shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 「第28回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

太賀主演映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」が、「第28回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門に選出され、10/22(木)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに太賀が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第28回目となる今年は10/22(木)~31(土)までの10日間開催し、六本木ヒルズに加えて新宿バルト9・新宿ピカデリー・TOHOシネマズ 新宿ほか、都内の各劇場及び施設で様々な企画・イベントを開催する。

映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」は、1990年生まれの中川龍太郎監督による、親友の死と向き合う旅を描く物語。青春時代を共有した親友・薫の死を受け入れられないでいる漣(太賀)。描き遺された絵には薫の中学時代の同級生「斉木環奈」の姿があった。薫にとって大切な存在であり続けた彼女に薫の死を知らせるべく漣は単身、彼女の元へ向かう決意をする…。この映画で描かれているのは「死」を通して新たに発見される「生」の煌めきである。主人公の漣が親友の死を受けて、悲しみのあまり感情を動かすことができないでいる姿や、ふとした瞬間に溢れ出す感情。ひとりの死が多くの生を翻弄する、そんな瞬間。太賀、小林竜樹さん、黒川芽以さんが織りなす繊細な感情の機微は見どころとなっている。

レッドカーペットで監督・共演者とともにインタビューに応じた太賀は、映画祭に参加する作品で主演を務めるにあたり、どのような気持ちで臨んだのかを聞かれると、「最初は監督の個人的な思いから始まりました。本当に小さな映画なんですけど、日本で一番大きな映画祭で上映されることで、僕たちの映画はちゃんとあるんだと証明出来たような気がしてすごくうれしいです。」と語った。

同作の上映は、10/24(土)21:00~TOHOシネマズ六本木ヒルズSCREEN8、10/30
(金)18:20~TOHOシネマ六本木ヒルズSCREEN3にて行われる。
(※鑑賞券の購入方法は、「第28回東京国際映画祭」公式サイトにてご確認くださ
い)

なお、一般公開は2016年を予定している。
太賀主演映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」に、ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top