shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ「双葉荘の友人」主演決定!

市原隼人が、3月放送のドラマW「双葉荘の友人」(WOWOWプライム)で主演を務めることが発表された。

プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することと、その映像化を目的に創設された「WOWOWシナリオ大賞」。同作は、2014年に募集した「第8回シナリオ大賞」の応募総数482編の中から大賞を受賞した川崎クニハルさんの「双葉荘」の映像化で、山田洋次監督作品の助監督を長年務め、脚本家でもある平松恵美子さんがメガホンを執る。

2000年3月。舞台監督の川村正治(市原隼人)と雑誌編集者の妻・美江(臼田あさ美)は、神奈川・横浜の街を望む高台のテラスハウス「双葉荘」に移り住む。この家の大家・寺田幸吉(中原丈雄)とその妻・直子(吉行和子)の高飛車な態度は気になったものの、隣の部屋に住む主婦・八井沙季(陽月華)との相性は良く、正治も美江も新生活になじんでいった。
そんな中、正治は舞台監督の仕事を退職し、美江の計らいで自宅でのライター業を始めることに。ある朝美江を送り出した正治は、家の中に不穏な気配を感じる。誰もいないはずの家に人影が…。それは26年前に「双葉荘」の同じ部屋に住んでいた倉田誠司(中村倫也)という画家の“幻影”だった。驚く正治に反応する倉田。似たような境遇の2人は次第に交友を結ぶようになるが、ある日正治は幻影の中で信じがたい光景を見てしまう。それは幻か過去に実際に起きたことなのか?驚くべき真相が明らかになる。

出演が決定し市原は、「仕事も生活も順調な妻とは裏腹に、人生において目標もなくアイデンティティも持てない夫が、自宅で起こる奇妙(ファンタジー)な体験とともに独特な感情面を包み込む中で、夫として人として芽生えてゆく温もりを伝えて行きます。現場でも、この風変わりな作品の世界観を優しく感じていきたいです。」と意気込みを語った。

テラスハウス「双葉荘」では、見えないはずのものが見える―2つの時代をつなぐ珠玉のロマンティックミステリー。ドラマW「双葉荘の友人」は、WOWOWプライムにて3/19(土)21:00~O.A。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top