shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「ヒロイン失格」初日舞台挨拶!

山﨑賢人出演映画「ヒロイン失格」が、9/19(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーにて行われた舞台挨拶に、山﨑が登壇した。

同作は、集英社「別冊マーガレット」にて連載され、全10巻で累計160万部を超える幸田もも子さんの人気同名漫画を実写映画化。笑って泣けてキュンとする、かつてない恋愛映画となっている。

幼なじみの寺坂利太(山﨑賢人)のことが大好きな女子高生、松崎はとり(桐谷美玲さん)。自分こそが利太と結ばれると信じて疑わなかったのに、彼はイケてない地味な“六角精児似”の女の子・安達未帆(我妻三輪子)と交際スタート。ラブストーリーのヒロインらしからぬ奪還作戦を企てながら悶々とするはとりの前に、超絶イケメンの弘光廣祐(坂口健太郎さん)がアプローチしてきてまさかの三角関係に!クールな幼なじみか、学校一のモテ男か、はとりの本当のヒーローは、一体どっち!?
思い込みが激しくて感情表現もストレート、しかも本命以外の相手にも心が揺れてしまうはとりは、少女漫画の可憐な“王道ヒロイン”とは真逆の“ヒロイン失格”な女の子。でもだからこそ女子ならだれもが共感できて、思わず応援したくなる!

山﨑が演じるのは、はとりの幼なじみ・寺坂利太役。ひょんなことから安達とつきあうようになるが、弘光と親しくなったはとりを見て子どもの頃からずっとそばにいてくれたはとりへの気持ちに気づく。はとりへの想いと、安達への罪悪感との間で揺れ動くことに。

上映後に行われた舞台挨拶にて山﨑は、「寺坂利太を演じました山﨑賢人です。今日は朝9時からの上映にもかかわらず、こんなにたくさんの人に初日に観に来ていただいたことをすごくうれしく思います。本当に面白くて、いろいろなものが詰まっている映画だと思います。今日はいろいろなお話が出来たらと思いますのでよろしくお願いします。」と挨拶。

山﨑が好きなシーンについて、「いっぱいあるんですけど、はとりが安達さんにグイグイ押し寄せて、利太のジャージやアルバムを見せるシーンがすごく好きです。感動するシーンで好きなのは花火大会のシーンで、弘光、利太、はとりの3人の関係性がぐっと見えるところが好きです。」と語った。

終盤には、桐谷美玲さんに山﨑からサプライズで花束を贈る一幕も。はとりをイメージして作ったという真っ赤な花束について、「赤いガーベラなんですけど、美玲ちゃんは赤が似合うなと思ったのと、“挑戦する”“ひたすら前にいく”という花言葉がはとりにぴったりだなと思って、赤いガーベラにしました。」と笑顔を見せた。

映画「ヒロイン失格」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場にてお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top