shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 声優出演「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」初日舞台挨拶!

中川大志声優出演「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」が公開初日を迎え、12/23(水・祝)お台場・シネマメディアージュにて行われた舞台挨拶に中川が登壇した。

原作は少女コミック誌「りぼん」で連載され、累計発行部数3200万部(2015年12月現在)を超える、さくらももこさんの大人気コミックス「ちびまる子ちゃん」。主人公・まる子をはじめとするさくら一家、そして友達や近所の人たちが繰り広げるシュールかつユーモラスな日常のエピソードは世代を超えて愛され続け、テレビアニメは放送回数1100回を超える日本人なら誰もが知る国民的作品となっている。
そしてこの度、テレビアニメ化25周年を記念し、23年ぶりとなる劇場版の公開が決定。「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」と題し、まる子たちの町にやってくる外国人の子どもたちとのひと夏の交流が描かれる。

世界の5カ国からやってきた子どもたち。花輪くんのお願いで、みんなの家に外国の子どもたちがホームステイすることになったからさあ大変!まる子の家にはイタリアからやって来たアンドレアが来ることに。学校での授業に参加したり、週末には清水の町を飛び出して、みんなで大阪や京都へと出かけたりと楽しい日々を過ごすまる子たち。始めは、積極的なアンドレアに戸惑いながらも、日本に来た理由を聞いて、アンドレアの気持ちを知るまる子。一緒に行ったお祭りでは「また会えますように」とそれぞれお願い事をする二人。そんな楽しい日々にもいよいよお別れの時が――。

中川は、まる子の家にホームステイをするイタリア人の男の子・アンドレア役で声優に初挑戦している。

クリスマスシーズンであることから、登壇者はクリスマスにちなんだ衣裳で登場。中川も赤と緑を基調としたファッションで登壇し、「皆さん、公開初日にお越し頂きありがとうございます。アンドレアの声を演じました中川大志です。よろしくお願いします。」と挨拶をすると、会場から黄色い歓声があがった。

サンタさんにプレゼントをお願いできるとしたら何をお願いするかという質問に、「こたつが今一番欲しいです。また、おじさんぽい答え言っちゃいましたね(笑)」と話すと、劇団ひとりさん(インドから来た男の子・シン役)が、“17歳なのにしっかりし過ぎなんじゃないかって、気にしているんですよ”と中川の気持ちを代弁。中川は、「今日はフレッシュさでいこうと思います!」と笑顔で宣言した。

また、同作の好きなシーンについて聞かれ、「アンドレアとまるちゃんが巴川で灯篭流しをするシーンです。挿入歌も流れて、涙腺が崩壊しました。」と話した。その後、渡辺直美さん(ブラジルから来た女の子・ジュリア役)が“みんなで歌うシーンに感動した”と答えると、みんなで歌おうという流れになり即興で披露。劇中では1人1人が歌ったテイクを重ねていたため、全員揃ってはこの日が初となり、無事歌いきると、大きな拍手が起こっていた。

さらに、フォトセッションの際には、同作の公式HPで実施した企画「○○のまるちゃんを探せ」で“ズバリ!ちびまる子ちゃんで賞”に選ばれた4才から7才の子どもたち5人がサンタ姿で登場。そのうちの1人の女の子から、まるちゃんとアンドレア君みたいに好きな男の子と仲良くなって手をつなぐにはどうしたらいいですか?という質問をされ、登壇者が順番に回答するなか、中川の番になり、思わず質問した女の子の手をつなぐと、きょとんとしてしまったため、「僕じゃなかったよね、ごめんね。」と平謝りし、客席の笑いを誘っていた。

この日は来場者へのクリスマスプレゼントとして、登壇者が客席を歩きがら特製マカロンをサプライズで配布。終始和やかで楽しい舞台挨拶となった。

「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」は、全国東宝系にて大ヒット上映中!
ぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top