shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

瑞季 ミュージカル「小公女セーラ」公演スタート!

瑞季主演ミュージカル「小公女セーラ」が、12/3(木)国立オリンピック記念青少年総合センターにて公演初日を迎えた。

同作は、フランシス・ホジソン・バーネット原作の世界的に有名な児童文学作品の舞台化。

母親を亡くし、父と離ればなれになりミンチン女学院で暮らす主人公・セーラは、女学院で出会った友達に沢山の悦びを与えていく。
しかし、父を亡くすという突然の悲運に襲われ、セーラの運命は一転。そこからセーラの出会った人々との勇気と希望に溢れた人生が繰り広げられる。

主人公、セーラ・クルーを演じる瑞季は、自身の役柄について、「セーラは本当に強い女の子です。お嬢様ですが自分のなかにしっかり芯をもっています。」とコメント。

同作の見どころについては、「女学院生たちで繰り広げる愉快で楽しいシーンから、セーラの辛い生活まで幅広く音楽にのせてストーリーが進んでいきます。」と語った。

最後に劇場へお越し頂く方へ向けて、「小さいお子様から年配の方まで、色々な人に色々な楽しみ方をしていただける作品です。ぜひ、一度と言わず何度でも!お楽しみください。」とメッセージを送った。

様々な事件や自然災害が多発する現代社会に、歌とダンスにのせて大切なメッセージを贈り届けてくれる感動のエンタテイメント!ミュージカル「小公女セーラ」は、12/6(日)まで国立オリンピック記念青少年総合センターにて上演中。ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top