shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「俺物語!!」初日舞台挨拶!

永野芽郁出演映画「俺物語!!」が公開初日を迎え、10/31(土)お台場シネマメディアージュで行われた初日舞台挨拶に永野が登壇した。

「俺物語!!」は、『別冊マーガレット』で現在も大人気連載中、既刊10巻で累計450万部を突破している大ヒットコミックス。全く高校生に見えない超イカツイ顔面と屈強な肉体をもつ男の中の漢(おとこ)が主人公という異色の少女漫画は、連載開始と同時に瞬く間に話題となり2013年「このマンガがすごい!」オンナ編第1位に輝き、2013年「講談社漫画賞少女部門」も受賞した。2015年4月からはテレビアニメも放送開始され、その人気はさらに拡大中!そんな話題作「俺物語!!」を、この度本気の実写映画化!
“かっこよさ”とはなんなのか?“人を愛する”とはどういうことなのか?主人公・猛男の“漢気(おとこぎ)”と“優しさ”は、幅広い世代の共感を呼ぶこと間違いなし!笑って笑って、爽やかで温かい涙が溢れだす…。世代性別を超えて楽しめる、究極にして本気の純情青春ラブストーリー!温かな笑顔を日本中にお届けする。

永野は、猛男が一途に想い続けるピュアな女子高生・大和凛子を演じる。

舞台挨拶で永野は、「来てくださってありがとうございます。この日が来ることをずっと待っていたので、皆さんと一緒に迎えることができて本当に嬉しいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

同作が胸キュンストーリーであることから、最近胸キュンしたことを聞かれ、「私は長渕剛さんが大好きなのですが、“コップのフチ子”の長渕さんバージョンがあって、欲しいと言っていたら事務所のスタッフさんがくださって、キュンとしました。」と笑顔で話すと、会場がざわつき始める。すると永野が不思議そうな表情を浮かべたため、主人公・猛男を演じられた鈴木亮平さんが、“プレゼントよりも、長渕さんが好きってことに頭がいっぱいになった(笑)”と、会場全員が感じたギャップを代弁する一幕もあった。

その後、10/31がハロウィンであることにちなんで鈴木さんが役作りで増量された30kgと同じ重さのカボチャが登場。完成披露試写会での30kgのマカロンタワー、大阪イベントでの30kgのたこ焼きタワーに続き、猛男を模した“猛男カボチャ”に登壇キャストは驚いた様子で注目し、永野もまゆげやもみあげを触ったりと興味深々の様子。そして、鈴木さんが撮影中も続けられていたストイックな“猛男作り”が語られる中、永野も、「私がお昼ご飯を全部食べきれなかった時に、亮平さんが自分の分にプラスして私の分まで食べてくださって、それプラス菓子パンも食べていて、すごいなと思いました。」とエピソードを語った。

さらにハロウィンをテーマにしたトークは続き、もし仮装するとしたら?という質問に、「ロックンローラーになりたいです。真っ赤な皮ジャンを着て、ギターを持って、髪の毛も逆立て…。あとは長渕さんにもなりたいです。なりたい人がたくさんいます(笑)。」と話すと、長渕さんが好きな鈴木さんから“芽郁ちゃんの長渕剛さんの仮装が見たい”と言われ、「本当ですか。そうしたらTrick or Treatって言いに行きますね。」と嬉しそうに答えるやり取りに、会場から笑いが起こっていた。

映画「俺物語!!」は、絶賛公開中!ぜひ劇場でお楽しみください。

★映画「俺物語!!」STORY
主人公・剛田猛男(鈴木亮平さん)は高校1年生。全く高校生には見えない顔面と巨体を持ち、豪傑・硬派なまさに日本男児。いかつい風貌と不器用さで女子から恐れられているが、情に厚くいつ何時も人助けをする包容力で男子からの信頼はアツい!
これまで好きになった女子はみんな、猛男の隣家に住む超イケメン・砂川誠(坂口健太郎さん)のことを好きになった。猛男も砂川のことを素晴らしい男だと認めているので、そうなることも仕方がないと思っている。タイプは違えど、猛男と砂川は親友なのだ。
ある日、猛男と砂川は街中で危機に遭っていた女子高生・大和凛子(永野)を救い、猛男は大和に一目惚れをしてしまう。再び3人で会うことになったある日、ふとした大和の言葉で「大和は砂川のことが好きなのだ」と猛男は気づく。落ち込みながらも大和のために一肌脱ぐことを決心し、仲を取り持とうとする切ない猛男だったが――。
大好きな大和のために奔走する、猛男の一途な恋の行方は……? 
一方、同じく一途な大和は……?砂川は親友・猛男のためにどう動くのか!?
大切な人のことを第一に思うそれぞれの真心が、感動を呼ぶクライマックスへ!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top