shadow

prev

next

ニュースNEWS

OTHER

永野芽郁 「全国高校サッカー選手権大会」11代目応援マネージャーに決定!

永野芽郁が12/30(水)に開幕する「全国高校サッカー選手権大会」の11代目応援マネージャーに決定したことが発表された。

今年で94回を数え、冬の風物詩になっている「全国高校サッカー選手権大会」。永野は、聖地・国立競技場をめざし、夢を追いかける高校生たちの青春の汗と涙や様々なドラマを応援し、思いを伝えるとともに、決勝戦が行われる1/11(月)まで、応援マネージャーとして熱戦を盛り上げる!

応援マネージャーに決定した時のことについて、「嬉しい気持ちもありましたが、歴代の方たちがすごい方ばかりなので、自分が11代目で大丈夫なのかなという不安もありました。」と心境を語った永野。

スポーツでは走ることが好きだというが、サッカーをプレイすることは苦手だそうで、「本当はプレイをしたいんです。でも、ボールを蹴るとどっかに行ってしまうことがあるので、観る側にまわったほうがいいよねと友達に言われます。体育の授業でサッカーをやることもあるのですが、蹴るのが下手なのでゴールキーパーをやっています(笑)。また、選手では本田圭祐選手が好きです。たくさんの方が観ている中でPKもきちんと入れて、どうやったらプレッシャーに勝てるのだろうと。私自身は本番に弱いと思っているので、プレッシャーに勝てる人になりたいという気持ちもあり、サッカーの試合はいろいろな思いで観ています。」と話した。

さらに、部活動の経験を聞くと、「ずっと入りたいと思ってはいたのですがなかなかできなくて、陸上部に3年間仮入部していました(笑)。自分ができる時に行ってひたすら外周をしたり、サッカー部の友だちが多かったので、陸上部に参加しつつボール拾いもしていました。結局は何部に入りたいの?と言われることも多かったですが、サッカー部の姿を見て、チームワークって大事なんだなと感じながら部活をしていました。」と特殊な入部スタイルではあったが、そうであったからこそ感じることもあったようだ。

会見が行われたこの日は、自身もアイデアを出したという制服姿で登場した永野。「高校サッカーのマネージャーさんをイメージした制服になっています。歴代のマネージャーさん達は赤いリボンが多かったと思うのですが、自分は黄色が好きなので、黄色いリボンになっているところがポイントです。」とアピールした。

また、実際に高校サッカー部のマネージャーだったとしたらどのように選手をサポートしたいかと聞かれ、「応援するのはもちろんなのですが、みんなが飲み物を飲みたくなった時にすぐに出せるようにしたり、汗をかいたらタオルを差し出したり…サッカーのしやすい環境を作れるマネージャーさんになりたいです。自分でも感じるのですが、私、一日中元気でいることができるんです。なので、笑顔を絶やさずに舞台裏もサポートできるような応援マネージャーになりたいです。」と応援マネージャーに対する願望も交えて話した。

現在、永野は16歳、高校1年生。学業と両立をしながら女優業への思いもより強くなってきているそうで、「まだどこを目標にするかきちんと決まってはいませんが、女優さんは作品によってコロコロ役が変わったり、全然違う人に見えたりするので、私自身も役として上手に生きられるような女優になりたいです。目標とする方は、事務所の先輩の北川景子さん。頑張ります。」と笑顔で語った。

最後に出場する選手たちへ、「今年の大会のキャッチコピーが“FUTURE!!日本の未来はここにある”ということで、5年後の東京オリンピックに出るかもしれない選手がいることを考えるとドキドキしますし、そういった選手たちのプレーを目の前で見れることが嬉しいです。本番になると体が固まってしまったりして、なかなか本当の自分が出せなくなってしまうこともあると思うのですが、ずっと練習をしてきてチームワークが素晴らしいと思うので、みんなのことを信じてプレッシャーに感じることなく頑張ってほしいと思います。私も全力でサポートできるように頑張ります。応援しています!」とエールを送った。

各地区で熱戦を繰り広げている「全国高校サッカー選手権大会」は12/30(水)より本選がスタート。決勝戦は1/11(月・祝)に行われる。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top