shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

渡部篤郎 江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」出演決定!

渡部篤郎が、12/22(火)関西テレビにて放送される江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」に出演することが発表された。

同作は、江戸川乱歩の作品の中でも不朽の名作と名高い長編探偵小説で、生誕120周年没後50年を記念し極上のエンタテインメント作品として復活。世界を股にかける女怪盗・黒蜥蜴(真矢ミキ)と数々の難事件を解決した警視副総監で稀代の天才・明智小五郎(渡部)が、お宝をめぐって激しい頭脳戦を繰り広げ、雌雄を決するその時、お互いを好敵手と認める二人の間にある想いが芽生えていく―。

クリスマスを間近に控えたある日、海で女の遺体が発見される。警察は、首筋に黒蜥蜴の刻印が残されていたことから、世界中の注目を集めていた女怪盗・黒蜥蜴の犯行だと断定する。しかし、明智だけはその説に異を唱えていた。捜査に入った矢先、黒蜥蜴から警察に犯行予告が届く。殺された女と関係があった巨大グループ企業の会長・岩瀬正一郎が所有する時価120億円の宝石“聖夜の涙”を、クリスマスを迎えた瞬間に盗み出すというものだった。黒蜥蜴の挑戦を受けた明智は、まだ見ぬ強敵との対決に身を震わせる。
クリスマスイブ、警察が厳重な警備体制で待ち構える中、明智は“聖夜の涙”のお披露目パーティーの会場でマジシャンの緑川京子と挨拶を交わす。京子は岩瀬と十年来の付き合いで、この日はイリュージョンを披露するというが、実はこの京子こそが黒蜥蜴だった!さらに、岩瀬の娘・早苗も何やら不穏な動きを見せる。そして、ステージ上では“聖夜の涙”が披露され、犯行時刻が刻一刻と近づいていた。やがて、京子のショーが終盤を迎えた午前0時、会場内に突然花火が打ち上がると、姿を消したのは宝石ではなく早苗だった。明智は、黒蜥蜴がある理由で“聖夜の涙”を盗ま
ず、代わりに早苗を誘拐したのだと自らの推理を披露。ついに正体を現した黒蜥蜴と、クリスマスの決戦を迎える!

同作へ出演するにあたり渡部は、「明智小五郎役をやらせて頂くことになり、大変光栄に思っております。真矢さんはとても華やかな方で、作品に対しても誠実に向き合っていらっしゃいます。私自身も、真矢さんの黒蜥蜴を楽しみにしています。」とコメントすると共にご覧になる方へ、「新しい『黒蜥蜴』を是非お楽しみに!」とメッセージを送った。

江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」は12/22(火)21:00~関西テレビにてO.A。
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top