shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

青木英李 映画「I LOVEスヌーピー THE PEANUTS MOVIE」試写会イベント!

青木英李が、11/26(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた、メットライフ生命 presents「HUG YOUR SMILE」Sparkling Night~「I LOVEスヌーピー THE PEANUTS MOVIE」試写会イベント~に出席した。

今年で65周年を迎える名作コミック「ピーナッツ」が、初めて最高画質のCG/3D映画になって登場。ピーナッツの仲間たちの友情を通して人生にとって大切なものを教えてくれるストーリーと、CG/3Dを存分に生かしたダイナミックで心躍る大空を舞台にしたアクションで、スヌーピーのいままで知らなかった多彩な魅力がスクリーンにあふれ出す。

公私に渡って親交の深い鈴木あきえさんと、腕に収まるサイズのスヌーピーのぬいぐるみを抱えて登壇した青木は、「サイズ感が良いですし、いつもと違った服装(パイロット服)もかわいいです。何を着ても似合うのがスヌーピーだなと思いました。」とコメント。

スヌーピーの仲間“ライナス”がいつも大切に持っている“ブランケット”は、彼にとって常に心の寄り所であり、悩みや不安を解消してくれる存在だという話に関連し、この日招待されたお客様にもブランケットがプレゼントされており、MCに普段ブランケットは使っていますか?と質問され、「移動中のロケバスに置いてあります。私は、かけるとすぐ眠たくなります。(笑)」と話した。

そして、スヌーピーとメットライフ生命に対してのイメージについて、「スヌーピーに親しみがあるので、(生命保険の)お堅いイメージが優しくなりますよね。そろそろ30歳手前になって、保険もちゃんとやらないといけないなと思っています。」と答えた。

さらに、鈴木さんとはどのように親交を深めているか?と聞かれ、「あきえちゃんのおうちへ行って、お料理をしたり、お酒をちょっと飲んでパーティをしています。」と笑顔で明かした。さらに、お互いの尊敬している所について聞かれた青木は、「リポーターとして、巧みな技をたくさん持っていて、明るいイメージはそのままで、優しい方です。本番終わりに反省会を兼ねてご飯に行き、プライベートでも遊ぶようになりました。尊敬から入り、先輩・後輩の関係を超えられたかなと思います。」と話すと、今度は鈴木さんから、「ムードメーカーで自分に嘘が無い正直ガー
ル。」と互いを褒め合った。

最後に、これから映画をご覧になる皆さまへ向けて、「大切な人と観て感動する映画だと思います。くれぐれもブランケットで眠くならないようにだけして下さい。(笑)」とメッセージを送った。

トークショーイベント後には囲み取材が行われ、「同世代の若い女性がたくさんいらしたので、大切な人とより愛を深めて頂ければと思います。私たちも一緒に観に行きたいなって思います。」と同作について話した。

また、鈴木さん宅でのホームパーティーについてさらに問われ、60個もの餃子を二人で食べ尽くした事を明かし、「いつか男性に振る舞える日が来ると良いですね。」と理想を語った。

クリスマスの予定については、「スタッフさんにも、サンタさんにも仕事を下さいとお願いしています。二人でスヌーピー観に行こっか。」と話し、仲の良さを伺わせた。

今年1年を振り返り、「いろいろあった1年でした。毎年“来年は楽しむぞ”という気持ちでやっています。最近二人の中で“宇宙レベルで楽しもう”というテーマがあって、地球に留まらず宇宙を規模に楽しもうと思うと毎日楽しいです。」とコメント。来年については、「頑張り過ぎず目標も大きく立て過ぎずに、今年よりは成長できるように、毎日大切に楽しみながら生きていきたいです。」と語った。

映画「I LOVEスヌーピー THE PEANUTS MOVIE」は12/4(土)全国ロードショー。
ぜひ劇場でお楽しみください。

【INTRODUCTION】
実は、スヌーピーってたくましい空想力の持ち主で、アッと驚かせる変装が大~好き。今回は凄腕パイロットのフライング・エースに変身して、パリ上空でダイナミックなアクションを繰り広げる。一方で、何をやってもうまくいかないチャーリー・ブラウンを放っておけずなんとか力になろうとするスヌーピー。ふたりの温かい絆は、子供の頃に大事にしていたこと、それは今も変わらぬ宝物であることを思い出させてくれる。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top