shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

青木崇高 舞台「幕末太陽傳」公演スタート!

青木崇高主演舞台「幕末太陽傳」が、9/4(金)下北沢 本多劇場で公演初日を迎えた。

「幕末太陽傳」は、45歳という若さでこの世を去った夭折の天才映画監督・川島雄三が、古典落語「居残り佐平次」を軸に、「品川心中」、「三枚起請」など様々な噺を一本の物語に紡ぎ上げた作品。笑いあり涙ありの江戸の“粋”なこころに、生きることの喜びを感じさせ、閉そくした現代日本に、元気と知恵、そして喝をいれてくれる珠玉の時代劇となっている。

1957年に製作・上映され、2009年キネマ旬報オールタイム・ベスト映画遺産200日本映画篇において、4位に輝き、多くの落語家が「落語種を映画にして唯一成功した作品」と太鼓判を押し、喜劇を生業とする様々なジャンルの文化人たちに愛されると共に、今も日本文化に多大なる影響をもたらし続けている。

時は幕末、文久2(1862)年。品川の地に北の吉原と並び称される色町があった。相模屋という遊郭へわらじを脱いだ主人公の佐平次は、勘定を気にする仲間三人を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎ。実はこの男、懐に一銭も持ち合わせていないのだが…。“居残り”と称して、相模屋に働くことにした佐平次は八面六臂の大活躍!巻き起こる騒動を片っ端から片付けてゆく。自らの身に起こった困難をものともせず、相模屋に滞在していて高杉晋作らとも交友を紡ぎ、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。

青木は、作品の最重要ポイントでもある主人公・居残り佐平次を演じる。

落語種ならではの物語のおもしろさと、多数の出演者によって情景が様々に変化していくシーンは見応え満点。
幕末時代を生きた、佐平次の生き様にご注目!

舞台「幕末太陽傳」は、9/13(日)まで下北沢 本多劇場にて上演中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top