shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中村ゆりか ドラマ「まれ~また会おうスペシャル~」会見!

中村ゆりか出演ドラマ「まれ~また会おうスペシャル~」の会見が、10/8(木)NHKで行われ、中村が出席した。

同作は、今年9月まで放送された連続テレビ小説「まれ」の最終週で、主人公・希と圭太の結婚式が行われたその後を描いた物語。

前編は希の同級生・二木高志と、希が修行をする横浜のフランス菓子店「マ・シェリ・シュ・シュ」の娘・池畑美南(中村)を、後編は同級生・角洋一郎と蔵本一子の恋愛模様がテーマとなっている。

会見にて中村は、「スピンオフでは、初めて能登の桶作家のチームに参加させていただきました。実際におじゃまさせていただき、温かみのある空間だなと感じることができ、嬉しかったです。完成した作品は、今まで想像していなかった高志君と美南ちゃんの恋の模様や、久しぶりに希ちゃんに再会した感じなど、観ていてとても楽しかったです。また、一子ちゃんと洋一郎君の関係はとても切ないなと思いました。一人でも多くの方に観ていただけたら嬉しいです。宜しくお願いします。」とコメント。

本編、スピンオフドラマを通して感じた自身の役・美南の魅力について、「美南ちゃんは、横浜に修行に来た希ちゃんの頑張っている姿を見て応援したり、お兄ちゃんを一途に思っているところがとても真っすぐだなと感じました。直感で動いてしまい、たまに空回りしてしまうところもありますが、そこが可愛いところで魅力だと思います。」と話した。

さらに、スピンオフで繰り広げられる高志と美南の展開を想像していたかと聞かれ、「最初は想像していなくて、台本を読んで驚きました。でも本編で希ちゃんに関係を勘違いされるシーンがあったので、よくよく考えるとあるのかなと思いました。」と答えた。

最後に、『まれ』が自身にとってどのような作品になったかという質問に、「横浜編からの出演だったので、正直、能登チームがうらやましかったのですが、横浜編もまた違った空間で楽しかったです。(横浜編での)希ちゃんの葛藤の日々を眺めるのが辛かったですが、希ちゃんの徐々に成長していく姿が魅力的で愛情も伝わって、大切な作品になりました。」と感慨深い様子で語った。

ドラマ「まれ~また会おうスペシャル~」、前編『僕と彼女のサマータイムブルース』は10/24(土)19:00~、後編『一子の恋~洋一郎 25年目の決断』は10/31(土)19:00~NHK BSプレミアムにてO.A!ぜひお楽しみください。

【前編『僕と彼女のサマータイムブルース』】
俳優として人気絶好調の高志(渡辺大知)。しかし肝心の曲作りでスランプに陥っている。一方、大悟の娘・美南(中村ゆりか)は、兄・大輔(柳楽優弥)の結婚が決まり、司法書士の試験にも落ち、どん底にあった。偶然美南の苦境を知った高志は、二人で能登に行くことを提案する。能登で
久々に希(土屋太鳳)たちと再会して喜ぶ高志と美南だったが…。

【後編『一子の恋~洋一郎 25年目の決断』あらすじ】
30歳を過ぎてもいまだ独身の洋一郎(高畑裕太)。想いを寄せてきた一子(清水富美加)のことをついに諦めようと、心機一転ソーシャルネットワークで知り合った能登に住む女性とデートすることに。相手は奇しくも仁子(にこ・清野菜名)と言う名前で、しかも一子と瓜二つの性格の持ち主だった。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top