shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

豊田エリー 「アニエスベー松屋銀座店 Rue du Jour」オープニングセレモニーに出席!

豊田エリーが、9/30(水)アニエスベー松屋銀座店にて行われた「Rue du Jour(ルー デュ ジュール)」のオープニングセレモニーに出席した。

9/30(水)にブランド誕生40周年を迎えたフレンチカジュアルの代名詞でもあるアニエスベーは初のフルラインナップブティックとなるアニエスベー松屋銀座店「Rue du Jour(ルー デュ ジュール)」を銀座にオープン。
松屋銀座裏に位置するビルの1 階から3階を占めるブティックデザインは谷尻誠さんと吉田愛さんを代表とするSUPPOSE DESIGN OFFICEが担当し、アニエスベーの全 5 ブランドライン、FEMME /レディス、HOMME /メンズ、ENFANT /ベビー&キッズ、 VOYAGE /バッグ、TO B. BY AGNÈS B. /シスターライン に加え、レディスとメンズのスポーティなカジュアルウェアライン SPORT B. (スポーツべー)、アニエスベーがセレクトする世界各国の手仕事によるインテリアクッズのライン LA MAISON SUR L’EAU(ラ メゾン スール ロー)の 2 ラインが日本初登場。オープンを記念して Tシャツやバッグ、レディスのドレスやスカートなど世界中でここでしか買えない松屋銀座店 Rue du Jour 限定商品も発売。
そして1階には OBSCURA COFFEE ROASTERS が監修するカフェ、le café du jour(ル カフェ デュ ジュール)を併設し同店だけで楽しめるアニエスベーのオリジナルブレンドコーヒーなどを提供。アニエスベーが一貫して表現し続ける時代を問わない洗練されたエスプリが凝縮された、白を基調とする透明性のあるブティック名は、1975 年にオープンしたパリ1号店がある通り名の Rue du Jour(ジュール通り)から名付けられている。

同店舗のオープンを記念し行われたオープニングセレモニーに出席した豊田は、同店舗の外観について、「木目がナチュラルな雰囲気で温かみもあり、外を通ったときに一角だけパリのような雰囲気でとても素敵だと思いました。2階、3階も見させていただいたのですが、各階それぞれの楽しみ方があって、青山のお店にはシーズン毎に家族3人で行っていたので、こちらにもまた家族で訪れたいなと思いました。」とコメント。

この日着用したアニエスベーでコーディネートされた衣装については、「このワンピースは(デザイナーの)アニエスベーさん本人がアイスランドで撮った写真を転写したもので、秋冬はどうしてもコーディネートが重たくなりがちだと思うのですが、これは素材がとてもふわっとしていて軽やかなので、おでかけの際は上にライダースとか羽織ってもいいと思いました。今日はセレモニーなので華やかさもあるこのワンピースを選びました。ブーツは色違いも持っているほどお気に入りです。ワンピースのブラウンと色を合わせてみました。」と語った。

この秋に挑戦してみたいファッションについて聞かれると、「アニエスベーの赤が大好きで、アニエスベー独特の綺麗な赤色だなと思っていて、私服でも赤色のワンピース、バッグを持っているのですが、そういうアイテムを秋冬のモノトーンの中にパッと差し色で入れてみたいです。」と声を弾ませた。

同ブランドについては、「本当に好きで、頭から爪先まで全部揃えられるくらいアイテムを持っているのですが、形も色も綺麗で、着ていて気持ちがいいんです。かつ自然体でいられて、アニエスベーの服を着ると自分の体型もすごく好きになれるというか、レディースは特に女性らしい形に作られているので、パリジェンヌみたいな気分にもなれて…(笑)。25歳を越えたぐらいから、アニエスベーの服が自分にもしっくりくるようになってきたので、それがとてもうれしいです。メンズのパンツの形もすごく綺麗で旦那も愛用しています。キッズは子どもにも着させているのですが、お揃いも楽しめて、家族で大好きなブランドです。今日は呼んでいただけて本当にうれしいです。」と笑顔で話した。

アニエスベー松屋銀座店 Rue du Jourでは、オープンを記念して20,000 円(税抜)以上お買い上げのお客様に先着でオリジナルバンダナをプレゼント。先着100名様にはコーヒーを一杯サービスする企画を実施中。ぜひお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top