き性なので一つのことに一年かけて取り込むということはなかなか難しいけど、試されるという、楽しみがある。今までやったことのないことはすごく楽しみ。もしかして馬に乗るかもしれない、お茶をするかもしれない。そういったところでお稽古できることはすごく楽しみ。」と意気込みを見せた。

そんな柴咲が大河ドラマ出演を決めるまでは「結構早かった。あ、やりたい。と早い段階で了承しました。決め手となったところはキーワードとして「直虎と4人の男」というところ。歴史ものだと犬猿していた人は、固いんじゃないかとか難しいんじゃないかとか難しい言葉とかいっぱいあるんじゃないかというのがあると思うのですが、やはりロマンスもあるし、女性は共感できる彼女の一途さがあると思う。」と直虎への共感を示した。

「出家もしているのでその後どういういう装いになるのかはこれからじっくり作りあげていく。にじみ出る彼女の強さだとか、不屈の精神だったりをどのように表現していくのか表情もしかり、装いもしかりでこれから私も参加して作りあげていきたい。」とこれから作品をつくりあげていくことへの期待を話した。

2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』にぜひご期待ください。


2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』
【主演】柴咲コウ/井伊直虎 役
【作】森下佳子
【放送日時】2017年1月~O.A

詳細は後日発表致します。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top