shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」完成披露試写会!

森川葵出演映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」完成披露試写会が、1/13(水)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、監督・共演者とともに森川が出席した。

同作は、日本のエンタテインメント界を牽引する、宮藤官九郎さんによる完全オリジナル作品。待望の監督最新作の舞台に選んだのは、ズバリ【地獄】。17歳でこの世を去った大助が、大好きなクラスメイトにキスしたい一心で、赤鬼と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘するという、宮藤監督らしいバカバカしくも清々しいストーリー。迫り来る地獄の責め苦の数々が、笑いの責め苦となって観る者すべてに襲いかかる、世界初!【超絶地獄コメディ】が誕生した!

フツーの高校生・大助(神木隆之介さん)は、同級生のひろ美ちゃん(森川葵)のことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ!?まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!
慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼のキラーK(長瀬智也さん)。キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!!!

この日は舞台挨拶に先立ち、ファングリーティング&大階段セレモニーが行われ、監督・キャストが登場。森川は、集まったファンの声援に笑顔で応えた。

その後行われた舞台挨拶で森川は、「ひろ美を演じました森川葵です。この映画が日本で公開されて、みんな地獄に行きたいって思っちゃうんじゃないかと心配しています。」とコメント。さらに今年成人式を迎えた森川は、共演者や会場の皆さんから祝福を受けると、「ありがとうございます。若くして死なないように、がんばって生きていこうと思います。」と映画タイトルにかけて抱負を語り、笑顔を見せていた。

映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」、ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top